コーヒー豆のレビュー

コーヒー豆通販レビュー|豆香洞(とうかどう)ブレンド中深煎り

2021年2月21日

コーヒーブロガー山口です。
@yamaguchicoffee

32,400円のブルーマウンテンなど1,000種類以上の通販コーヒー豆を飲む僕が、「豆香洞」のコーヒー豆「ブレンド中深煎り」を飲んだ正直な感想を述べます。

福岡にある「豆香洞コーヒー(とうかどう)」のオーナーで焙煎でもある後藤直紀氏は、焙煎技術を競い合う「World Coffee Roasting Championship(ワールド ロースティング チャンピオンシップ) 2013」 に日本代表として出場し、優勝された実績をお持ちの方です。

4年前に豆香洞のスマトラ マンデリン タノバタックというコーヒー豆のレビューをしたのですが、ブログのコメント欄から豆香洞のレビューを求めるコメントをいただいたので、再度注文してみました。

僕が先日レビューした沖縄の豆ポレポレに続き、世界レベルの焙煎士が手がけたコーヒー豆なので、飲むのが楽しみです。

同じコーヒー豆でも抽出器具によって異なる味が楽しめるため、このブログでは次の器具で飲んだ感想をレビューしています。

  • ペーパードリップ(HARIO V60)
  • フレンチプレス(HARIOカフェプレス)
  • ネルドリップ(HARIOドリップポット ウッドネック)

コーヒー豆通販レビュー|豆香洞ブレンド中深煎り

豆香洞(とうかどう)ブレンド中深煎り

豆香洞のコーヒー豆「ブレンド中深煎り」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

豆香洞の看板ブレンドです。毎日飲んでも飲み飽きないように苦味、酸味、香り、コクのバランスときれいなあと口重視して作り上げました。ブラックはもちろん砂糖やミルクにも良く合います。

コーヒー豆通販【豆香洞コーヒー】職人こだわりの手作り珈琲店

値段・容量

200g 1,252円(税込)

※100gあたり626円

コーヒー豆の状態

豆香洞ブレンドのコーヒー豆の状態

豆香洞のブレンド中深煎りは粒もきれいに揃っており、割れ、かけ、虫食いなどの欠点豆も見られません。

コーヒー豆の状態は良好です。

焙煎度合い

シティロースト

※焙煎度合いについて、こちらで説明しています。

コーヒー豆のローストや焙煎度合い・焙煎方式ごとの味の違いを解説

コーヒー豆の種類

豆香洞ブレンドの配合は公開されていません。

コーヒー豆の種類ごとの味の違いは、こちらで説明しています。

コーヒー豆の種類や味の違い|お気に入りの豆を探すたった1つのコツ

豆香洞ブレンドを5段階評価

ペーパードリップ、フレンチプレス、ネルドリップ等で抽出

ペーパードリップ・ネルドリップ・フレンチプレスの写真

ペーパードリップ、フレンチプレス、ネルドリップの一般的な器具を3つ用意し、コーヒー豆に適した器具で飲んでいきます。

※ネルフィルターは山形県コフィアの特製フィルターを使用。

ペーパードリップ

豆香洞ブレンドにお湯を注いでいくと、ブクブクと炭酸ガスを放出しながらコーヒー粉がふわっとクリーミィに膨らみます。

コーヒー豆が新鮮であることを示しています。

豆香洞ブレンドをペーパードリップ

豆香洞ブレンドをペーパードリップして飲むと、スッキリとした苦味と酸味、ほどよいコクが感じられます。

雑味がなく飲みやすいコーヒー豆で、毎日飲みたくなるような癖のない美味しさが特徴的です。

次はフレンチプレスで抽出して飲んでみます。

フレンチプレス

豆香洞ブレンドをフレンチプレスで抽出

豆香洞ブレンドをフレンチプレスで飲むと、ナッツのような風味となめらかな口当たりが印象的なコーヒーに仕上がりました。

ペーパードリップよりも甘みが強く感じられ、酸味や苦味が控えめに感じられます。

豆香洞のほかのコーヒー豆のレビューはこちらもどうぞ。

コーヒー豆通販レビュー|豆香洞(とうかどう)エチオピア ハイレセラシエ

豆香洞(とうかどう)の店舗情報

豆香洞(とうかどう)の店舗情報

豆香洞コーヒー(とうかどう)オンラインショップはこちら

  • 白木原本店
  • 〒816-0943 福岡県大野城市白木原3-3-1
    TEL: 092-502-5033

  • 博多リバレインモール店
  • 〒812-0027 福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモールB2F
    TEL: 092-260-9432


© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5