コーヒー豆の通販レビュー

銀座パウリスタの豆「森のコーヒー」抜群のコスパで満足度が高い一品

投稿日:2019年7月18日 更新日:


 

32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、東京・銀座の老舗「カフェーパウリスタ」の「森のコーヒー」はおすすめできるコーヒー豆なのか?

飲んだ感想を正直に述べます。

同じコーヒー豆でも、使う器具によって味が変わるため、ペーパードリップ、コーヒープレス、ネルドリップの3つの抽出方法で飲んでレビューします。

銀座パウリスタとは

銀座カフェーパウリスタは明治44年に誕生した歴史ある喫茶店。

芥川龍之介が常連だったことでも知られる。

他にも与謝野晶子、高村光太郎、森鴎外、アインシュタイン等が訪れており、さらには、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が三日三晩訪れたりと、そうそうたる顔ぶれが通い詰めていた。

銀座パウリスタを代表する豆「森のコーヒー」は農薬、除草剤、化学肥料を一切使っていないため、クリアな旨味があり、身体に優しく、環境にも優しいコーヒーだと注目され続けてきた。

銀座パウリスタの豆「森のコーヒー」

森のコーヒーは、銀座パウリスタで次のように紹介されている。

味、香り、ともに優れたバランスをもつたぐいまれなコーヒーです。
発売以来、多くの方に愛され続ける理由のひとつに、「農薬不使用」があげられます。

出典:銀座カフェーパウリスタ

値段

1,188円(税込)
※100gあたり 594円

容量

200g

コーヒー豆の種類

  • ブラジル
  • エチオピア

焙煎度合い

ハイロースト〜シティロースト
(中煎り)

豆の状態

森のコーヒーは粒が小さいものの、きれいに均一に揃っている。

きめ細かく丁寧にハンドピックされているため欠点豆が一切ない。

コーヒー豆の状態は良好といえる。

味・香りを5段階でみる

森のコーヒーを3つのコーヒー器具で飲み比べ


▲左から

  • ハリオV60ドリッパー
  • ハリオ ウッドネック ネルドリッパー
    (フィルターはマルタ製の4枚接ぎ。一人用を使用)
  • ハリオ カフェプレス スリム

はじめにペーパードリップの定番である「ハリオV60ドリッパー」で抽出して飲んで、味の変化がしっかり感じられる2つの器具で飲んでいく。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:17g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒
  • 使うコーヒーポット:カリタ製ホーローポット

ハリオV60ドリッパー

中挽きにした銀座パウリスタの豆「森のコーヒー」を、ハリオV60ドリッパーにセットして、お湯を静かに注いでいく。

湯に触れたコーヒー粉は、ふわっと膨らみ、鮮度が良いことを示している。

さっそく一口飲んでみると、オレンジのような甘みと、フレッシュな酸味が口に広がる。

ほどよい苦味とコクがありつつ、長く続く甘い余韻に上品さを感じる。

雑味がなく透明感のある味わいで、何杯でも飲めそうなコーヒーだ。

すっきりとした味わいなので、ケーキやスコーンなど幅広いスイーツと相性が良い。

次はコーヒープレスで淹れてみよう。

コーヒープレス

粗挽きにした「森のコーヒー」をコーヒープレスで抽出して飲むと、オレンジのような甘酸っぱさと、ほのかにナッツのような風味が香る一杯に仕上がった。

ペーパードリップでの抽出時よりキレも良く、スッキリとした口当たりで「食後のコーヒー」に選びたい。

紅茶を飲んでいるような感覚で楽しめるため、普段コーヒーを飲まない人にも受け入れられそうだ。

最後にネルドリップして飲んでみよう。

ネルドリップ

中挽きにした「森のコーヒー」をネルドリップして飲んでみると、甘くまろやかなショコラオレンジュを思わせる味に仕上がった。

味全体がぎゅっと濃縮された印象で、コーヒー本来のビターな旨味が際立っている。

そこに、オレンジのような甘酸っぱいフレーバーも加わり、味に立体感や上品さが生まれた印象だ。

まとめ

さて、今回は銀座カフェーパウリスタの豆「森のコーヒー」を3つの抽出方法で飲んでみた。

いずれの飲み方でも、オレンジのような甘くフレッシュな酸味が感じられるコーヒーであった。

すっきりとキレの良い苦味と、ほどよい酸味があり、飲み手を選ばないバランスの良い味わいが楽しめる。

そして、長く続く甘い余韻も印象に残った。

森のコーヒーは、飲み手を優雅な気持ちにさせてくれる上品さがあるので、ケーキやスコーンなどのスイーツと一緒に味わって欲しい、そんな銘柄だ。

【おすすめできるコーヒー豆か?】

おすすめできる。

森のコーヒーは100gあたり594円。スターバックス並みの値段でありながら、それ以上の満足感が得られる。

ポピュラーな抽出方法であるペーパードリップで美味しく飲めるので、ぜひ一度お試しいただきたい。

銀座パウリスタ「森のコーヒーセット」を公式サイトでみる

 

森のコーヒーを初めて飲むなら、初回限定セットの注文を強くおすすめする。

内容は、コーヒー豆360g(およそ36杯分)+グッズ5品がセットで、値段は1,801円。


▲森のコーヒー定期コースの初回内容。

このセットは定期コースで購入する場合のみ貰えるが、安心して欲しい。

とりあえず初回限定セットだけ試してみて、もし想像していた味と違ったら、定期コースを中止することも可能。

その場合、商品到着後に「お問い合わせフォーム」から定期コースの解約手続きをすればOK。

こうすれば、1,801円以上お金はかからない。

 

定期コースの解約は簡単なので、とりあえず飲んでから解約 or 継続を決めれば良い。

ちなみに、同梱のマグカップは和食器で有名な「京都たち吉」のペアマグ。

マグを使わない場合、1500円くらいで売れるので、実質もっと安く飲める。

 

【不要なグッズはメルカリで売れる】

グッズを売却した場合、コーヒー豆360gが実質1,000円くらいで手に入る。

100gあたりに換算すると277円。カルディ並みの安さである。

トートバッグも500円で売却可能。

3つのグッズが計2,848円で売却できた。

  • メルカリへの手数料10%(285円)
  • グッズの送料
    (1,000円ちょっと。発送方法で前後するが定形外で送るのが一番安い)

は別途かかるが、360gの美味しいコーヒー豆が実質1,000円くらいで飲める。

カルディ並みの値段でありながら、その何倍もの味わいが楽しめるコーヒーなので、ぜひ一度味わっていただきたい。

銀座パウリスタ「森のコーヒーセット」を公式サイトでみる


 _________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆5選

スタバが今よりお得になるクレジットカード3選【スタバ代が14.8%お得に】

スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットを徹底解説

ad




人気記事

こんな記事も読まれています

プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓