スタバ スタバフード

スタバフード閉店3時間前から20%割引に!SAVE FOODプログラム開始

2021年8月20日

  1. HOME >
  2. スタバ >

スタバフード閉店3時間前から20%割引に!SAVE FOODプログラム開始

2021年8月20日

スターバックスコーヒー は、2021年8月23日(月)から、店舗での食品の廃棄を減らす、「フードロス削減」を目指すSAVE FOODプログラムをスタート。

廃棄としてフードを無駄にしないため、ドーナツやケーキ、サンドイッチなどの店舗ごとの当日の在庫状況に応じて、閉店3時間前をめどに20%OFFにて販売します。

プログラムによる売上の一部は、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえに寄付されます。

※当日の各店の在庫状況に応じて、実施有無・開始時間が異なります。

■プログラム概要

実施期間:2021年8月23日(月)から恒常的に実施

  • 当日の各店の在庫状況に応じて、実施有無・開始時間が異なります。
  • プログラム実施中は「SAVE FOOD」のPOPを掲出。
スタバフード閉店3時間前から20%割引に!SAVE FOODプログラム開始

フード割引中はSAVE FOODのPOPが掲出される

■対象商品:フードケース内の商品

  • ヨーグルトやキッズドリンク、水など一部の商品は対象外となります。
  • プライスカードにて割引有無が掲示されます。詳しくは実施中の店舗のバリスタにお尋ねください。

■対象店舗:全国のスターバックス店舗

※スターバックス リザーブ ロ―スタリー 東京など取り扱い商品が異なる店舗は対象外となります。

 

▼スタバのフード一覧こちら

スタバ全フードメニューのカロリー・食べた感想・おすすめ商品を紹介

スタバフード閉店3時間前から20%割引に!SAVE FOODプログラム開始

■プログラム詳細

スターバックスは、2030年までに店舗などから出る廃棄物50%削減を目指す考えを示しています。

現在、スタバ店舗から排出される食品廃棄物の約70%はコーヒーを抽出した後の豆かすが占めており、フードが約15%を占めます。

SAVE FOODプログラムは、2021年3月に東京都と埼玉県の約90店舗で1か月間のトライアルを実施されており、顧客からは「スターバックスで買うことで良いことに貢献できる」「少しでも廃棄を減らすことができるなら」など好評だったようです。

また、店舗のパートナー(従業員)からは、「お客様と一緒に進められるサステナブルな取り組みで、誇りを持って商品を勧められる」「実際に廃棄量の削減につながり、心理的にもプラスに感じた」といったポジティブな声が集まったそうです。

 

■売上の一部を認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえに寄付。ともに目指す地域貢献

プログラムの売上の一部を寄付する「むすびえ」は、「こども食堂の支援を通じて、誰もとりこぼさない社会をつくる」という思いから設立されたNPO法人。

プログラムを通じてフードロス削減を進め、思いを同じくする「むすびえ」への寄付によって、地域の子どもたちのより良い食と未来づくりをサポートし、ネットワーク団体設置の活動を後押しする考えを示しています。

 

▼参考リンク

 

▼スタバのフード一覧まとめ

スタバ全フードメニューのカロリー・食べた感想・おすすめ商品を紹介


  • この記事を書いた人

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)

日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士。1,000種以上の通販コーヒーを飲む。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。TV出演。

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5