スタバの豆知識

スタバカードとJCBカードWの併用でポイント14.8%還元|お得にする手順をわかりやすく解説!

2020年11月2日

  1. HOME >
  2. スタバ >
  3. スタバの豆知識 >

スタバカードとJCBカードWの併用でポイント14.8%還元|お得にする手順をわかりやすく解説!

2020年11月2日

スタバカードとJCBカードWの併用でポイント14.8%還元

 

僕はスターバックスの大ファンで、新作ドリンクの発売日は10,000円以上使います。

スタバカードとJCBカードWの併用でポイント14.8%還元|お得にする手順をわかりやすく解説!

▲1日2回以上スタバに行くこともあり、毎年かなりの金額をスタバで使っています。

 

そんな僕がスタバをお得に利用する方法を解説します。

 

  • スタバをお得にする方法ってあるの?
  • いつもクレジットカードで支払いしてるけど、もっとお得な支払い方法はあるの?
  • スタバ利用に最適なクレジットカードってある?

 

本記事では上記のような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

 

著者のプロフィール

スターバックス「地元フラペチーノ」フラペチーノ山口

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)
スタバマニア

TV出演。文春オンラインにコラム掲載。

日本全国の「47 Jimoto Frappuccino」制覇。

 

 

JCB CARD Wからスタバカードにチャージすると14.8%還元

JCBカードWの基本情報

結論から言うと、業界最大手のJCBが発行する「JCB CARD W」が、スタバ利用が最もお得になり、最大14.8%還元されます。

JCB CARD Wは他のクレジットカードと比較して、お得にポイントが貯まることから、スタバを頻繁に利用する方にも圧倒的な人気を誇るクレジットカードです。

 

スタバでは通常のクレジットカードと同じように、JCB CARD Wで決済することが可能です。

しかし、この支払い方法だとポイント還元率が1.0%なので、一般的なクレジットカードの還元率と変わりません。

 

そこで、

クレジットカードを使ってスタバカードに入金→スタバカードで支払い

という手順で間接的にクレジットカード払いをすることで、ポイント還元率を14.8%にアップさせることが可能です。

 

上記の流れを、わかりやすく図にまとめました↓

スタバカードとJCBカードWの併用でポイント14.8%還元|お得にする手順をわかりやすく解説!

ポイントはAmazonコンビニなどで使える

 

上記のように、スタバカードを使って間接的にクレジットカード払いをする形になります。

この方法なら、クレジットカード利用で加算されるポイントと、スターバックスリワードによる加算ポイント(スター)の二重取りが可能です。

 

そのため、クレジットカードでそのまま支払いするのではなく、クレジットカードからスタバカードにチャージしてから支払うのがおすすめです。

 

フラペチーノ山口
ドリンク、フード、グッズが全てお得になります

 

実際にどれくらいお得になるのか?計算してみました。

例えば、週5日スターバックスラテを購入する方だと毎月の利用額は8360円になります。

加えて、たまにフードも購入するという方だと毎月の利用額は10,000円前後になります。

実際にどれくらいお得になるのか?

毎月の利用額 お得になる金額
3,000円 5,328円
5,000円 8,880円
10,000円 17,760円
20,000円 35,520円

 

毎月の利用額が10,000円の方だと、年間で17,760円もお得になります。

逆に言うと、現金で支払っている方は毎年17,760円を損していることになります。

 

フラペチーノ山口
スタバカードは無料ですぐ発行できるので、作っておいた方がお得です

 

僕はJCB CARD WスタバカードとJCBカードWの併用でポイント14.8%還元|お得にする手順をわかりやすく解説!を発行してから、スタバを4年ほど利用していますが年間で約30,000円〜70,000円分のポイントが還元されています。

 

スタバカード JCBカード

▲スタバ代の還元分だけで32,713円貯まっています。

 

スタバ利用で獲得したポイントはAmazonやコンビニで利用可能なので、僕はAmazonで日用品に引き換えています。

スタバカードとJCBカードWの併用でポイント14.8%還元|お得にする手順をわかりやすく解説!

JCB CARD Wはスタバ利用における還元率が現状もっとも高い1枚です。

なお、JCB CARD Wは39歳以下であればパート・アルバイトでも発行可能です。

新規発行は39歳まで」という年齢制限があります。

※発行後は40歳以降も年会費無料のまま継続できます。

 

その他にも「新規入会で12,000円キャッシュバック」などお得なキャンペーンを毎月開催しています。

キャンペーンの詳細はJCB Card Wの公式ホームページをご覧ください。

 

JCB CARD Wの基本情報

JCBカードWの基本情報

年会費 永年無料
還元率 1.0%
ポイント Oki Dokiポイント
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル
追加カード 家族カード(無料)
ETCカード(無料)
締め日・引き落とし日 公式サイト参照
入会資格 18歳~39歳まで

 

JCB CARD Wは39歳以下限定で発行可能

まず、JCB CARD Wは39歳以下の方でないと作れないクレジットカードです。

  • 18歳~39歳:JCB CARD W発行可能
  • 40歳以上:JCB CARD W発行できない

残念ながら40歳以上の方はどんなにこのクレジットカードが魅力的に見えたとしても発行することは出来ないのでご了承ください。

※40歳以上の方は同じくJCBカードが発行するJCB一般カードなどで代用可能ですが、ポイントなどのメリットはJCB CARD Wのほうが優れています。

 

ネット申込限定のクレジットカード

また、JCB CARD Wは紙の申込用紙を使った申込ができない、ネット申込限定のクレジットカードです。

スマホやパソコンを使って、こちらの公式ページから申し込みをしない限りは発行できないので、機械操作が不慣れな方にとっては、申し込みのハードルが高いカードになってしまう点が唯一のデメリットと言えます。

 

JCB CARD Wは無料で発行可能。維持コスト0円

次のように、JCB CARD W発行に必要な費用は一切かからず、無料で発行可能です。

なおかつ年会費もかからないため維持コスト0円です。

入会金 無料 JCB CARD W入会にはお金は必要ありません。
発行費 無料 カード発行に関してもお金はかかりません。
事務手数料 無料 入会時の事務手数料も無料です。
年会費 無料 1年間、カードを保有するためにお金はかかりません。翌年の年会費も無料です。
解約手数料 無料 解約にかかるお金もかかりません。

 

発行や保有に費用はかからない

このように、JCB CARD Wは発行費、入会金、事務手数料などの維持コストが完全無料のクレジットカードです。

更に年会費についても39歳までに加入すれば、それ以降ずっと無料のまま使い続けられます。

ただし、ほかのクレジットカードと同じくリボ払いや分割払い、そしてキャッシング(カード会社からの借金)を利用した場合には金利手数料がかかります。

フラペチーノ山口
1回払いなら金利手数料はかかりません。

 

JCB CARD Wの審査難易度は低い

アルバイトや大学生でも発行しやすい

JCB CARD Wはアルバイトや大学生などの、比較的収入が不安定な方であっても発行できることで知られています。

派遣社員や契約社員、期間従業員といった職業の方でも問題なく作ることができるクレジットカードなので、早めに作っておくことをおすすめします。

JCB CARD W 公式サイト

 

専業主婦も発行できる

また、専業主婦などの方でも、配偶者が働いている方ならカードを発行できます。

この場合、正社員や公務員の方と同じく、審査難易度は低いと思われます。

なお、無職や家事手伝いの場合ですが、こちらは発行できる可能性は極めて低いと思って良いでしょう。

どんなに審査難易度が低いクレジットカードと言えど、収入が一切ない方に対しての発行は難しいです。

どうしてもJCB CARD Wを発行したいなら、わずかでも収入を得たうえで申し込みに挑戦することをおすすめします。

 

JCB CARD Wは盗難補償付き

JCBカードは他のクレジットカードよりもセキュリティ対策を重視しているカードなので、クレジットカードを不正利用されるのが怖いという方にもおすすめ。

万が一、ネット通販で不正利用されても、カードを紛失して誰かに勝手に使われてしまった場合でも、すぐに被害をJCBに連絡すれば被害額を0円に抑えることができます。

 

JCB CARD W公式サイトでも、次のように記載されています。

インターネットショッピングで使うのは、ちょっと心配です。

JCBカードなら、インターネットショッピングでご利用になった覚えのない請求があっても安心です。状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消します。

カードを落としてしまったらと思うと不安です。

万一、カードが不正使用されても、届けた日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額はカード会社が負担します。※お客様に会員規約違反や故意・過失がある場合は、この限りではありません。

※JCB公式サイトより抜粋

 

24時間体制の不正検知システムもある

また、JCBカードは不正利用がないかどうかの監視を365日24時間体制で行うなど、不正利用対策にかなりの力を入れています。

JCB CARD W公式サイトで次のように記載されています。

不正検知システムの導入

不正検知システムを用いて、24時間365日第三者による不審な利用がないかチェックをしています。
不審な利用を検知した場合、カードの機能を一時的に停止する場合があります。また、お電話でのご連絡に加えて、お届けのメールアドレスに対してメールでもご連絡しています。

※JCB公式サイトより抜粋

 

JCB CARD Wのメリット

ポイントがいつでも2倍|還元率1.0%

JCBオリジナルシリーズからこれまで発行されていたクレジットカードは、カード利用額1,000円につき、OkiDokiポイントが1ポイント加算されていました。

今回新しく登場したJCB CARD Wは、OkiDokiポイントが2倍貯まるクレジットカードです。

OkiDokiポイントは1ポイントで5円相当の価値(※)があり、電子マネーや好きな商品と交換することができます。※交換する商品によって1ポイントにつき3円~5円相当

もらえるポイントと還元率は次のとおり。

今までのJCBオリジナルシリーズ 1,000円で1ポイント(5円相当) 還元率0.5%
JCB CARD W 1,000円で2ポイント(10円相当) 還元率1.0%

 

JCB優待店ならさらにポイントアップ

JCB ORIGINAL SERIESパートナーと呼ばれるJCBのポイント優待店で利用すれば、貰えるポイントが倍増します。

JCB CARD Wのボーナスポイントと、JCB ORIGINAL SERIESパートナーのボーナスポイントを合計したポイント還元率の例はこちらです。

パートナー ポイント倍率 ポイント還元率
Amazon 4倍 2.0%
スターバックス 11倍 5.5%
セブンイレブン 4倍 2.0%

 

実際にスタバでJCB CARD Wを使っている方の口コミもまとめてみました。

スタバ クレジットカード

スタバ クレジットカード

スタバ クレジットカード

スタバ クレジットカード

スタバ クレジットカード

Amazonやセブンイレブンはもちろん、特にスターバックスをよく利用する人にはポイントが非常に貯まりやすいクレジットカードです。

JCB CARD W 公式サイトを見る

 

入会金、年会費もずっと無料

今までのJCBオリジナルシリーズ一般カードの年会費は、初年度が無料であっても次年度から1,250円(税別)がかかっていました。

JCB CARD Wは次年度以降も永久に年会費が無料で、かつポイント還元率も高く、JCBオリジナルシリーズの中でも最高スペックのクレジットカードです。

 

JCB CARD Wの嬉しいサービス

JCB CARD Wは年会費無料ですが、次のサービスがあります。

  • ETCカード発行手数料・年会費無料
  • 海外旅行保険・ショッピングガード保険が利用付帯
  • nanaco・Apple Payなどの電子マネーが利用可能

 

ETCカード発行手数料・年会費無料

JCB CARD Wは発行手数料・年会費無料で「ETCスルーカード」を利用できます。

ETCスルーカードはJCBカード1枚に対して1枚のみ発行可能です。

 

ETCスルーカードを利用すると、通常のクレジットカード利用額として請求されるため、JCB CARD Wの利用分として還元率1%のポイントが貯まります。

 

ETCスルーカードがいつ届くのかは、申込方法によって異なります。

申込み方法 いつ届くのか 詳細
インターネット 申込から約1週間 MyJCB」から申込み
入会申込書 入会申込書がJCBに到着してから約2週間 MyJCB」から申込み
電話 専用ダイヤルでの受付後約2週間 専用ダイヤルから申込
0120-1104-55
0570-0010-55
平日 9:00~17:00

年会費も発行手数料も無料でETCカードを使えるので、JCB CARD Wは高速道路を利用する人にとってもおすすめのカードです。

 

海外旅行保険・ショッピングガード保険が利用付帯

JCB CARD Wには次の保険が付いています。

  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険

 

海外旅行傷害保険

JCB CARD Wに付帯している旅行傷害保険は海外旅行傷害保険のみです。国内旅行傷害保険は付帯していません。

旅行代金や公共交通機関の乗車料金をJCB CARD Wで支払うことで保険が付帯(利用付帯)されます。

補償内容は下記の通りです。

付帯条件 利用付帯
死亡後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 1回の事故につき上限100万円
疾病治療費用 1回の病気につき上限100万円
賠償責任 1回の事故につき上限2,000万円
携行品損害 1旅行中上限20万円
保険期間中上限100万円
免責3,000円
救援者費用 上限100万円
補償対象旅行期間 3カ月まで

旅行に関するお金をJCB CARD Wで支払うことで上記の保険が適用されます。

海外旅行に1~2年に1回程度、短期で行く人なら十分な補償内容といえます。

たまに海外旅行に行くから保険付きのカードを作りたい」と考えている人にとっても、JCB CARD Wはおすすめのクレジットカードです。

 

ショッピングガード保険

万が一、クレジットカードで支払ったものが盗難や紛失、破損などのトラブルに見舞われた場合、その金額が保証される保険がショッピングガード保険です。

通常、年会費無料のカードには付帯していない保険ですが、JCB CARD Wには付帯されています。

 

補償内容は次のとおり。

付帯条件 利用付帯
補償の対象 補償期間内にJCB CARD Wで支払いした品物が購入日(配送等による場合には品物の到着日)から90日以内に偶然の事故によって損害を受けた場合
補償額 最高100万円
自己負担額(免責) 1事故につき10,000円

注意点として、船舶や金券、食料品や携帯電話など一部対象外の商品があります

とくに海外旅行でレンタルする機会が多い携帯電話やwi-fiルーターなどは対象外なので注意が必要です。

このように、海外でのショッピングの損害もJCB CARD Wで支払いをするだけで補償してもらえます。

できるだけ海外での支払いはカード払いにしておくと安心です。

 

nanaco・Apple Payなどの電子マネーが利用可能

JCB CARD Wは電子マネーへのチャージや、QUICPay・ApplePayなどが使えます。

nanacoへのチャージではJCB CARD Wのポイントは貯まりませんが、nanacoのカードに付属しているQUICPayとJCB CARD Wを紐付けをすることでJCB CARD Wでの支払いとなり、ポイントが付与されます。

チャージしたnanacoで200円支払うごとに1nanacoポイント付与されます。

 

nanaco搭載のQUICPayでの支払いをすることで、nanacoポイントとクレジットカードのポイントが同時に貯まるため、ポイントの二重取りが可能です。

先ほどもお伝えしたように、セブンイレブンはJCB ORIGINAL SERIESの優待店なので、QUICPayを利用するとポイント4倍が加算されるため大変お得です。

 

貯まったポイントをnanacoへ移行するのもおすすめ

貯まったポイントを他社ポイントへ移行する場合、OkiDokiポイント1ポイントにつき3~4円相当である場合が多いのですが、nanacoへ移行すると5円相当になります。

他のポイントに比べると効率よく還元されるので、OkiDokiポイントの使い道としてnanacoへの移行もおすすめです。

 

JCB CARD Wのデメリット

JCB CARD Wのデメリットは次の2つです。

  • 39歳以下が入会条件
  • 利用明細がWEBのみ

 

デメリット1:39歳以下が入会条件

もっとも大きなデメリットは、入会条件が39歳以下であることです。

残念ながら、40歳以上の方はJCB CARD Wを新しく作ることができません。

しかし、入会時に39歳以下であれば問題なく、40歳を過ぎても保有することができます。

もちろん年会費なども無料。維持するためのお金は一切かかりません。

40歳以上の方でスタバをお得にするクレジットカードをお探しならdカード(還元率4.0%)も還元率が非常に高く、おすすめの一枚です。

 

家族カードは40歳以上でも発行可能

本会員が入会時に39歳以下であれば、家族カードは40歳以上でも作ることが可能です。

 

デメリット2:利用明細がWEBのみ

一般的にクレジットカードの利用明細は、郵送で書類が届きます。

最近ではクレジットカード会社側もコストカットのために、WEB明細の切り替えを積極的に行っていますが、JCB CARD WはWEB明細のみとなります。

「どうしても紙の明細書が欲しい」という方にはJCB CARD Wではなく、dカード(還元率4.0%)をはじめとする別のクレジットカードを検討しましょう。

 

JCB CARD Wの他に、スタバをお得に利用できるおすすめのクレジットカードは下記で紹介しています。

スタバカードのお得度がアップするクレジットカード5選|約15%お得に
スタバカードのお得度がアップするクレジットカード5選|約15%お得に

続きを見る

 

女性に嬉しい特典がある「JCB CARD W plus L」

JCB CARD W plus L

女性向けJCB CARD Wである「JCB CARD W plus L」には「お守リンダ」という特典があります。

お守リンダは乳がん、子宮がん、卵巣がんなど女性特有の病気に対する保険で、月額30円から加入できます。

お守リンダ

補償期間中に、初めて乳がん・子宮がん・卵巣がんと診断確定され、手術を行った場合には保険金50万円が支払われます。

また、JCB CARD W plus Lにはアットコスメや資生堂、ロクシタンの化粧品、ディズニーストアのグッズなどが毎月抽選で当たる「LINDAリーグ」といったキャンペーンも開催されます。

LINDAリーグ

LINDAリーグ

もちろん、これらの特典に加えてJCB CARD Wのメリットを全て得ることができます。

 

まとめ

本記事では、スタバカードとJCB CARD Wを併用することのメリットを概説しました。

これまでの内容を図解します。

スタバカードとJCBカードWの併用でポイント14.8%還元|お得にする手順をわかりやすく解説!

ポイントはAmazonコンビニなどで使える

 

また、実際にスタバカードとJCB CARD Wを併用している方の口コミもまとめました。

スタバ クレジットカード スタバ クレジットカード スタバ クレジットカード

僕もJCB CARD WスタバカードとJCBカードWの併用でポイント14.8%還元|お得にする手順をわかりやすく解説!を使ってスタバを利用していますが、年間で約74,000円分のポイントが還元されています。

コロナの影響で景気も不透明なので、意外とクレジットカードの還元が大きな安心につながってると実感することが本当に多くなりました。

僕の場合は、洗剤、化粧水、サプリ、野菜ジュース、お水などの日用品をポイント還元分だけで引き換えられるようになったので助かっています。

スタバカードとクレジットカードを使うと14.8%お得になる

JCB CARD Wは39歳以下であればアルバイト・パートでも発行できます。

また、「新規入会で12,000円キャッシュバック」などお得なキャンペーンを毎月開催しています。

キャンペーンの詳細はJCB Card Wの公式ホームページをご覧ください。

 

スタバがお得になるクレジットカード5選

本記事では、JCB CARD Wとスタバカードを併用することのメリットをおもに概説しました。

この組み合わせがもっとも還元率が高く、もっともスタバをお得に利用できる方法であることは間違いありません。

 

しかし、普段ローソンを利用することが多い方は、dカード(還元率4.0%)もおすすめです。

理由としては、ローソンでdカードを使うと5.0%お得になり、スタバを利用する場合、支払金額の13.8%がポイント還元されます。

 

JCB CARD Wよりもスタバ利用における還元率は劣りますが、日頃ローソンをよく利用する方にとっては、こちらも十分におすすめできるクレジットカードです。

このように「普段行くお店によって作るクレジットカードを選びたい」という方に向けて、スタバカードと併用したいおすすめのクレジットカードを紹介しています。あわせてチェックしてみて下さい。

スタバカードのお得度がアップするクレジットカード5選|約15%お得に
スタバカードのお得度がアップするクレジットカード5選|約15%お得に

続きを見る

 

スタバカードの使い方・作り方・チャージ方法・4つのメリット・残高確認

スターバックスカード(通称スタバカード)の使い方・作り方・チャージ方法・4つのメリット・残高確認など、カードに関するあらゆる情報を次の記事にまとめました。

スタバカードとは?
【全部わかる】スタバカードとは?使い方やお得な特典までマニアが徹底解説!

続きを見る

 


-スタバの豆知識

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5