コーヒー豆の通販レビュー

UCCマイコーヒースタイルの豆「ツムギ」を飲んだ感想を正直に述べる

投稿日:2019年7月9日 更新日:


 

32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、UCCマイコーヒースタイル定期お届け便のブレンド豆「ツムギ」はおすすめできるかコーヒー豆なのか?

飲んだ感想を正直に述べます。

同じコーヒー豆でも抽出器具によって味が変わるため、もっともポピュラーな「ペーパードリップ」、豆本来の風味を引き出す「コーヒープレス」、まろやかな旨味を引き出す「ネルドリップ」3つの味をレビューします。

UCCマイコーヒースタイルとは

「コーヒーが好きだけど、どの豆を選べば良いのかわからない」という、よくある悩みに答えたUCC上島珈琲の新しいサービス。

最初に送られてくるティスティング用コーヒーの感想をスマホで回答すると、好みに合わせたコーヒー豆が毎月届きます。

ここまでは、よくある「コーヒー豆の定期便サービス」ですが、シロカの全自動コーヒーメーカーも同時レンタルできるのが魅力だったので、今回注文してみました。

UCCマイコーヒースタイルについて、詳しくは下記も合わせてどうぞ。

関連:UCC×シロカの全自動コーヒーメーカーが月額2,580円でレンタル可能に。僕なりの使い道を考えてみました。

UCCのコーヒー豆「ツムギ」

ツムギは、UCCマイスタイルコーヒーで次のように紹介されている。

マンデリンと深煎り豆が絶妙にブレンドされ、苦味の中にも甘さを感じるブレンドです。コーヒースタイリストがこのブレンドから感じ取ったフレーバーは、「プルーン」「カカオ」「セサミ」。あなたは、どんなフレーバーを感じるでしょうか?ぜひ、リラックスしながら、じっくりと味わってみてください。

出典:UCC上島珈琲マイコーヒースタイル

値段(税抜)

527円

容量

60g(4〜5杯分)

コーヒー豆の種類

  • マンデリン
  • ブラジル

焙煎度合い

  • マンデリン(フレンチロースト)
  • ブラジル(シティ〜フルシティロースト)

※豆ごとに適した焙煎を行ってからブレンドする「アフターミックス」を採用。

豆の状態

ツムギを開封すると、割れ、欠け、虫食いなどの「欠点豆」が混入している。

欠点豆と良豆を一緒に抽出すると、焦げた風味が混じってしまうので手作業で取り除く。

味・香りを5段階でみる

ツムギを3つのコーヒー器具で飲み比べ


▲左から

  • ハリオV60ドリッパー
  • ハリオ ウッドネック ネルドリッパー
    (フィルターはマルタ製の4枚接ぎ。一人用を使用)
  • ハリオ カフェプレス スリム

はじめにペーパードリップの定番である「ハリオV60ドリッパー」で抽出して飲んで、味の変化がしっかり感じられる2つの器具で飲んでいく。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:15g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒
  • 使うコーヒーポット:カリタ製ホーローポット

ハリオV60ドリッパー

中挽きにしたUCCのコーヒー豆「ツムギ」を、ハリオV60ドリッパーにセットして、お湯を静かに注いでいく。

湯に触れたコーヒー粉は、残念ながらドーム状には膨らまない。焙煎してから時間が経っているように見受けられる。

さっそく一口飲んでみると、ブラジル特有のシャープな苦味と、マンデリンのほのかな甘みと酸味が上手に重なっており、バランスの取れた味わいが感じられる。

ほどよいコクや旨みも感じられるので、ミルクを入れて飲んでもコーヒーの味が負ける事はなさそうだ。

コーヒー豆の鮮度が良ければ、より香ばしい風味が感じられたのではないだろうか。

次はコーヒープレスで淹れてみよう。

コーヒープレス

粗挽きにしたツムギをコーヒープレスで抽出して飲むと、苦味は控えめになり、酸味が中心の味わいに仕上がった。

豆本来のクルミのような香りも感じられ、ハリオV60ドリッパーでの抽出時よりもスッキリとキレが良く、クリアな味わいが感じられる。

ただし、全体的に味がスッキリした分、甘みや旨みはペーパードリップでの抽出時に軍配が上がる。

最後にネルドリップして飲んでみよう。

ネルドリップ

再び粗挽きにしたツムギをネルドリップして飲むと、スッキリとした苦味のなかに、ほのかな甘みが感じられる。

コーヒーの温度が下がってくると、酸味が徐々に感じられるようになり、クルミのような香りが立つ。

ネルドリップは、フィルターの手入れが必要だったり、定期的に交換も必要なので少し面倒に感じるかも知れないが、今回のツムギのように一杯で様々な味わいが楽しめる点が個人的には面白いと感じた。

まとめ

さて、今回はUCCマイコーヒースタイルコーヒー豆「ツムギ」を3つの抽出方法で飲んでみた。

感想を簡単にまとめると、

  • ペーパードリップでは濃厚な苦味が中心の味わいなので、カフェオレにするならペーパードリップがおすすめ。
  • ネルドリップでは、時間経過と共に表情豊かな味わいが楽しめて面白かった。
  • クルミのような風味を楽しむならコーヒープレス

【おすすめできるコーヒー豆か?】

個人的には別のコーヒー豆をおすすめしたい。

今回飲んだツムギは、100gあたりに換算すると880円(税抜)。送料を含んでいるとはいえ、高級コーヒー豆の価格帯といえる。

この価格であれば、より鮮度が高く、欠点豆も一切入っていない上質なコーヒー豆をおすすめしたい。

僕がこれまで飲んできた美味しいコーヒー豆をランキングにしたので、自分用のコーヒーを選ぶ際はもちろん、コーヒーギフトを選ぶ際の参考にもどうぞ。

コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


 _________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆5選

スタバで使える高還元率のおすすめクレジットカードは?|スタバカードにチャージしてポイント二重取りが最強です

スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットを徹底解説

ad




人気記事

こんな記事も読まれています

プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓