商品レビューポリシー

「山口的おいしいコーヒーブログ」の商品レビューポリシーをまとめました。

ブログをご覧の皆様の購入の一助となり、日本のコーヒー市場を少しでも盛り上げることができればと思い、厳しいポリシーのもとレビューを行っています。

商品レビューポリシー

当サイトでは、1000種類以上の通販コーヒー豆を購入し、実際に試飲した上でレビューをしています。

特定の小売店やブランドに依存するような選び方はしておらず、国内外問わずさまざまなコーヒーを実飲してレビューしています。

一般的な日本のコーヒー市場には出回っていないような企業向けの商品レビューも実施しています。

 

レビュー方法

▼抽出環境・条件

  • 抽出方法:ペーパードリップ
  • 豆の挽き具合:中挽き
  • 使用ミル:フジローヤル R-220 みるっこ
  • コーヒー豆の量:15g
  • 抽出量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:60秒
  • 抽出時間:60秒(合計120秒)

 

このブログでは、コーヒーの味わい、香りの強さを次の5つに分けてスコアリングしています。

  1. 苦味
  2. 酸味
  3. 甘み
  4. コク
  5. 香り

上記5つのうち、品質の検証項目は次の3点です。これらの総合点で順位付けをしています。

  1. 甘みの強さ
  2. 香りの強さ
  3. コク(旨味)の強さ

この3つの項目と、コスパの良さを考慮しています。

例えば、次のようなレビュー結果の場合、ランキングはこのようになります。

1位:マンデリン 500円 香り4 コク4 甘み3

2位:マンデリン 800円 香り4 コク4 甘み3

味がそんなに変わらないなら値段が安いコーヒー豆を評価する」という考え方です。

 

3つの検証項目

甘みの強さなどは、次のようにスコアリングしています。

1.甘みの強さ

商品レビューポリシー

コーヒーの味は生豆の品質(土壌、標高、精製)と、生豆を加熱する「焙煎」という工程によって決まります。

高品質なコーヒーは冷めても雑味がなく、お米のような「優しい甘味」を感じられるのが特徴です。

このブログでは、淹れたばかりの味だけでなく25℃(常温)まで冷ましたときの味を検証し、冷めた時にも甘みが感じられるコーヒーを「美味しいコーヒー」と定義しています。

来客時など、ゆっくりとコーヒーを飲むようなシーンでは、冷めたコーヒーを口にすることが多いかと思います。

そんな時でも、甘みを感じられて「おいしい」と思えるようなコーヒーを選んでいます。

 

2.香りが強い

商品レビューポリシー

コーヒーの香りが立ちやすい85度のお湯を使用してレビューしています。

同じ値段のコーヒーでも飲み比べてみると、香りが強いものと控えめなものがあります。

香りが強いものは、コーヒーを飲み込んだ後に感じられる「余韻」を感じやすい傾向にあります。

このブログでは、香りが強い(風味がある)コーヒー豆を高く評価しています。

 

3.コク(旨味)の強さ

香りと同じく、同じ値段のコーヒーでも、実際に飲み比べてみると「コク(旨味)」の強さに差があることも多々あります。

このブログでは、コク(旨味がある)コーヒー豆を高く評価しています。

 

レビューに使用する器具

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX R-220

フジローヤル みるっこR-220。粒度の均一さ、静音性ともに優れた名機。

コーヒーのレビューに使用する器具

三洋産業CAFEC スリーフォードリッパー&アバカフィルター

スリーフォードリッパー

三洋産業CAFEC スリーフォードリッパー」は小さな1つ穴のタイプで、お湯が一定の速度で落ちるようになっています。

メリタのアロマフィルターと同じく、誰が淹れても美味しくコーヒーが作れる構造です。

コーヒーを淹れる人の技術に味が左右されないのでレビュー向きです。

プロも愛用しますが、初心者の方にもおすすめのドリッパーです。

アバカ ペーパーフィルター

このフィルターは特殊な「両面クレープ加工」が施されています。

通常のペーパーは「片面クレープ」ですが、CAFECのアバカペーパーは独自の抄紙技術によって作られたフィルターです。

簡単にいうと、ペーパー自体がリブの役割を果たします。

 

さらに、ほぼ全てのコーヒー微粉がクレープ上に付着し、コーヒーの中に入り込まないため濁りのないクリーンなコーヒーになります。

使うコーヒーポットは琺瑯製のケトル「月兎印ホーローポット」。

金属の臭いがお湯に移らないため、豆本来の味わいだけを感じられます。

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX R-220

使用するコーヒーミルは、フジローヤルの小型高性能ミル「みるっこDX R-220」。

微粉が混じりにくい設計で、「突き刺さるような味」が少なくなります。

豆の挽き具合はペーパードリップに適した「中挽き」に設定しています。

 

今まで飲んだコーヒー豆のレビューをこちらにまとめています。

【2023年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介

© 2022 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5