コーヒー豆のレビュー

加藤珈琲店の人気コーヒー豆「ゴールデンブレンド」飲んだ正直な感想

2021年1月24日

コーヒーブロガー山口です。
@yamaguchicoffee

32,400円のブルーマウンテンなど1,000種類以上の通販コーヒー豆を飲む僕が、加藤珈琲店の人気コーヒー豆「ゴールデンブレンド」を飲んだので、正直な感想を述べます。

加藤珈琲店は、YAHOOのベストストアアワード ドリンク部門3位受賞という実績があり、楽天では13年連続でショップ・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

▲楽天でコーヒー豆を探したことがある方なら、この画面を目にしたことをあるかと思います。澤井珈琲と並んで人気のコーヒー豆ショップです。

今回は、加藤珈琲店で一番人気のゴールデンブレンドをレビューしますが、同じコーヒー豆でも抽出器具によって味が変わるため、

  • ペーパードリップ
  • フレンチプレス
  • ネルドリップ

上記3つの抽出方法で飲んだ感想をレビューします。

加藤珈琲店の人気コーヒー豆「ゴールデンブレンド」

加藤珈琲店の人気コーヒー豆「ゴールデンブレンド」

加藤珈琲店の人気コーヒー豆「ゴールデンブレンド」は公式ホームページで次のように紹介されています。

世界規格Qグレードスペシャルティ珈琲豆を贅沢に使用したブレンド珈琲豆作りました。口当たりマイルド、コクと甘みと酸味が調和した味わいを是非、お試しください。加藤珈琲店

値段・容量

200g 432円(税込)
※100gあたり216円

コーヒー豆の状態

加藤珈琲店のゴールデンブレンドを開封すると、焼きムラが少々見られ、割れたり欠けたりしている欠点豆も含まれています。

しかし、断面が焦げ付いたりしていなければ、一緒にコーヒーミルで挽いてしまって構いません。味はほとんど変わらないためです。

焙煎度合い

シティロースト

※焙煎度合いについて、こちらで説明しています。

コーヒー豆のローストや焙煎度合い・焙煎方式ごとの味の違いを解説

コーヒー豆の種類

詳しいコーヒー豆の種類や産地は公開されていません。

コーヒー豆の種類ごとの味の違いは、こちらで説明しています。

コーヒー豆の種類や味の違い|お気に入りの豆を探すたった1つのコツ

ゴールデンブレンドを5段階評価

3つのコーヒー器具で飲み比べ

ペーパードリップ、フレンチプレス、ネルドリップの代表的な器具を3つ厳選し、順番に飲んでゆく。

※ネルフィルターは山形県コフィアの特製フィルターを使用。

ペーパードリップ

お湯を注いでもコーヒー粉は膨らまないので、購入時期によって鮮度が異なるのだと思います。

今回は新鮮ではないコーヒー豆が届いたようです。値段が値段なのであまり贅沢はいえません。

加藤珈琲店のゴールデンブレンドをペーパードリップで飲むと、柔らかい酸味とほどよい苦味が感じられ、爽やかな印象を受けます。

僕の本当の正直な感想は「思ったよりまずくない、ちゃんと飲めるコーヒー」です。まずいとの口コミや評判もありますが、この値段を考えたら全然アリでしょう。
本音を言うと、このコーヒー豆には全く期待していなかったのですが、実際はクセのない味わいで飲みやすく、楽天で多くの人に支持されている理由も納得できます。

「ドトールのブレンドコーヒー(マイルドブレンド)に近い味わい」といえば伝わるでしょうか。

香りの良さは直火焙煎のドトールに軍配が上がりますが、ゴールデンブレンドも悪くない。

このクオリティで200g432円(100gあたり216円)はお得でしょう。

スーパーなどで買える市販のコーヒー豆をお求めなら、ゴールデンブレンドを一度試してみても良いと思います。

もし、酸味が思ったより強いと感じたら、ご自宅にある「お塩」をひとつまみ入れて飲むことをおすすめします。

たったこれだけで酸味が和らぎ、飲みやすくなります。

次はフレンチプレスで抽出して飲んでみます。

フレンチプレス

ゴールデンブレンドをフレンチプレスで飲むと、キレの良い酸味が中心の味わいで、苦味はかなり控えめになります。

酸味の強いコーヒーが好きならフレンチプレスで抽出するのがおすすめです。

最後にネルドリップして飲んでみます。

ネルドリップ

ゴールデンブレンドをネルドリップすると強い酸味が抑えられ、苦味と酸味のバランスが整った味わいが楽しめます。

僕は苦いコーヒーが好きなのですが、今回はネルドリップしたゴールデンブレンドがもっとも飲みやすいと感じました。

ネルドリップする環境がない方や、ネルドリップは手間だし面倒だという方は、ネルドリップに味が近いペーパードリップで飲むのがおすすめです。

まとめ

さて、今回は「加藤珈琲店のゴールデンブレンドを飲んだ感想を正直に述べる」というテーマでした。

ドトールのブレンドコーヒーを思わせる酸味が感じられ、日本人好みのコーヒーという印象。

200gで432円は非常にコスパが良いです。味の美味しさよりも、量とコスパを重視する方におすすめのコーヒー豆です。

なお、いずれの飲み方でもコクは控えめなので、ミルクを入れてカフェオレにするよりも、そのままブラックで飲むのが良いかと思います。

このブログでは日本全国のコーヒー豆をレビューしており、とくに美味しかったコーヒー豆を下記で紹介しています。


  • この記事を書いた人

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)

日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士。1,000種以上の通販コーヒーを飲む。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。TV出演。

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5