スタバのステンレスボトルを1年間使った感想。漏れる?パッキンは外しやい? – 山口的おいしいコーヒーブログ

スタバ

スタバのステンレスボトルを1年間使った感想。漏れる?パッキンは外しやい?

投稿日:2018年1月11日 更新日:


 

年間260回以上スタバに通うスターバックスマニア山口が、スタバのステンレスボトルを1年間使った感想や、ドリンクが漏れるか?パッキンは外しやいか?などについて書いていきます。

【あなたへおすすめしたい記事】

スタバのタンブラーやボトル、グッズ一覧まとめ

スタバのタンブラーやボトルの値段・割引・使い方・性能・サイズ

僕が選んだステンレスボトル

僕が選んだステンレスボトルは、スタバとサーモス(Thermos)がコラボして作られたハンディーステンレスボトル(500ml)です。

スタバからは様々なステンレスボトルが発売されていて、サイズだけでも

  • 350ml(トールサイズ)
  • 355ml(トールサイズ)
  • 470ml(グランデサイズ)
  • 473ml(グランデサイズ)
  • 500ml(グランデサイズ)

と、5種類あります。

※2019年1月9日現在、ベンティサイズのステンレスボトルは日本のスタバでは販売されていません。

大きさも様々ですが、フタも

  • スクリュー式
  • ワンタッチ開閉式

などがあります。

僕は「車を運転しながらでも飲みやすそう」という理由からワンタッチ式のものを選びました。

容量もどうせなら一番大きい500mlを購入しましたが、結果的にこれを選んで正解でした。

ハンディーステンレスボトルブラック500mlについて

ハンディーステンレスボトルブラック500mlについて、スターバックス公式サイトでは次のように説明されています。

マットなブラックのボディに、ロゴマークをさりげなくデザインしたステンレスボトルです。
真空二重構造ステンレスで保温・保冷機能に優れています。

出典:スターバックスコーヒー

スペック

  • 値段:4,200円
  • サイズ(幅×奥行×高さ) 6.6×7.5×22.3cm
  • 素材・材質:ステンレス鋼
  • 保温効力 68℃以上(6時間)
  • 保冷効力 10℃以下(6時間)

1年間使った感想

保温、保冷効果

スタバのステンレスボトルを1年間使った感想ですが、本当に6時間の保温、保冷効果があります。

お湯の温度が高い紅茶や番茶などを朝入れて、夕方になっても温かい状態で飲めます。

「魔法びんのパイオニア」といわれるサーモスが手がけている製品なので保温・保冷機能は高いです。

ドリンクは漏れる?

漏れません。

フタが意図しないところで開かないようにロックがついています。

ロックした状態でパッキンを装着していれば、漏れることはまずありません。

逆さまにしても、長時間横に倒した状態でも漏れません。

パッキンは外しやい?

パッキンは外しやすいですし装着しやすいです。

僕は毎日外して洗浄しています。

週一回ハイターでつけ置きすれば、ドリンクの臭いも取れます。

フタは外しやすい?

外しやすいです。

本当にワンタッチで簡単に開閉できます。

車の運転中など片手がふさがっている状態でも楽に飲めます。

フラペチーノは入る?

入ります。

グランデサイズのフラペチーノを注文するとホイップの量が少なくなりますが、トールサイズで頼めば問題ありません。

ボディが透明でないので写真映えはしませんが、夏場は氷が溶けませんし、冷たい状態で長時間飲めます。

重量

230gほどで非常に軽いです。

他社製の500mlステンレスボトルと比較すると、重量の差がハッキリと分かります。

この製品の軽量さは実際にスタバ店舗で持ってみると良くわかります。

これだけ軽いので350mlよりも500mlを選んだ方が後悔しないと思います。

ドリンクチケットはもらえる?

もらえます。

詳しくは、スタバのタンブラーやボトルの値段・割引・使い方・性能・サイズ

で説明していますが、値段の制限がないドリンクチケット「コミューターマグクーポン」がステンレスボトル購入時にもらえます。

カスタマイズも無制限に行えるので、たとえ1000円前後のドリンクをオーダーした場合でも無料で飲めます。

ドリンクチケットの値段を差し引くと、実質3200円前後でステンレスボトルが購入できます。

ドリンクは毎回20円値引きに

スタバではステンレスボトルやタンブラーを持ち込むと、エコに協力したお礼としてドリンクが20円値引きになります。

使い方

基本的な使い方は上記の通りで問題ありません。

飲み口の脱着も非常に簡単です。

僕の親指の茶色い部分をカチっと押せば

飲み口が簡単に外せます。

スターバックスラテなど、フォームミルクのふわふわ感を楽しむ際にはフタを外して飲むのがおすすめ。

「飲むたびにフタを外すのは面倒」だと感じるかもしれませんが、僕はすぐに慣れました。

コーヒー・エスプレッソ類メニューを飲む時はフタを外した方が、香りが楽しめます。

デメリット

鼻が当たる

デメリットですが、ドリンクを飲む時に僕の親指の茶色い部分が鼻に当たります。

※僕は使っているうちに気にならなくなりました。

飲み口の違和感

マグカップでいつもコーヒーを飲んでいるので、口をつけると違和感はあります。

ステンレス臭

飲むときにステンレス臭を感じるので、コーヒーや紅茶の香りを100%の状態では楽しめません。

まとめ

さて、ここまで僕が使っているステンレスボトルのスペックや、1年間使った感想を書いてきました。

結論としては、

  • 保温・保冷効果の高さ
  • 軽量さ
  • フタの開けやすさ
  • 漏れない
  • 洗いやすさ

上記を重視するなら自信を持って購入をおすすめします。

ドリンクの味や香り、風味などを重視する場合はグラスやマグカップの方が適しています。

僕は両者を使い分けていますが、スタバのステンレスボトルは1つ持っておくと役立つ場面が多いです。


 _________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆5選

スタバが今よりお得になるクレジットカード3選【スタバ代が14.8%お得に】

スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットを徹底解説

スタバに行くなら
読んでおきたい人気記事

スタバのタンブラーやボトルの値段・割引・使い方・性能・サイズ

スタバサイズの読み方・サイズ別の容量と値段を解説【一番お得なサイズはベンティ】

スタバWiFi(ワイファイ)ログイン方法と繋がらない時の接続方法

スタバ2019年マグカップまとめ【海外限定・ご当地マグも】

スタバカードの使い方・作り方・チャージ方法・4つのメリット・残高確認

ad




人気記事

こんな記事も読まれています

プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓