スタバ

スタバサイズの読み方・各サイズの容量と値段【ベンティが一番お得】

投稿日:2019年8月11日 更新日:


 

年間365杯以上スタバで飲むフラペチーノ山口が、スタバサイズの読み方・サイズ別の容量と値段を解説します。

スタバのドリンクには以下4種類のサイズがあります。

  • ショート(Short)
  • トール(Tall)
  • グランデ(Grande)
  • ベンティ(Venti)

スタバのドリンクはプラス40円でワンサイズアップできます。

また、ドリンクに使われるフレーバーシロップの量や、エスプレッソショットの量もサイズによって異なります。

結論からいうと、スタバでドリンクを注文する際に、ベンティサイズで注文するのがもっともお得です。

ここから、まず「なぜベンティサイズがお得なのか?」を解説します。

次に、「スタバサイズの読み方には、なぜ英語とイタリア語が一緒に使われているのか?」などの豆知識についても解説します。

 

スタバサイズの読み方・各サイズの容量と値段【ベンティが一番お得】

スタバのドリンクサイズの読み方と、各サイズの容量は以下のとおり。

ドリンクサイズ 容量
ショート 240ml
トール 350ml
グランデ 470ml
ベンティ 590ml

スタバのドリンクは、ワンサイズアップする毎に液量が110〜120ml増えていきます。

サイズ別の値段ですが、以下のように1サイズアップ毎に値段も40円ずつ上がります。

【スターバックスラテの場合】

  1. ショート 340円
  2. トール 380円
  3. グランデ 420円
  4. ベンティ 460円

なぜベンティがお得なのか?

冒頭でもお伝えしたとおり、スタバでもっともお得なドリンクサイズは「ベンティ」です。

まず、ベンティサイズで注文すると100mlあたりの値段が一番お得です。

【スターバックスラテの100mlあたりの値段】

  1. ショート 142円
  2. トール 109円
  3. グランデ 89円
  4. ベンティ 78円

上記のように、ショートサイズとベンティサイズでは100mlあたりの値段が約2倍違います。

ブラックコーヒーなど味が濃いドリンクはともかく、スターバックスラテなどミルク入りで飲みやすいドリンクは意外にベンディサイズで注文しても飲み切れます。

なので、たっぷりのドリンクを楽しむつもりなら、最初からベンティサイズで注文するのがお得です。

もし、ドリンクが冷めたり温くなったりするのが心配なら、タンブラーや水筒を持参するのもおすすめ。

保温、保冷ができるうえ、エコに協力したお礼としてほぼ全てのドリンクが20円割引になってお得です。

ベンティサイズはエスプレッソショットの量がもっとも多い

スターバックスラテなど、エスプレッソショットを使うドリンクは、サイズによって注ぐエスプレッソの量が異なります。

ドリンクサイズと容量 エスプレッソショットの量
ショート 240ml 30ml
トール 350ml 30ml
グランデ 470ml 60ml
ベンティ 590ml 90ml

スターバックスラテをショートサイズで注文すると、液量240mlに対してエスプレッソショット30ml。

スターバックスラテをベンティサイズで注文すると、液量197mlに対してエスプレッソショット30ml使われます。

そのため、ベンティサイズのスターバックスラテは、全サイズ中もっともエスプレッソの味が強く感じられます。

そして、トールサイズのスターバックスラテは、全サイズ中もっともエスプレッソの味が控えめです。

豆知識
スターバックスラテに似ている「カフェミスト(カフェオレ)」というドリンクは、サイズに関係なくドリップコーヒーとミルクを1:1の割合で作ります。

そのため、どのサイズで注文してもコーヒーの味が薄くなりません。

スタバ【カフェミスト】カスタマイズ・カロリー・お得に飲む方法

ドリンクサイズをアップするとシロップの量も増える

スタバのドリンクには、シロップが入っている商品が多いです。

例えば、スターバックスラテの次に売れている「キャラメルマキアート」には「バニラシロップ」が入っています。

キャラメルマキアートのサイズによって、バニラシロップの量が異なります。

ドリンクサイズと容量 バニラシロップの量
ショート 240ml 1ポンプ
トール 350ml 2ポンプ
グランデ 470ml 3ポンプ
ベンティ 590ml 4ポンプ

キャラメルマキアートをショートサイズで注文すると、液量240mlに対してバニラシロップ1ポンプ。

キャラメルマキアートをベンティサイズで注文すると、液量148mlに対してバニラシロップを1ポンプ入れます。

そのため、ベンティサイズのキャラメルマキアートは、全サイズ中もっともバニラの風味が強く感じられます。

そして、ショートサイズのキャラメルマキアートは、全サイズ中もっともバニラの風味が控えめです。

あわせて読みたい

世界中のスターバックスで愛されているキャラメルマキアートの魅力をこちらで紹介しています。

キャラメルマキアートは「ドリップコーヒー」「スターバックスラテ」の次に飲んでほしいおすすめのエスプレッソドリンクです。

スタバ【キャラメルマキアート】カスタマイズ・カロリー

スタバのサイズは英語とイタリア語が使われている

スタバのサイズには英語とイタリア語が使われています。

  • ショート・トール=英語
  • グランデ・ベンティ=イタリア語

アメリカのシアトルで誕生したスターバックスコーヒーですが、なぜイタリア語を使うのでしょうか。

スターバックスの元CEOハワード・シュルツ氏は、

“スターバックスがアメリカで成功したのは、イタリア流のエスプレッソメインのドリンクのおかげである”

とイタリアに敬意を表しています。

その証として、スターバックスのサイズ表記にはイタリア語も使われています。

ショートは「小さい、短い、背が低い」などを意味する

ショートは英語で「小さい」「短い」などを意味します。

トールは「背が高い」という意味

トールは英語で「背が高い(カップサイズが高い)」という意味です。

グランデは「大きい」という意味

グランデはイタリア語で「大きい」という意味です。

トールよりも大きいサイズを意味します。

ベンティは「20」という意味

ベンティはイタリア語で20という意味です。

(ベンティサイズのドリンク容量が20オンスのため)

海外スタバにはベンティを超える最大サイズ「トレンタ」もある

海外スタバには、ベンティーを超える「トレンタ(Trenta)」というサイズでドリンクを注文可能です。

トレンタの容量は約916ml(31オンス)です。

グランデの約2倍のサイズです。

ちなみに、トレンタはイタリア語で「30」を意味します。

ドリンクの実容量は31オンスなのですが、キリの良い数字である30(トレンタ)というサイズ表記にしたのでは?と伝えられています。

スタバの人気記事

スタバ福袋情報

スタバの歴代福袋の中身を公開しています。振り返ってみると、福袋の中身における当たり年やハズレ年が一目瞭然です。。

スタバの歴代福袋の中身を2009年から2018年までまとめてみた

スタバのコーヒーをお得に飲む方法こちら

スタバのコーヒーおかわり【ワンモアコーヒー】100円で飲む方法

スタバのドリンクを無料で美味しくする方法、教えます

スタバの全カスタマイズ一覧|無料と有料カスタマイズまとめ

スタバ全メニュー(裏メニュー含む)100種以上の値段・カロリー・感想を掲載

スタバ全ドリンクメニューのカロリーやカスタマイズ、値段一覧|新作ドリンク情報も掲載


 _________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆5選

スタバが今よりお得になるクレジットカード3選【スタバ代が14.8%お得に】

スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットを徹底解説

スタバに行くなら
読んでおきたい人気記事

スタバのタンブラーやボトルの値段・割引・使い方・性能・サイズ

スタバサイズの読み方・各サイズの容量と値段【ベンティが一番お得】

スタバWiFi(ワイファイ)ログイン方法と繋がらない時の接続方法

【最新】スタバのマグカップ100選まとめ|海外限定・ご当地マグも紹介

スタバカードの使い方・作り方・チャージ方法・4つのメリット・残高確認

ad




人気記事

こんな記事も読まれています

プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓