スタバ

【レビュー】スタバの石窯フィローネ・テリヤキチキンを食べてみた!

コーヒーブロガー山口がスターバックスの季節のおすすめを試してレビューする企画。

今回は、スタバの冬の時期のおすすめ「石窯フィローネ・テリヤキチキン」を食べてみたので、どんな味が楽しめるのかをレビューしていく。

フィローネってなに?

フィローネとは、イタリアで食べられている小麦パンの一種。 バゲットのような細長い形をしていて、外はサクサク、中はモチモチとした食感が楽しめる。

もともとトスカナーナ地方で親しまれていた伝統的なパンであるが、現在ではイタリア全域で食べられている。

スタバの石窯フィローネ・テリヤキチキンとは?

粒マスタードでアクセントを効かせたテリヤキソースで焼き上げたチキン、ソテーしたタマネギとキャベツ、レッドチェダーチーズをサンドし、しょうゆの香ばしさが特長のテリヤキソースで仕上げた。

石窯で焼き上げたフィローネが具材のおいしさを引き立てるこだわりのサンドイッチ。カロリーは357カロリー。




さっそくカウンターで注文すると、軽くトースターで温めて提供してくれる。ちなみにトースターでの温めも一応カスタマイズになるらしく、スタバでは「ヒーティング」といわれる。

一口食べてみると、まずボリューミーなジャガイモの部分にあたり、これがホクホクでおいしい。さらに一口食べ進めていきソテーされたタマネギとキャベツ、そして本命のテリヤキをほおばる。

すると甘いテリヤキソースのなかにスパイシーな粒マスタードが良いアクセントになっている。マスタードは思ったよりも多めに入っていて、涙が出るほどではないが、ほどほどに辛いが非常においしいし、飽きがこないで最後まで堪能できる。

フィローネの外側はカリカリで中はモチモチ。フランスパンのように噛みちぎって食べる感じではなく、サクっとほおばって食べることができるのも良い。

パンにしては460円と高めだがサイズもかなり大きく、一食分として十分に重量感ある食べ応えなので、朝食などにおすすめの一品。

スタバの石窯フィローネ・テリヤキチキンは期間限定の販売なので、ぜひ一度おためしあれ。


-スタバ

© 2021 山口的おいしいコーヒーブログ Powered by AFFINGER5