スタバ

スタバのコーヒー豆スマトラはおすすめできる?4つの抽出器具で味を検証

投稿日:2018年3月17日 更新日:


スターバックスコーヒーで販売されているコーヒー豆「スマトラ」はおすすめできる豆なのか?僕が自宅に持ち帰って4つの抽出器具で淹れて飲んでみたので、感想を正直に述べていく。

結論からいうと、おすすめできないコーヒー豆だが、それでもなんとか美味しく飲む抽出方法を徹底検証してみた。もしこの「スマトラ」がスタバの福袋に入っていたり、ギフトで貰ったならこの記事を参考に飲んでみてほしい。

※スマトラをスタバ店舗で飲んだ際のレビューはこちら

スタバのコーヒー豆「スマトラ」とは

公式サイトによると、深いコクとなめらかな口あたり、ハーブや大地のような風味が味わえ、忘れがたい印象を残してくれるとある。

スマトラの価格

1,140円(税抜)
※100gあたりの価格は456円

スマトラの容量

250g

スマトラの生産地

インドネシア

スマトラの風味を5段階でみる

スタバのコーヒー豆「スマトラ」をみる

袋を開けて顔を近づけてみると、芳ばしいナッツのような香りが感じられる。

スターバックスのコーヒー豆は熱風式による焙煎が行われているため焙煎ムラは少なく、焼き色は比較的きれいに均一に揃っている。ただ欠点豆が多いので、雑味のないクリアな味わいのコーヒーを楽しもうと思ったら、ハンドピック(手作業で欠点豆を取り除くこと)でこれらを除去する必要がある。

スターバックスから販売されている1番人気のコーヒー豆「ハウスブレンド」を開封した時は、全体の4分の1が欠点豆で驚いたが、今回購入したスマトラは当たりだったのか、ハウスブレンドほど多くの欠点豆は見られなかった。

関連:スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」をオススメしない理由を正直に述べる

もう一つ留意しておいて欲しい点がある。

スターバックスは現状、日本国内に焙煎設備がなくアメリカで焙煎したものを船便で約一ヶ月ほど時間をかけて輸送する。

同じシアトル系コーヒーチェーンのタリーズコーヒーは「焙煎したての美味しさ」を僕たち消費者に届けるため、日本国内で焙煎を行っている。

冒頭でお伝えしたが、僕がスターバックスのコーヒー豆をおすすめしない理由の一つは、焙煎したてのコーヒーの、あの芳ばしい香りや旨みを楽しめないからだ。

スタバのコーヒー豆「スマトラ」を4つのコーヒー器具で飲みくらべ


▲右から
・HARIO(ハリオ)V60ドリッパー
・HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー
・bodum(ボダム)製フレンチプレス
・Kalita(カリタ)3つ穴ドリッパー
写真中央
・森彦(Morihico)4枚接ぎネルフィルター

今回は、まずペーパードリップの定番であるハリオV60で抽出して飲んでみて、さらに美味しく面白く飲むために、ほかの3つの器具を厳選した。

こんな感じで豆を挽いたりしました

焙煎度合い:スターバックスロースト(中深煎り)
豆の挽き具合:やや細挽き(カリタニューカットミル:ダイヤル2にセット)
豆と湯の量:16g 160cc
お湯の温度:85℃
その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

 

僕が愛用しているタカヒロ製のコーヒードリップポット雫 0.9Lは、お湯の注ぎ口が極細に作られていて、湯量のコントロールが誰でも簡単に行えるので、いつもおいしいコーヒーを楽しめるのが特徴。

近年ハンドドリップコーヒーを日本に広めた「ブルーボトルコーヒー」で使われているのも、このタカヒロ製のコーヒードリップポット。

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

カリタニューカットミルを使って、やや細挽きにしたスターバックスのスマトラに、タカヒロ製ドリップポット雫で静かにお湯を、ゆっくり落としていく。

先述したように、コーヒー豆の鮮度が良いといえないため、ドリップ時にコーヒー粉が膨らまず、香りも弱い。

熱風式焙煎は短い時間で大量の豆を焙煎するのに適した方法だが、香りや味が抜けた感じに仕上がりやすく、スターバックスの豆も例外ではない。

実際に一口飲んでみると、深いコクなどは感じられず、味の奥行きも感じられない。

ただ、スターバックスの豆特有の、あの濃い味は健在。いつもスタバ店舗で飲むあの「ドリップコーヒー」の味だ。

年間300杯スタバの濃いドリップコーヒーを飲んでいる僕としては、もう少しあっさり目に飲んでみたい。次はカリタ3つ穴ドリッパーで、旨味を引き出しつつ少しあっさり目に抽出してみる。

カリタ3つ穴ドリッパーで抽出

スターバックスのスマトラを、カリタ3つ穴ドリッパーで抽出すると狙い通り、あっさりした口当たりで飲みやすく、後味すっきりでキレの良い味に。

クッキーなどのペイストリー、ケーキなどのデザートやスイーツと合わせるなら、これくらいあっさりしていたほうが、どんなフードにも対応してしやすくて良い。

逆にミルクを入れるなら、コーヒーのボディ感が足りずミルクのコクに負けてしまう。ミルクを入れて飲むならハリオV60ドリッパーなどで濃いめに抽出すると良い。

次はフレンチプレスで抽出してみよう。良くも悪くも豆本来の風味を最大限味わえる抽出方法だ。スターバックスのスマトラは一応シングルオリジンなので、隠れた豆の個性を引き出せるかもしれない。

フレンチプレスで抽出

スターバックスのスマトラをフレンチプレスで抽出すると、芳ばしいナッツ感あふれる味わいと香りが堪能できる一杯に。

旨味は感じられず感動するような美味しさはないが、この野性味のある風味は嫌いではない。

またペーパードリップで抽出を行うよりも酸味が少し前に出てくるため、味のバラエティが豊かに感じられる。

スターバックスリザーブなど抽出器具が選べる店舗に訪れた際には一度試してほしい。

最後にネルドリップ抽出を行ってみる。使用するネルフィルターは札幌のネルドリップ専門店「森彦」の4枚接ぎネルフィルターだ。ハリオのネルフィルターよりもコクと旨味が抽出されるのが特徴だ。

ネルドリップ抽出

スターバックスのスマトラをネルドリップ抽出すると、予想通りコクと甘みがこれまでで一番強く感じられる味わいに。

美味しいと言えるほどではないが、ほどよい苦みと酸味、ほのかな甘みと少しコクが感じられ、バランスの取れた味わい。もしネルドリップできる環境があるなら一番おすすめの抽出方法。

スタバのスマトラはおすすめできるコーヒー豆か?

おすすめできない。

100gあたり456円と特別安いわけでもない。この価格帯ならドトールの「カフェヨーロピアン」のほうが数倍おいしいコーヒー。僕がいつも購入している土居珈琲の「コクのあるグルメなミックス」も、スマトラと同じインドネシア産の銘柄をベースにブレンドされた美味しいコーヒーでおすすめ。


土居珈琲の「コクのあるグルメなミックス」はバターコーヒーのような口当たりが特徴のブレンド豆

まとめ

スターバックスのコーヒー豆「スマトラ」を4つのコーヒー器具で抽出して飲んでみた。ネルドリップして飲むと甘みもコクも感じられておすすめ。

もし、スマトラの購入を検討しているなら、そのお金をドトールのカフェヨーロピアンか土居珈琲の「コクのあるグルメなミックス」に使いましょう。満足感が10倍は違うはずだ。

僕が今まで飲んできて、自信を持っておすすめできるコーヒー豆は別記事に、ランキング形式でまとめたので、おいしいコーヒー豆選びの参考になればうれしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。