コーヒー器具・グッズ

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

  1. HOME >
  2. コーヒー器具・グッズ >

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

ORIGAMIドリッパーエアー(Air)のSサイズと樹脂製ホルダーを実際に使ったのでレビューします。オリガミドリッパーはハリオなどで使える円錐形ペーパーフィルターと、カリタのウェーブドリッパーなどで使えるフィルターどちらも使えます。

ペーパードリップにおいては紙の質と形状で味が全く別のものに変わります。「どっちが良いのだろう?」と悩んだので、両方購入してペーパーごとの味の違いを比較しました。

同じように悩む人の参考になればと思います。

さらに、同じ円錐形フィルターを使って、ハリオV60との味の違いも比較しました。(ORIGAMIドリッパーとポピュラーなドリッパーとで味を比較する)

結論から言うと、ORIGAMIドリッパーエアー+円錐形フィルター=最もクリアなコーヒーの味になります。味のバランスが良い。

ORIGAMIドリッパーエアー+ウェーブ型フィルター=酸味が強くなります。(どちらもエチオピア イルガチェフェG1を使用。)

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士/バリスタ

TV出演。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

ORIGAMIドリッパー エアー(Air)のデメリット、メリットを先に述べる

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

ORIGAMIドリッパー エアー(Air)はAS樹脂製。最大の特徴は圧倒的な軽さ。従来の陶磁器ドリッパーに比べて約50%軽量化されています。実際に持ち上げた感想はハリオV60などと同じくらいです。

まず、ORIGAMIドリッパーの欠点を述べます。

ORIGAMIドリッパーのデメリット

  • ハンドル(持ち手)がないため粉を捨てにくい。何かと扱いにくい。
  • 洗った後、水滴をきれいに拭き取るのに時間がかかる(波の間に入った水滴を拭き取りにくい)

素早いオペレーションが求められる現場での使用には向かない印象です。

ORIGAMIドリッパーのメリット(良いところ)

  • おしゃれなデザイン
  • スタッキングして収納できる
  • ORIGAMIの円錐形フィルターを使うと味がすっきりする

ORIGAMIの円錐形フィルターで落としたコーヒーの味、雑味が全く無い。美味しいです。

 

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

ORIGAMIドリッパーは重ねて収納できるので、小規模カフェなど1種類のドリッパーを複数使うなら、かなり便利です。重ねた時の見た目が美しいのも特徴的です。

 

ORIGAMIドリッパーエアーは2タイプのフィルターが使える。味の違いを検証

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

ORIGAMIドリッパーエアーは2タイプのフィルターが使えます。見た目的にしっくりくるのはカリタのウェーブフィルターです。

円錐形だと空間が多めに確保されるので、コーヒーが落ちるスピードが早そうです。実際にエチオピアのイルガチェフェG1(中浅煎り)を使って検証します。

このコーヒー豆はフルーティーな酸味と華やかな香りが特徴です。2分で抽出します。(蒸らし1分+抽出1分=計2分)

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較 【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

ORIGAMIの円錐形フィルターは抽出したコーヒーがまっすぐ下に向かって落ちていくのに対して、カリタのウェーブフィルターは水滴がポタポタと落ちるようにゆっくりとコーヒーが抽出されます。

予想通り円錐形フィルターの方が抽出スピードが速いので、クリアな味になるでしょう。

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

冒頭でお伝えした通り、円錐形フィルターは苦味と酸味のバランスが良く、すっきりとクリアな味わいです。特徴的な華やかな香りもしっかり感じられ、多くの人にとって飲みやすい味わいです。抽出時間はジャスト2分。

一方、ウェーブ型フィルターは2分30秒で抽出完了。円錐形フィルターよりも抽出に時間が30秒多くかかりました。出来上がったコーヒーを飲んでみると酸味と渋みが強く、飲みにくいです。

かなり味が強く出るので、抽出したコーヒーに加水して薄めるか、円錐形フィルターよりも少ない粉量で抽出することをおすすめします。

 

ORIGAMIドリッパーとHARIO V60ドリッパーで味を比較

そもそも、ORIGAMIドリッパーの味が気になる方も多いと思うので、ポピュラーな人気ドリッパー「HARIO V60」と連続抽出して味を比較します。

使うペーパーはどちらも「ORIGAMI Coffee Paper Filter」です。

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較 【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

改めて2つのドリッパーを見比べると、ORIGAMIドリッパーのマットな質感がおしゃれで高級感があります。

高さもハリオV60よりORIGAMIドリッパーの方が低く、ドリップしやすい印象です。(月兎印スリムポットを使用)

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

ハリオV60よりもORIGAMIの方が抽出スピードが早く、ハリオよりすっきりした味になります。

美味しさに関しては好みの問題ですが、僕はORIGAMIドリッパーの味が美味しいと感じました。

雑味が出ないので、コーヒーの味を構成する甘味、果実のようなフレーバー、苦味、コク、香ばしさなど、それぞれの輪郭がはっきりと感じられます。(立体感のある味になる)

いろんな味がしっかり感じられるので、いろんな味が楽しめる「スペシャルティコーヒー」の抽出に向いている印象です。

 

【おまけ】ORIGAMI Coffee Paper Filterは高品質だが割高

今回のレビューに使用した「ORIGAMI Coffee Paper Filter」は麻の繊維アバカ入りのペーパー。

シワが深く、十分な厚さがあります。三洋産業のアバカフィルターと比較すると、質感がかなり似ています。

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較 【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

厚さもほとんど同じです。内側の質感も似ています。

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

均一でキメ細かいクレープ加工が内側にも施されています。三洋産業アバカフィルターの品質の高さは、世界のトップバリスタ「Tim Wendelboe」も述べていましたが、ORIGAMIもそれに近い、もしくは同等のクオリティという印象です。

ただし値段は三洋産業の方が150円ほど安いので、フィルターはORIGAMIじゃなくても良いでしょう。

 

まとめ

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

結論として、ORIGAMIドリッパーエアーとウェーブ型フィルターを組み合わせると、味が強く出ます。今回の検証では酸味と苦味が強くなりました。

円錐形フィルターと組み合わせると、クリアな味の中に美味しさが感じられるコーヒーになります。抽出のスピードも非常にスムーズです。

【レビュー】ORIGAMIドリッパーエアーの味を検証|ペーパーによる味の違いも比較

ドリッパー本体を重ねられるので、コンパクトに収納したい方にもおすすめです。

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング10選|1000種類飲むマニアが厳選」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは正直ぼったくりみたいな豆もありますが、まともな豆で初回限定50%オフ(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあったので紹介します。

実際に飲んだレビューも掲載しています。


-コーヒー器具・グッズ

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5