カフェ

高島屋珈琲に初訪問

投稿日:2017年7月6日 更新日:


本日3件目は北海道北斗市にある「高島屋珈琲」さんです。以前函館のPIER H TABLEさんに訪れた際に、おいしいとオススメされたお店です。(オススメされた店舗は宝来町のほうでしたが、近くに寄ったため北斗市のお店へ訪問)

お店は通りからは少しわかりにくい場所にありますが、この近辺に珈琲と書かれたのぼりがあれば、そこが高島屋珈琲さんです。のぼりのある細い路地を車で入ってOKとのことなので、店舗前に停めちゃいましょう。

▲店舗入り口

今回は珈琲を味わうこと、高島さんとのお話に夢中で(笑)店内の写真ほとんど撮っていませんが、レトロな雰囲気が好きな方にはオススメの場所です。

土日はデートに使うお客さんも多いそうで、ゆったりとくつろげるソファー席やテーブル席、広々としたカウンター席合わせて何席あるのか、ちょっと把握できないくらい広いです。

入店時にお好きな席へどうぞ、と言われましたがどこに座ろうか迷いました(笑)迷った挙句カウンターに座り、最初はエチオピア カッファG1をいただきます。

▲イルガチェフェが品切れだったため、カッファを注文。

メニューに載っていない豆もカウンターに並んでいて、かなりの種類を扱っています。

▲カウンターの後ろにはブルーマウンテンブレンドやトミオ・フクダも。

こちらのお店では基本的に焙煎度合いが深めとのこと。

▲エチオピア カッファG1

カッファG1は、コーヒー発祥の地とも言われるエチオピアのKAFFAにて、一番最初に発見されたコーヒー豆だそうです。COFFEEという語源はカッファから来ているとのこと。早速いただきます。

高島屋珈琲さんは炭火焙煎とのことでしたが、コーヒーの香りがここ最近飲んでいたものとは違い野生的で、香りから味が想像できるというのでしょうか。深みを嗅覚で感じ取ることができます。

味わいもやはり深く濃厚ですが苦味がやさしく、ダークチョコレートのような風味を感じました。おいしいです。

次にブラジルのトミオ・フクダDOT(ドライ オン ツリー)をいただきますが、カッファに比べてあっさりしてはいるが、深いコクとやさしい苦味、そして甘みの一体感が僕は好きでした。

また、高島さんがハリオとカリタのドリッパーでトミオ・フクダをそれぞれ飲み比べをさせてくれたのですが、味が全然違ったのは面白かったです。僕は濃厚な味わいを楽しめるカリタのドリッパーが好みでした。

ごちそうさまでした!

次回は、飲みたいコーヒーが多すぎて指定できませんが(笑)来週また伺いたいと思います。

 

今回は、こちらのお店の記事でした。

高島屋珈琲 ↓ネット通販でも豆が購入できます。

https://takashimaya.thebase.in/

https://ja-jp.facebook.com/takashimaya.coffee/

住所:北海道北斗市本郷2-28-16

営業時間:12:00~17:00(日曜営業)

定休日:なし

駐車場:店舗前に3台ほど可

 


 _________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆5選

スタバで使える高還元率のおすすめクレジットカードは?|スタバカードにチャージしてポイント二重取りが最強です

スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットを徹底解説


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ad




人気記事

こんな記事も読まれています

プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓