スタバ

スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」をオススメしない理由を正直に述べる

投稿日:2018年3月1日 更新日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」をオススメしない理由を正直に述べます。

同じコーヒー豆でも用いる抽出器具によって出来上がりの味が変わるため、

  • ペーパードリップ
  • フレンチプレス
  • ネルドリップ

上記3つの抽出方法で飲んでレビューします。

まずは、ハウスブレンドの基本情報から見ていきましょう。

ハウスブレンド


▲値段 1,050円(250g)
※100gあたりの価格は420円

創業当初から販売されているブレンド豆で、ナッツやココアの味わいが感じられると公式サイトには記されている。

焙煎度合いは「スターバックスロースト(中深煎り)」。味わいのバランスを重視したブレンドらしいブレンドコーヒー。

生産地:ラテンアメリカ
加工方法:水洗式
キーワード:RICH(豊かな)
LIVELY(いきいきとした)
風味 酸味:MEDIUM
コク:MEDIUM

出典:スターバックスコーヒー

全体の4分の1にもおよぶ驚愕の欠点豆

さっそく袋からコーヒー豆を取り出すと、粉々に砕け散ったコーヒー豆や割れたり欠けたりの欠点豆が非常に多く見られる。

欠点豆は良豆よりも薄いので、一緒に焙煎してしまうと焦げてしまう。

普段、コーヒーにミルクを入れて飲むなら気にならないかも知れないが、ブラックで飲む場合には焦げた風味が混じることもあるので、欠点豆は手作業で取り除くのが望ましい。


▲欠点豆をすべて取り除くと実質、抽出に使用できるコーヒー豆は187.5g。

187gで1,050円という値段は平均的ではあるが、欠点豆を取り除く手間を考えると割高。

ハウスブレンドを4つのコーヒー器具で飲みくらべ


▲右から

  • ハリオV60ドリッパー
  • ハリオ ウッドネック ネルドリッパー
  • bodum フレンチプレス
  • カリタ3つ穴ドリッパー

今回は、まずペーパードリップの定番であるハリオV60で抽出して飲んでみて、さらに美味しく面白く飲むために、ほかの3つの器具を厳選した。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:16g
  • 豆の挽き具合:ペーパードリップは中挽き、他は粗挽き
  • お湯の量:160cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒
  • 使うコーヒーポット:タカヒロ コーヒードリップポット雫0.9L

ハリオV60ドリッパー

ハウスブレンドの風味を5段階でみる

ハウスブレンドにお湯を静かに落としていく。

すると、ナッツのような芳ばしい香りとキャラメルのような甘い香りがほんのり感じられる。

さっそく一口飲んでみると、苦味や甘み、酸味といった味の要素が均一のレベルでバランスが取れた味わい。

スターバックス一番人気のブレンドというのも頷けるが、他店の同価格帯のコーヒー豆と比べると味や香りが少し抜けた感じがする。

そのため、100gあたり560円というお金を出して買う理由が正直、見つからなかった。

コクも浅めで飲みごたえに今ひとつ欠け、旨味も今のところ見つからない。

ひとまず次は、カリタ3つ穴ドリッパーで抽出してみよう。

あっさり目の味わいに抽出しつつ旨味を引き出すことに優れている有能なドリッパーだ。

カリタ3つ穴ドリッパー

カリタ3つ穴ドリッパーで抽出すると、嫌味のないすっきりした味わいに。

カリタドリッパーはハリオより穴の数が多い分、お湯が落ちるスピードも早めになる。

そのため、スッキリとした飲みやすい一杯に作れる。

飲みやすくはあるが、残念ながら甘みや旨味といった要素はほとんど感じられない。

より面白い味わいを求めて、次はフレンチプレスで抽出してみよう。

パイクプレイスローストのような野性味あふれる風味に化けることを期待してみる。

フレンチプレス

フレンチプレスで抽出すると、ローストナッツやアーモンドの風味が強く感じられる。

ペーパードリップでは感じられなかった豆本来の旨味がしっかりと抽出され、今までで一番飲みごたえのある一杯になった。

プレスコーヒーは、スタバでも採用している抽出方法なので、ハウスブレンドの味を試すなら店舗で一度飲んでみても良い。

ネルドリップ

ネルドリップして飲むと、濃厚でまろやかな口当たりの一杯に仕上がった。

ペーパードリップで抽出したときよりも、わずかに旨味が感じられる。

ネルドリップはフィルターの手入れが面倒ではあるが、ハウスブレンドを美味しく飲む方法の一つであることが分かった。

しかし、結果を振り返ると、ハウスブレンドはペーパードリップで飲むのに、あまり向いていないように感じた。

まとめ

さて、今回はスターバックス一番人気のコーヒー豆「ハウスブレンド」を様々な抽出方法で飲んできた。

いずれの飲み方でも、旨味にかける味わいで個人的には物足りなく感じた、というのが正直な感想だ。

また、欠点豆を取り除く手間や、味の品質を考えると、僕はリピートしないだろう。

スターバックスの豆と同価格帯でお求めなら、ドトールの豆の方が日本人向けの味わいで飲みやすい。

なお、僕がこれまで美味しいコーヒーはランキング形式でまとめたので、参考になれば嬉しい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆
スタバで使える高還元率のおすすめクレジットカードは?|スタバカードにチャージしてポイント二重取りが最強です
スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットをスタバマニアが徹底解説

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー