スタバ

スタバ【ストロー廃止】フラペチーノは紙ストローで提供。新しいフタはこれ!

投稿日:


 

年間260回以上スタバに通うフラペチーノ山口が、スタバの【ストロー廃止】についてや、フラペチーノの紙ストロー提供、新しいフタなどについて書いていきます。

いつからストロー廃止?

2020年までに全世界のスタバ店舗で、使い捨てプラスチックストローを廃止予定。

全世界のスタバで使っているストローの本数

推計10億本のプラスチック製ストローを全世界のスタバで毎年使っています。

プラスチック製ストローの代わりは?

プラスチック製ストローの代わりですが、

  • 紙製ストロー
  • 飲み口の付いたプラスチックのふた

上記2点です。

フラペチーノ類メニューは紙製ストローを付けて提供すると、スターバックスより発表がありました。

そのほかのドリンクは飲み口の付いた新しいふたでの提供となります。

※希望があれば紙製ストローで提供してもらえます。

紙製ストローの使い心地は?

紙製ストローは韓国スタバをはじめ海外スタバでは既に導入がスタート。

実際に使ったファンのコメントは次のとおり。

 

5分ほど経過すると紙ストローがふにゃふにゃになって飲みにくいというコメントが見られます。

また、ドリンクを混ぜる際、紙ストローで混ぜてしまうと強度が低いため、ふにゃふにゃになるとの口コミもあります。

日本での紙ストロー導入時期は?

日本での紙ストロー導入時期ですが、スターバックスジャパンからの正式発表はまだありません。

しかし、韓国スタバでは2018年8月より使い捨てカップを廃止しており、すでに紙製ストローを導入。

そのため、日本でもそう遠くない時期に紙製ストローの導入がスタートすると予想されます。

ちなみに、インドのスターバックスでも使い捨てカップを廃止、紙製ストローを導入。

さらに、ドリンクをテイクアウトするにはタンブラーを持ち込む必要があります。

新しいふたはコレ!

プラスチックストローの代わりの「飲み口の付いたプラスチックのふた」ですが、

ムースフォームラテ

を注文すると付いてくるフタのことです。

こちらもストローと同じくプラスチック製ですが、リサイクル可能なプラスチックであるとスターバックスは発表しています。

こちらの新しいふたも順次、各ドリンク提供時に使用されると予想されます。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。