スタバ

米スタバ店舗が大量閉鎖。その理由は?

投稿日:


 

米スタバは2019年にアメリカにある150の店舗を閉鎖する計画を発表した。

閉鎖店舗の数は例年の3倍に上るという。

アメリカでは高級路線のコーヒー店と、低価格コーヒーを提供するマクドナルドなどファストフード店の間でスタバは苦戦を強いられている。

スタバは米国市場での停滞が足を引っ張り、18年4~6月期の世界既存店売上高は前年同期比1%増にとどまるとの厳しい見通しを示していた。

この結果を受けて、店舗の整理に加え、いま成長している紅茶や健康志向に対応した新ドリンクメニューの投入で、ファンの好みの急速な変化に対応するほか、スタバ公式アプリの使い勝手を向上させるなどで集客増につなげる考えだ。

また、外部のコンサルタントと連携して迅速な経費削減を目指すという。

日本のスタバは大丈夫?

店舗の飽和で苦境にあえぐ米国のスタバ。一方で日本のスタバは大丈夫なのだろうか?

日本でスタバを展開するスターバックスコーヒージャパンは、1995年に米スタバ本社と日本のサザビーリーグが出資するかたちで設立した。

翌96年に東京・銀座に第1号店をオープン。

03年に500店、13年に1000店を達成し順調に店舗数を伸ばしていった。

店舗数は現在も増加傾向が続いており、18年3月末時点で1342店を展開している。

アメリカでは、スタバとマクドナルドの店舗数は同じくらい。

そのため、スタバは日本でもマクドナルドと同程度の店舗数を展開できる可能性がありそうだ。

マクドナルドは日本で現在およそ2900店を展開しており、スタバも同程度まで拡大したいところだろう。

ただ、近年はスタバの顧客満足度の低下が指摘されており、予断を許さない。

日本生産性本部サービス産業生産性協議会の「日本版顧客満足度指数 カフェ部門」で、14年度に顧客満足度1位を達成したが、15年度は3位。

16年度は4位に後退し、17年度は上位4社から外れてしまった。

店舗の混雑や、値段の高さが影響したとみられている。

顧客満足度では、ドトールコーヒーショップが優位に立っている。

15年度にスタバから1位の座を奪ったのがドトールだ。

17年度まで3年連続で1位を獲得している。値段の安さと味のバランスが人気の理由だ。

全国の店舗数は18年5月末時点で1122店となっており、スタバに引けを取らない店舗数を誇っている。

スタバのライバルはコンビニ?

スタバの前に今後、さらに大きく立ちはだかりそうなのがコンビニと言われている。

マクドナルドが08年に豆のグレードを上げて「100円コーヒー」を販売したところ、約1カ月半で前年度の4分の1に当たる3000万杯を売る大ヒット商品となったことを受け、コンビニ各社が1杯100~180円の淹れたてコーヒーの販売を一斉に開始。

また、コンビニは近年イートインコーナーを充実させている。

イートインコーナーでコーヒーを飲むことができるため、「コンビニのカフェ化」が急速に進行している状況だ。

コンビニは大手3社だけで全国に約5万店を展開しており、その実力と将来性に鑑みると、スタバといえども過小評価はできない存在と言われている。

個人的には、スタバが「今後獲得していきたい客層」と、コンビニでは客層が全く異なるため、ライバルにはならないと見ている。

スタバは今後さらにフラペチーノのクオリティを上げ、フードメニューも高級路線の商品を続々と投入していくことで客単価を上げる。

200円台のドーナツは使う油などの原材料の変更を理由に全て300円台に値上げ、サラダラップも少しサイズを大きくして400〜500円台に値上げ。

新作フラペチーノも凝った作りにして600円台での販売が普通になるだろう。

むしろマクドナルドなどのファーストフードにとって、今後セブンイレブンのイートインスペースは驚異的な存在になるだろう。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。