ドトール

ドトールのコーヒー豆「マイルドブレンド」はおすすめしない?感想を正直に述べる

投稿日:


 

200gで32,400円という破格の超高級コーヒーを飲んだり、おいしいコーヒーを飲むために自分で焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、ドトールで販売されている1番人気のコーヒー豆「マイルドブレンド」を自宅に持ち帰って飲んでみたので、味の感想を正直に述べる。

ドトールのコーヒー豆は、スタバやタリーズなどのコーヒーチェーンの豆の中ではもっとも「飲める味」だ。

これまでも「カフェヨーロピアン」や「ロイヤルクリスタルブレンド」など、いくつかの種類の豆を飲んできたが、国内で直火焙煎されているだけあって味は美味しいのだ。

ただ鮮度がかなり落ちて酸化が進んでいるので、酸味の質がよろしくない。これが非常に残念な点だ。

今回飲んだドトール1番人気のコーヒー豆「マイルドブレンド」は、もともと酸味があるコーヒーなのだが、鮮度の悪化にともなう豆の酸化により、口にまとわりつくような嫌な酸味が気になった。

まずは、ドトールのコーヒー豆「マイルドブレンド」の特徴や豆の状態などを一緒に見ていきましょう。

ドトールのコーヒー豆「マイルドブレンド」

ドトールのコーヒー豆「マイルドブレンド」はコーヒーの自然な甘味、酸味、苦味がバランスよく調和したブレンドコーヒーで誰もが飲みやすい味に作られている。

ドトールのお店で飲める「ブレンドコーヒー」も、このマイルドブレンドであることが多い。※店舗やタイミングによっては「マイルドブレンド」以外の豆がブレンドコーヒーとして提供されることがある。


▲ドトールでは「マイルドブレンド」を含む全てのコーヒー豆が国内で直火焙煎されている。直火焙煎特有の香味が感じられる。


▲焼きムラや欠点豆の混入は少なく、コーヒーチェーンの豆のなかでは粒がきれいに揃っているほうだ。

マイルドブレンドの値段(税込)

870円

マイルドブレンドの容量

200g

マイルドブレンドの生産地

  • ブラジル
  • コロンビア
  • ほか

マイルドブレンドの焙煎度合い

中深煎り(ハイロースト)

マイルドブレンドの風味を5段階でみる

「マイルドブレンド」を2つの器具で飲み比べ


▲上から
・HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー(丸太衣料(マルタ)4枚接ぎネルフィルター)
・HARIO(ハリオ)V60ドリッパー

今回は、まずペーパードリップの定番であるハリオV60で抽出して飲んでみて、さらに美味しく飲むために、ネルドリップも行った。

こんな感じで豆を挽いたりしました

豆の挽き具合:やや細挽き(カリタニューカットミル:ダイヤル2にセット)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

 

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

細挽きにしたドトールのマイルドブレンドをハリオV60ドリッパーにセットし、お湯を細く、静かに落としていく。

すると、ローストナッツのような芳ばしい香りと、酸っぱい香りが感じられる。

残念ながらコーヒー粉はドーム状に膨らまず、べちゃっとお湯が広がっていく。鮮度はスタバやタリーズと変わらずよろしくない。

さっそく一口飲んでみると、パッケージに書いてあるとおり、苦味と酸味のバランスがいい。

ただ冒頭でもお伝えしたとり、酸味に爽やかさがなく、どちらかというと「酸っぱい」と感じてしまう。

カルディの「マイルドブレンド」ほどではないが、酸味のあるコーヒーが苦手なら少々飲み進めるのがキツイ一杯かもしれない。

酸っぱさが後味にも強く残るので、もう少しすっきりとした口当たりにするために、豆を中挽きにして抽出してみよう。

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出(中挽き)

電動ミルで中挽きしたドトールのコーヒー豆「マイルドブレンド」を、ハリオV60ドリッパーで抽出して飲んでみると、細挽きにして飲んだ時よりも透明感のあるクリアな味わいに仕上がった。

コク・ボディ感はやや軽めだが、飲みやすい一杯になり、後味に酸っぱさが残りにくくなった。

次はマルタ製ネルフィルターを使ってネルドリップを行ってみる。

酸っぱさを和らげて、苦味と甘みがメインの味に仕上げるのが狙いだ。

HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパーで抽出(マルタ製ネルフィルター)

中挽きにしたドトールのコーヒー豆「マイルドブレンド」をマルタ製ネルフィルターで抽出して飲んでみると、狙いどおり酸味が控えめになり、ほどよい苦味とほのかな甘みが感じられる。

透明感のあるクリアな味わいでキレも良く、後味にしつこさが残らない。

まとめ

さて、今回はドトールのコーヒー豆「マイルドブレンド」を2つのコーヒー器具を用いて飲んでみたが、ネルドリップで飲んだマイルドブレンドがもっとも「飲める」一杯だった。

ただ、いまはペーパードリップで飲むのが主流。その点を踏まえると「マイルドブレンド」は酸っぱさが口に残り、あまりいい後味は楽しめない。

よって、マイルドブレンドの購入を僕はおすすめしない。あなたに安物買いの銭失いをしてほしくないのだ。

結論として、どうせお金を払うなら「焙煎したばかりの新鮮なコーヒー豆」を届けてくれる専門店での購入をおすすめする。

専門店のコーヒーは、正直ドトールのマイルドブレンドと比べて10倍は満足感が違う。

優れた焙煎技術でローストされ、豆の品質が本当に高く、新鮮なコーヒーは、ドリップした時にお部屋に広がる香りの良さも全然違い、口に含んだ時の幸福感は言葉にできない。

僕が今まで飲んできて、自信を持っておすすめできるコーヒー豆は別記事にランキング形式でまとめたので、おいしいコーヒー豆選びの参考にしてもらえるとうれしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。