スタバ

スタバのコーヒーおかわりが150円に。100円で飲み続ける方法も

投稿日:2017年10月30日 更新日:


スターバックスで販売されている定番ドリンクの「ドリップコーヒー」は、100円でおかわりをすることができる。スタバをよく利用している人なら、きっと知っていることだろう。

しかし、このドリップコーヒーの100円おかわりが値上げすることをあなたはご存知だろうか。2017年11月1日から残念なことに100円→150円に値上げとなってしまうのだ。




スタバのおかわりシステム「One More Coffee」とは

スタバのドリップコーヒーおかわりのシステムは「One More Coffee」(ワンモアコーヒー)と呼ばれる。

この「One More Coffee」は、ドリップコーヒーを買った際にもらうレシートを、おかわりの注文時に店員さんに見せることで、当日中なら100円(税抜)で、もう1杯コーヒーを買うことができるシステムだ。

なお、2杯目のおかわりは別の店舗でも可能。たとえば1杯目は自宅の最寄駅そばにあるスタバで、2杯目は外出先のスタバでといったように、ドリップコーヒーの100円おかわりは全国のスタバで注文することが可能だ。


▲ドリップコーヒーを注文すると、レシートには赤枠のように記されている。

当日の営業時間内であればおかわり可能。僕の行きつけである函館蔦屋書店のスタバでは営業終了時間の午前1:00まで。

さて今回の値上げについて、スタバ公式サイトからのアナウンスだが、スターバックスのポイントシステム「Starbucks Rewards」の「Q&A」に書かれている。あまり大々的には公表されていないようだが、2017年11月1日より、コーヒーおかわりが150円になると確かに書かれている。

50円の値上げは決してバカにできるものではない。チリも積もれば山になるという言葉があるが、スタバのドリップコーヒーを毎日おかわりしているようなヘビーユーザーの場合、年間で18,250円もの出費となってしまうのだ。




11月1日以降も100円で飲み続ける方法とは

しかし、ひとつだけ100円で飲み続ける方法がある。それは支払いを「Web登録済みのスターバックスカード」で行うことだ。その場合は11月1日以降も引き続き100円(税抜)でおかわり注文をすることが可能だ。

また、アプリのモバイルスターバックスカードによる支払いの場合も、引き続き100円でおかわりすることが可能だ。


画像提供:スターバックス

アプリ版モバイルスターバックスカードの利用方法についてはこちら(スターバックス公式ホームページへ)

気をつけたいのは、スタバカードを持っていてもWeb未登録のカードでは150円になってしまう。スタバカードを持っているなら忘れないうちにWeb登録を済ませてしまおう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます↓


有名コーヒーチェーンが珈琲農園主の邸宅のような新店舗をオープン


値段の差もヤバイけど味の差ありすぎwww
【VIPスタバ】スターバックスリザーブと普通のスタバの差がヤバイ


ネスレがブルーボトルコーヒーを買収!スタバの脅威となるか?


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。