カフェ

高島屋珈琲のトラジャ カロシ

今回は、北斗市にある自家焙煎を行っているコーヒーの専門店「高島屋珈琲」さんで飲んだトラジャカロシについての記事です。

インドネシアの中心に位置するスラウェシ島で栽培されるトラジャカロシは、上品な香りと豊かな味わいから「東インドの女王」と呼ばれています。

またインドネシアのアラビカ種のなかでも最高級品と言われていて、生産量も少ないため希少価値が高いです。

▲トラジャカロシ ¥700

直火焙煎された豆がミルで挽かれ、高島さんの手で丁寧にハンドドリップされます。ドリップしている間にも、スモーキーな香りが広がります。とてもいい香りで僕は好きです。

口に含むと強い苦味が口に広がるのですが、この苦味が尖っていなくて、優しい口当たりなのが印象的です。苦味の中に甘さがあるからなのでしょう。

コクも非常に深く飲みごたえのあるコーヒーです。やはり東インドの女王と呼ばれるトラジャカロシは伊達じゃなく、おいしいです。

酸味はほとんど感じられず、舌や喉に苦味がへばりつくような感じもありません。苦みは強いが飲みやすいコーヒーだと感じました。コーヒーが苦手な人でも飲めてしまう場合があるそうです。

同じインドネシア産で有名なマンデリンと比較するとお値段は少し高めですが、その価値は十分にあると僕は思います。トラジャカロシは、苦味のあるコーヒーが大好きだという方に飲んでもらいたいです。

今日もこれから、高島屋珈琲さんで何かいただく予定なので、また記事にしていきたいと思います。

 

高島屋珈琲

https://takashimaya.thebase.in/

https://ja-jp.facebook.com/takashimaya.coffee/

住所:
北海道北斗市本郷2-28-16
営業時間:
12:00~17:00(日曜営業)
定休日:
なし

-カフェ

© 2021 Y.(山口的おいしいコーヒーブログ) Powered by AFFINGER5