スタバ

スタバ「味への不評」が広まり「高価格」への納得感が揺らぐ?

投稿日:


 

ビジネスジャーナルの「買うべき・買ってはいけない調査班」が、再びスターバックスの商品に対して不満を漏らしています。

ここでは、その内容を伝え、「買ってはいけない商品を楽しむ方法」や「代わりの商品」などを回答します。

帝国データバンクが調査した2017年の売上高で、同チェーンを展開するスターバックス  コーヒー ジャパンは業界トップとなる1709億円を記録。19年3月末の店舗数は1434を数えるまでに成長した。しかし、商品のクオリティに疑問を感じている人も少なくないようだ。

なぜなら、同チェーンは総じて高めの値段設定なので、ほかのチェーン店と比べれば、コストパフォーマンス面で劣っているという見方もできてしまうからだ。また、個性的なメニューが多いために、人によって好みが大きく分かれることもあるだろう。

そこで、今回は「この夏、買ってはいけないスタバの商品5選」を独自にチョイス。あなたの嗜好に合ったメニューを選べるように、この記事を活用してほしい(価格は税別、ドリンクメニューはトールサイズ)。

 

バニラ クリーム フラペチーノ/490円
「バニラ クリーム フラペチーノ」は、ミルクとバニラシロップをミックスしたものに氷を混ぜ合わせたドリンク。おまけにホイップクリームもトッピングされており、上から下まで白一色の見た目はとてもさわやかだ。

ここまでは夏にぴったりの商品といえるのだが、肝心の味については問題視せざるを得ない。というのも、コーヒーなどの苦みが含まれていない甘さ一辺倒の味つけなので、飲み進むにつれて、その甘さを過剰に感じてしまう人も多いことだろう。

また、プレーンでクセのない風味なので、バニラシロップを減量してもらったりチョコレートソースを加えたりと、カスタマイズしたほうが楽しめそうだ。時間がなく、こだわらずにさっさと注文を終えたいビジネスパーソンにとっては、不向きな商品といえるかもしれない。

バニラクリームフラペチーノは確かに、飾り気のないシンプルかつプレーンな味わいなので、多くの裏メニューのベースになります。

抹茶クリームフラペチーノチョコレートクリームチップフラペチーノも、バニラクリームフラペチーノが素になっています。

そのまま飲めば、確かに飽きてくるかもしれないので、コンディメントバーに置いてあるシナモンを追加したり、途中でチョコレートソースを追加してもらうことも可能です。

こだわらずにさっさと注文を終えたいビジネスパーソンには、エスプレッソアフォガートフラペチーノダークモカチップフラペチーノがおすすめ。

どちらもコーヒーが入っているので、甘さの中にあるビターな旨味も味わえます。

ゆず シトラス & ティー/460円
ピンクグレープフルーツなどのさまざまなシトラスが爽快な風味を醸し出している「ゆず シトラス & ティー」は、さっぱりとしながらも酸味が強すぎない、夏に最適な一品ではあるのだが……。

気になるのが、柑橘類に特有の香り。トイレなどに置かれている芳香剤に使用されている香りと似ていることもあり、それを「思い出してしまった」という声がネット上には散見された。

また、混ぜ込まれているゆず果皮のざらざらとした食感を苦手だと感じる人もいるのではないだろうか。人を選ぶドリンクであることは間違いなさそうなので、注文する際には覚悟が必要なメニューだ。

さっぱりとした柑橘系のドリンクなら、今売り出し中のコールドブリューソーダがおすすめ。

トイレの芳香剤のような香りもなく、果肉のざらついた食感もないので、飲みやすいです。

ドリップ コーヒー/330円
コーヒーを売りとするスタバだが、ネット上では意外なことに看板商品であるはずの「ドリップ コーヒー」が不評気味。

というのも、この商品に使用されているアラビカ種コーヒー豆は世界中から厳選されているこだわりの品らしいのだが、その香りをきつく感じてしまう人が多いようなのだ。また、非常に濃くて苦みの強い味わいについても、すんなりと受け入れられにくいのではないだろうか。

ミルクを追加するなどマイルドにアレンジするという手もあるが、それならスタバの幅広いメニューのなかから、より自分の嗜好に合っていそうなドリンクを注文したほうが手っ取り早い。コーヒー好きを自認している人以外にはおすすめしにくい商品といえるだろう。

スタバのドリップコーヒーは作り置きのため、時間が経つと美味しくない上、香りも飛んでしまいます。

また、スターバックスは創業当初から深煎りコーヒーにこだわりを持ち続けてきた背景があり、深煎りした豆は苦味が強くなります。

なので、苦味が少ないコーヒーを飲みたい場合は、自分でコーヒー豆を指定できるコーヒープレス|プレスサービスがおすすめ。

使うコーヒー豆も店員さんと相談しながら決められますが、この場合は浅煎りのウィローブレンドが適しています。

苦味よりも酸味が強く、スタバのコーヒー豆に多い「燻煙臭さ」もなく飲みやすい銘柄です。

ニューヨークチーズケーキ/420円
公式サイトで「本場ニューヨークの味わいを再現した」と説明されている「ニューヨークチーズケーキ」は、さっぱりと軽い口当たりで万人ウケしそうな印象のある商品。

2種類のクリームチーズが使われているため適度なコクも感じられる、それなりにおいしいメニューではあるのだが……。420円という決して安くはない価格を考えれば、そのクオリティに満足できるかどうかは怪しいところだろう。

チーズケーキを食べたい気分のときは、もう少し奮発してケーキ屋で本格的なものを買うか、コンビニエンスストアなどでもっと安価なものを買うほうが、味と価格の折り合いをつけやすいのではないだろうか。

ニューヨークチーズケーキは美味しいですが、ケーキ屋さんに迫る値段であることは間違いありません。

夏におすすめの安価で美味しいフードは、レモンチョコレートクッキー

爽やかなレモン風味のチョコレートが味わえるクッキーで、さっくりと軽い食感が夏にぴったりです。

パッケージフードなので、小腹が空いた時用にカバンに忍ばせておくのもオススメです。

シナモンロール/320円
スタバの「シナモンロール」は、バターなどの入った生地にシナモンフィリングを巻き込み、一つひとつ手作りされているというこだわりの一品。しかし、手間をかけた分だけ味がよくなっているかといえば疑問で、ネット上では「パン屋などで売られているもののほうがおいしい」という意見も。

さらに気になるのが、触った手がベタベタになってしまったというレビュー。砂糖が溶けやすい夏は余計に手がべたついてしまう危険性もありそうだ。手を拭いたり洗ったりできないときは、頼まないほうが無難だろう。

――スタバのメニューは全体的に見ればハイクオリティなのだが、なかには夏に食べるのには向かなかったり、そもそもの出来が残念だったりする商品も存在している。高いお金を払ってハズレを引いてしまうようではもったいない。店頭で注文する前には、ぜひこの記事を思い出し、後悔のないメニュー選びをしていただきたい。

シナモンロールは基本、提供時にナイフとフォークが渡されるはずなので、店員さんに貰いましょう。

あとがけのフォンダンを見れば、手で触ったらベタベタになるのは明白です。

シナモンロールは値段と満腹感のバランスが良いので、値上げしたにも関わらずファンから愛されているレギュラーフード。

好みに応じてはちみつを追加したり、トースターで香ばしく温められるのもスタバの魅力。

そして、スターバックスが大切にしている「PTRさんとの会話」なども、他のパン屋さんでは楽しみにくい魅力ではないでしょうか。

前回のビジネスジャーナルの不満について言及した記事はこちら。

スタバで「買ってはいけない」と言われる5つの商品をなんとか楽しむ方法を考えてみた

また、ビジネスジャーナルでは「ソイチャイティーラテ」と「豆乳シナモン」が同じ味だと書いていたので、実際に飲み比べました。

結論「両者は全くの別物」です。詳しくはこちら↓

スタバのソイチャイティーラテと豆乳シナモンは激似?2つを飲み比べてみた


 _________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆5選

スタバで使える高還元率のおすすめクレジットカードは?|スタバカードにチャージしてポイント二重取りが最強です

スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットを徹底解説

ad




人気記事

こんな記事も読まれています

プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓