コーヒーの豆知識

マラウイ産コーヒーの特徴|産地や歴史、味わいの特徴から、おすすめまでを紹介

2021年5月31日

  1. HOME >
  2. コーヒーの豆知識 >

マラウイ産コーヒーの特徴|産地や歴史、味わいの特徴から、おすすめまでを紹介

2021年5月31日

マラウイはコーヒー栽培の環境に恵まれ、爽やかな酸味とすっきりとした味わいが特徴の高品質なコーヒーを栽培しています。

マラウイのコーヒー生産量は多くありませんが、希少な「ゲイシャ」を栽培しており、マラウイ産コーヒーは今後さらに注目を浴びていくでしょう。

おすすめコーヒー豆ランキング15選

実際に飲んだ1000種類以上の中から、おすすめコーヒー豆を紹介しています。

※ランキングは随時更新しています。

コーヒーの産地マラウイとは

マラウイ産コーヒーの特徴

アフリカ南東部に位置する内陸国であるマラウイの面積は北海道と九州をあわせた程度で、国土の20%以上を占めるマラウイ湖があります。

また主要産業は農業で、人口の約8割が第一次産業に従事しています。

マラウイのコーヒー|主な産地

マラウイ産コーヒーの特徴マラウイは、高地の北部・中部が温帯夏雨気候で降水量は2000ミリ以上、低地の南部は熱帯モンスーン気候で800ミリ程度の降水量があります。

このような高地の1日の寒暖差と豊富な降水量がコーヒー栽培に適しています。

マラウイのコーヒー|栽培の歴史

マラウイ産コーヒーの特徴マラウイでコーヒー栽培が開始されたのは1870年代、イギリスの宣教師によってもたらされました。1900年代には産業として広まり、現在ではマラウイの代表的な輸出品のひとつとなっています。

マラウイのコーヒー|栽培環境

マラウイ産コーヒーの特徴マラウイがコーヒー豆の栽培環境に適しているのは前述したように、熱帯性の気候ながら高地は比較的涼しく寒暖差があることが理由です。農薬は使用せず、バナナなどの植物をシェイドツリーにして日照量の調整をするなど、昔ながらの方法でコーヒーを栽培しています。

マラウイのコーヒー|生産状況

マラウイ産コーヒーの特徴マラウイ全土でコーヒーが栽培されていますが、「ミスクヒルズ農業協同組合」の拠点がある北部のミスク地方が生産地として有名であるほか、ルンフィ地方は小中規模の農協が複数存在し、スペシャルティコーヒーが生産されています。

生産量は他国と比べるとまだとても少なく、今後の発展が注目されています。

マラウイのコーヒー|等級・グレード

マラウイ産コーヒーの特徴マラウイ産コーヒーの等級・グレードの格付け方法は、大きく分けて以下の2つです。

・豆の大きさ:S19~S16まで(19/64〜16/64)

・品質:高品質なものから順に、AAA、AA、ABまで

マラウイのコーヒー|特徴

マラウイ産コーヒーの特徴

ここまで、マラウイ産コーヒーの生産に関わる内容についてお話ししましたが、ここからは精製方法や、味わい・香りについて解説します。

自分好みのコーヒー豆を選ぶために、産地ごとの味や香りの特徴を押さえましょう。

マラウイのコーヒー|精製方法

まず精製方法についてですが、コーヒーの加工方法には大きく分けて2種類あり、1つが実をそのまま乾燥させる方法のナチュラルプロセス、2つめが水洗いしてから乾燥させる方法です。

マウライ産コーヒーは主に2つめのウォッシュドプロセスによる加工を行います。

マラウイのコーヒー|味わい・香りの特徴

マラウイ産コーヒーを淹れると、柑橘系の甘酸っぱさを感じるとても爽やかな香りがします。

味わいは、すっきりとした爽やかな酸味が特徴です。

マラウイのコーヒー|品種・種類

マラウイ産コーヒーの特徴

マラウイ産のコーヒーにはさまざまな品種・種類がありますので、順に解説します。

S アガロ種

マラウイのコーヒー研究所の博士によって作られた品種で、病気に強いコーヒーとして有名です。

ゲイシャ種

起源はエチオピアで、収穫量が少なくとても貴重な非常に珍しい野生品種です。

カティモール種

カトゥーラ種とハイブリッドティモール種の交配種で、病気に強いことが特徴です。

ムンド・ノーボ種

ティピカ種の突然変異種とブルボン種の交配種で、ブラジルの主要な栽培品種でもあります。

カトゥーラ種

ブルボン種の突然変異種で病気に強く、収穫量が多い品種です。

マラウイのコーヒー|美味しい飲み方

マラウイ産コーヒーの特徴

品種や種類について理解を深めたところで、次はマラウイ産コーヒーの美味しい飲み方をご紹介します。

マラウイ産コーヒーは豆の焙煎度合いや挽き具合、淹れ方によってさまざまな味わいが楽しめるので、順に解説していきます。

おすすめの焙煎度合い

マラウイ産コーヒーの焙煎度合いは、中深煎りがおすすめです。

爽やかな酸味に程よい苦みが加わり、飲みごたえのある味わいになります。

おすすめの挽き具合

マラウイ産コーヒーのおすすめの挽き具合は、粗挽きです。

雑味を極力発生させないよう粗めに挽きます。

おすすめの淹れ方

マラウイ産コーヒーは酸味が強いので角をとるために、淹れ方はネルドリップがおすすめです。

 

マラウイのおすすめコーヒー豆3選

ここから、マラウイ産のおすすめコーヒー豆3選を紹介します。今回は、Amazonなどの通販や市販で気軽に買えるマラウイ産コーヒーをセレクトしました。

ゴールド珈琲:アフリカマラウイ

マラウイ産コーヒーの特徴

マラウイの女性が手摘みしたフェアトレードコーヒーです。

苦味と酸味のバランスが取れ、香り高い後味が特徴。アイスコーヒーでも楽しめるよう深煎り焙煎されていますが、ホットでももちろんおすすめです。

ゴールド珈琲 アフリカマラウィ

カフェ・ケストナー:マラウィ

マラウイ産コーヒーの特徴

木の実を焦がしたような香ばしさと甘い香りが特徴的です。

深煎りですが苦味は軽やかで飲みやすいため、マラウイコーヒーが初めての方にもぴったりでしょう。

¥700 (2021/06/17 18:34:48時点 楽天市場調べ-詳細)

いづみやコーヒーロースターズ:世界の生産量が少ない美味しい珈琲の詰合せ(中挽き)

マラウイ産コーヒーの特徴

エチオピア ゲイシャ、ボリビア、マラウィ、ブルンジ、キリマンジャロ キボーの5種を楽しめる詰合せです。

世界の珍しいコーヒーを最適な状態に焼き上げてあるので、焼きたての香りと風味を気軽に味わえます。

マラウイのコーヒー|まとめ

今回は、マラウイ産コーヒーの特徴について解説してきました。

マラウイはコーヒー栽培の環境に恵まれ、希少性のある「ゲイシャ」など高品質なコーヒーを栽培しており、マラウイ産コーヒーは今後さらに注目を浴びていくでしょう。

ぜひご家庭やお仕事の合間などに、マラウイ産コーヒーでゆったりしたひとときを過ごしてください。

マラウイ産コーヒー以外にも、さまざまなおすすめコーヒー豆を下記で紹介しています。

おすすめコーヒー豆ランキング15選

実際に飲んだ1000種類以上の中から、おすすめコーヒー豆を紹介しています。

※ランキングは随時更新しています。

-コーヒーの豆知識
-,

© 2021 Y.(山口的おいしいコーヒーブログ) Powered by AFFINGER5