コーヒー豆のレビュー

カルディのコーヒー豆「イタリアンロースト」の感想を正直にレビュー

2022年9月27日

忖度なしのレビューサイト「山口的おいしいコーヒーブログ」です。

今回はカルディの定番コーヒー豆「イタリアンロースト」の正直な感想をレビューします。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士/バリスタ

TV出演。文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

通販で買ってみて本当においしかったコーヒー豆も紹介しています。

【2022年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介

初回限定356円(64%割引というお得なコーヒー豆もあります。

【カルディ】イタリアンローストの基本情報

コーヒー豆の特徴

カルディのコーヒー豆「イタリアンロースト」の感想を正直にレビュー

通年販売されているカルディのブレンドコーヒー「イタリアンロースト」。

商品名のとおり、極深煎りの「イタリアンロースト」に焙煎された商品です。

甘い香りや深いコク、柔らかな苦味と香ばしさを引き出すために、ブラジルやコロンビアなど複数産地の豆をブレンドしています。

強い苦味が特徴でブラックはもちろん、アイスコーヒーやカフェオレ用にも使えるように作られた商品です。

夏場は「アイスブレンド」という商品名で販売されています。

 

焙煎度合いは苦味を楽しむ「深煎り」

カルディのコーヒー豆「イタリアンロースト」の感想を正直にレビュー

苦味と酸味のバランスを決める「焙煎度合い(ばいせん/生豆を煎ること)」。

カルディのイタリアンローストは「深煎り」にローストされています。

イタリアンローストは酸味がほとんどないので、どなたにも飲みやすい焙煎度です。

コーヒー豆の焙煎度合い

▲ カルディのイタリアンローストは深煎り

上記のように、イタリアンローストは最高のローストレベルです。

ここまで焙煎を進めると味のほとんどを苦味が占めて、フルシティなどで感じられる「ほのかな酸味」や「甘み」も非常に少なくなることが一般的です。

関連記事:イタリアンローストとは?特徴やおすすめを紹介!

 

値段、豆の量、産地など

カルディのコーヒー豆「イタリアンロースト」の感想を正直にレビュー

価格 777円/200g
100g単価 389円
豆の産地 ブラジル、コロンビア他
品種 記載なし
精製 記載なし
焙煎度合い 深煎り

イタリアンローストを店頭で入手する場合、200gから購入できます。

スタバやタリーズのように100gでは購入できません。

通販の場合は公式オンラインストア(送料880円〜)か、LOHACO(送料220円〜)で購入できます。

通販で購入する場合も200g単位になります。

コーヒー豆を買う際に気になる「鮮度」ですが、店舗・オンラインどちらで購入しても変わりません。

カルディでは焙煎後2週間以上が経過した豆(賞味期限が残り1ヶ月以上の豆)を提供するルールがあります。

また、カルディの公式サイトには精製方法が記載されていませんが、ブラジルでは「ナチュラル」という水を使わない方法が一般的です。

 

精製とは?

精製とは、コーヒーチェリーから不要なものを取り除いて生豆の状態にすることです。

ナチュラル精製のコーヒーは風味が豊かで甘味が出やすい特徴があります。

参考までに、有名なモカ(エチオピア)やイエメン(モカマタリ)も「ナチュラル精製」が一般的です。

関連記事:コーヒーの精製方法とは?ナチュラル、ハニーなど発酵で変わる味の特徴を解説

 

店頭では次の状態で購入できます。

  • 豆の状態
  • ペーパーフィルター用の中挽き
  • エスプレッソ用の極細挽き
  • 水出しコーヒー用の細挽き
  • コーヒープレス(フレンチプレス用)

豆、粉いずれも値段は同じです。

 

レビュー

IMG20220924073000
2022-09-2763814
IMG20220924073004
IMG20220924073233
previous arrow
next arrow
 

抽出環境・条件

豆の量:15g
豆の挽き具合:中挽き
お湯の量:150cc
お湯の温度:85℃
蒸らし時間:60秒

ペーパードリップすると、カップからはカカオのようなビターな香りが漂います。

実際に飲むと、非常にあっさりしたコーヒーという印象で、スタバのイタリアンローストとは比較にならないほどすっきりしています。

スモーキーな風味はありながらも苦味は控えめ。

コクや甘みも控えめなので、カフェオレにする場合は無脂肪乳など脂肪分の少ないミルクを使うのがおすすめです。

酸味はほとんど無いので、クセがなくて飲みやすい味です。

 

口コミ・評判

苦味がガツンと来るので、目が覚めます。酸味もなく、濃いので、とても気に入っています。

コストパフォーマンスがよい。

マキネッタに使うカルディのおすすめのコーヒー豆は「イタリアンロースト」。
コクのあるエスプレッソが楽しめます。

酸味がなくて飲みやすい、味が濃い、コスパが良いという口コミがTwitterなどで多く見られました。

苦すぎるなどの否定的なコメントはほとんどないので、万人受けするタイプの商品と言えます。

 

総評

スタバのイタリアンローストと比べると苦味が優しく、さっぱりと飲めるコーヒーです。

ミルクと合わせるならスタバ、ブラックで飲むならカルディと使い分けるのも良さそうです。

 

あわせて読みたい
カルディのおすすめコーヒー豆は?10種類を飲んだ正直なレビュー
カルディのコーヒー豆おすすめ11選!実際に飲んだ正直なレビュー

 

味が似ているコーヒー豆は?

dbe9dafc001a4527249332153f26f8a5
スクリーンショット 2022-09-13 11.13.45
th_IMG20210210072000-450x600.jpgのコピー
th_IMG20210210072402-450x600.jpgのコピー
2022-09-23120116
th_IMG20210210072615-450x600.jpgのコピー
th_IMG20210208105034-450x600.jpgのコピー
th_IMG20210208105444-450x600.jpgのコピー
2022-09-23120355
previous arrow
next arrow
 

 

東京の「青海珈琲(100g400円)」のブレンドが、カルディのイタリアンローストに似ています。

味の方向性はスタバに近くて、こちらは味がしっかりしていて、ミルクに負けないコクと苦味、甘みが強いです。

カルディには負けますが、100g400円とコスパも悪くないです。

この店の特徴は煎りたてのコーヒー豆を届けてくれること。

鮮度が高いので香りが強く、口に含んだ時の風味が強いので、カルディのコーヒーを飲んだ時よりも満足度が高いと感じるかもしれません。

「1日400杯売れる行列ができるコーヒー店」として有名なお店で、味にも定評があります。

実際に飲んだレビューはこちらをご覧ください。

 

あわせて読みたい
青海珈琲とは
青海珈琲のコーヒー豆「お試しセット」を飲んだ正直な感想

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「【2022年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは「縛り」があったりして、正直ぼったくりみたいな豆もありますが、ちゃんとお店を選べばかなりお得です。

まともな豆で初回限定50%OFF(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあるので、詳しくレビューしています。

ちょっとでも安くコーヒー豆を買いたい人におすすめの内容です。


-コーヒー豆のレビュー
-

© 2022 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5