スタバ

スタバのシロップ全種種を紹介!シロップ追加や変更・増量カスタマイズも解説

投稿日:2016年7月17日 更新日:


 

年間260回以上スターバックスコーヒーに通うマニアの山口が、スタバのシロップ全種種を紹介します!

また、シロップ追加や変更・増量カスタマイズについても解説しながら、それぞれのシロップにマッチしたドリンクを紹介していきます。

スタバのシロップは全部で9種類

スタバには全部で9種類のシロップがあります。

  • バニラシロップ
  • キャラメルシロップ
  • シンプルクラシックシロップ
  • アーモンドトフィーシロップ
  • モカシロップ
  • ホワイトモカシロップ
  • チャイシロップ
  • バレンシアシロップ(夏季限定)
  • ジンジャーシロップ(冬季限定)

※過去には「ヘーゼルナッツシロップ」もありましたが、現在は販売終了しています。

 

まずはシロップ全種類の味や、1ポンプ毎のカロリーなどを書いていきます!

※スタバではシロップが入った容器を1回押して注入することを「1ポンプ」といいます。

バニラシロップ(19Kcal)

バニラの風味を加えるシロップで、カロリーは1ポンプ19Kcalです。

バニラシロップはスタバシロップの中でも甘さ控えめで低カロリーです。

コーヒーやエスプレッソ類ドリンクに入れると、お互いの香りが引き立って、フレーバーコーヒーのような風味が感じられます。

 

【バニラシロップを使った代表的なドリンク】

キャラメルシロップ(19Kcal)

キャラメルの味と甘みが加えられるシロップで、カロリーは1ポンプ19Kcalです。

チョコレート味のソースやシロップと相性が良く、2つを組み合わせると高級感のある味わいが感じられます。

 

【キャラメルシロップを使った代表的なドリンク】

シンプルクラシックシロップ(21Kcal)

シンプルに甘みだけを加えられるシロップで、カロリーは1ポンプ21Kcalです。

ほとんどのティーラテに標準で入っています。

味はコンディメントバーに置いてあるガムシロップと変わりませんが、こちらは店員さんが入れてくれるので手間が省けます。

 

【キャラメルシロップを使った代表的なドリンク】

アーモンドトフィーシロップ(22Kcal)

アーモンドの香ばしい味を加えられるシロップで、カロリーは1ポンプ22Kcalです。

ヘーゼルナッツシロップと入れ替わりで2018年3月より登場しました。

フラペチーノだけでなくコーヒー類ドリンクに入れても、ほんのり甘みが付いて疲れた時にぴったりの味わいが楽しめます。

 

標準でアーモンドトフィーシロップを使っているレギュラーメニューは現在ないので、僕のおすすめドリンクを紹介します!

モカシロップ(48Kcal)

チョコレート味のシロップで、カロリーは1ポンプ48Kcalです。

スタバシロップの中でもカロリー高めで、ビターな甘みが感じられます。

多くのコーヒー類ドリンクや、フラペチーノを美味しくしてくれるシロップです。

 

【モカシロップを使った代表的なドリンク】

ホワイトモカシロップ(53Kcal)

ホワイトチョコレート味のシロップで、カロリーは1ポンプ53Kcalです。

濃厚でまろやかな甘みとコクを加えられる人気シロップで、スタバの新作ドリンクでも標準で使われることが多い。

 

ティーラテに入っているクラシックシロップを、ホワイトモカシロップに変更するカスタマイズが人気です。

また、抹茶クリームフラペチーノに入っているバニラシロップを、ホワイトモカシロップに変更するカスタマイズも人気です。

 

【ホワイトモカシロップを使った代表的なドリンク】

チャイシロップ(104Kcal)

生姜とシナモンが合わさったような甘辛いシロップで、カロリーはトールサイズのドリンクで104Kcalです。

チャイシロップはポンプでの注入ではなく、20ml量ってドリンクに入れます。

かなり甘いので、初めて試す時はライトシロップでのオーダーもおすすめ。

 

【チャイシロップを使った代表的なドリンク】

バレンシアシロップ(20Kcal)

夏季限定で毎年登場するオレンジの味のシロップで、カロリーは1ポンプ20Kcalです。

甘さ控えめで爽やかな味が加えられます。

フラペチーノだけでなく、コールドブリューコーヒーなどに入れても美味しく飲めます。

 

【バレンシアシロップと相性が良いドリンク】

ジンジャーシロップ

冬季限定で登場する生姜風味のシロップです。

甘くスパイシーな味で冷えた体を温めてくれる冬にぴったりのシロップです。

 

【ジンジャーシロップを使った代表的なドリンク】

ヘーゼルナッツシロップ(終売)

ヘーゼルナッツの香ばしい甘みが加えられるシロップで、カロリーは1ポンプ20Kcalです。

2018年3月よりメニューから消えて、代わりに「アーモンドトフィーシロップ」が登場しました。

しかし、今でも在庫が残っている店舗では飲めるので、注文の際に店員さんに聞いてみてください。

 

シロップ追加のカスタマイズ(+50円)

ここまで紹介してきたシロップは、全てのドリンクに+50円で追加するカスタマイズが可能です。

※お気に入りのドリンクにシロップなどを追加して、自分だけのオリジナルドリンクを作ることを「カスタマイズ」と言います。

 

シロップ1種類の追加につき50円加算されます。

例えば、スターバックスラテキャラメルシロップを追加する場合は+50円

スターバックスラテにキャラメルシロップバニラシロップを追加する場合は+100円となります。

シロップ変更のカスタマイズ(無料)

元からシロップが入っている「キャラメルマキアート」などのドリンクは、シロップの種類を変更する無料カスタマイズが可能。

例えば、キャラメルマキアートにはバニラシロップが入っていますが、これをアーモンドトフィーシロップに無料で変更できます。

シロップ増量や減量のカスタマイズ(無料)

スタバでは、ドリンクに入っているシロップを2倍に増量する無料カスタマイズが可能です。

もちろん、1.5倍や、もっと細かい分量で増量することも可能です。

反対にシロップを減らす無料カスタマイズも可能です。

 

例えば、シロップを抜いた「ノンファットミルク抹茶クリームフラペチーノ」は、甘さもカロリーも控えめで、さっぱりと飲めるため多くのファンに支持されている人気ドリンクです。


▲ノンファットミルク抹茶クリームフラペチーノ

また、甘みが強い各種ティーラテをシロップ抜きでオーダーするのも、今では定番カスタマイズになりつつあります。


▲ノンシロップ ほうじ茶ティーラテ

スタバの甘いドリンクも、引き算のカスタマイズをすることで美味しく飲めることが多いのです。

 

さて、スタバでシロップ増量や減量のカスタマイズをする時は、

  • シロップは多め
  • シロップ少なめ
  • シロップなし

とオーダーすればOKです!

また、「シロップ多め」や「シロップ少なめ」を

  • エクストラシロップ(多め)
  • ライトシロップ(少なめ)
  • ノンシロップ(なし)

とオーダーしてもOKです!

まとめ

さて、今回はスタバのシロップ全種類を紹介しながら、それぞれの味やカロリー、相性の良いドリンクについても触れてきました。

スタバには豊富なカスタマイズアイテムがありますが、シロップ追加や変更はもっともポピュラーなカスタマイズです。

シンプルな注文でドリンクの味を変えることができるので、スタバ初心者でも試しやすいかと思います!

毎日スタバで飲むドリンクにシロップを加えて、いつもと違う気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

スタバにはレギュラードリンクの他に「白桃フラペチーノ」や「ゴディバフラペチーノ」などの「裏メニュー」と呼ばれるドリンクがたくさんあります。

スタバ初心者でも簡単に楽しめるように、頼み方やカロリーなどもまとめたので、レジで並んでいる時にどうぞ!

スタバ全ドリンクメニューのカロリーやカスタマイズ、値段一覧|新作ドリンク情報

 

スタバではシロップカスタマイズの他に、ミルクを変更したりソースを追加したりと、多くのカスタマイズが楽しめます。

そんなカスタマイズを無料と有料でわかりやすく一覧表にまとめたので、レジで並んでいる時にどうぞ!

スタバのカスタマイズ一覧!無料から100円の有料メニューまで完全網羅【最新】


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。