コーヒー豆のレビュー

コーヒー豆通販レビュー|wabisukeブラジルブルボン クラシコピーベリー

2021年3月26日

コーヒー豆のレビュー依頼、コーヒー器具のレビュー依頼、その他ご依頼はツイッターDMからお願いします。
@yamaguchicoffee

今回は、wabisukeというお店のシングルコーヒー「ブラジル ブルボン クラシコ ピーベリー」を飲んだ正直な感想を述べます。

栃木県大田原市に店舗を構えるwabisukeは、自家水洗焙煎コーヒーを提供する数少ないスペシャルティーコーヒー専門店。

世の中にほとんど認識されていない「泥味のしないクリアなコーヒー」の味が特徴。

コーヒー生豆を洗うとコクが無くなる、味が薄くなる等、生豆を洗うことには賛否がありますが、僕は肯定派です。

同じコーヒー豆でも抽出器具によって味が変わるため、一般的に使われているコーヒー器具を交えてレビューしています。

  • ペーパードリップ(三洋産業cafecスリーフォー + アバカフィルター)
  • フレンチプレス(HARIOカフェプレス)
  • ネルドリップ(山形コフィアの特製ネル)

コーヒー豆通販レビュー|ブラジル ブルボン クラシコ ピーベリー

wabisuke ブラジル ブルボン クラシコ ピーベリー

wabisukeのコーヒー豆「ブラジル ブルボン クラシコ ピーベリー」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

ブラジル伝統のブルボン品種。香ばしくマイルドな珈琲。ほんの僅かに酸味を感じ、後口に蜜やバニラのような風味を感じる。コロコロと可愛らしいピーベリー。

wabisuke ブラジル ブルボン クラシコ ピーベリー

値段・容量

100g 700円(税込)

コーヒー豆の状態

wabisuke ブラジル ブルボン クラシコ ピーベリーのコーヒー豆の状態

コーヒー豆をパッケージから開封すると、粒がきれいに均一に揃っていて焼きムラも見られません。

焙煎度合い

シティロースト

※wabisukeのコーヒー豆は基本的に中煎りで揃えています。

しかし、ただの中煎りではなく「Absolute roast」( 絶対焙煎領域)というアラビカ種のスペシャルティコーヒー特有の酸味と香りを最大限に引き出す焙煎。

そして、ほぼ同じ焙煎度合い(産地によってほんの僅かにポイントを変える事もある)で揃えることで、初めて各産地ごとの風味特性の違いを味わうことができる。

同じ豆で異なる焙煎度の豆が売っていると、どれを選んだら良いのか?お客さんを迷わせる可能性がある。

お客さんを迷わせないためにwabisukでは敢えて焙煎度を揃えている。

※焙煎度合いについて、こちらで説明しています。
コーヒー豆のローストや焙煎度合い・焙煎方式ごとの味の違いを解説

コーヒー豆の情報

【生産地域】ブラジル ミナスジェライス州セラード地域
【品種】ブルボン・アマレロ
【精製方法】セミウォッシュド(水洗式)
【スクリーンサイズ】16−18
【収穫時期】5月下旬〜8月下旬

コーヒー豆の種類ごとの味の違いは、こちらで説明しています。
コーヒー豆の種類や味の違い|お気に入りの豆を探すたった1つのコツ

wabisuke ブラジル ブルボン クラシコ ピーベリーを5段階評価

コーヒー豆を5段階評価

ペーパードリップ、フレンチプレス、ネルドリップ等で抽出

ペーパードリップ、フレンチプレス、ネルドリップ3つの抽出方法において、一般的に使われているポピュラーな器具も用意し、その中から2つの飲み方でレビューします。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:15g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:60秒
  • 抽出時間:2分
  • 使うコーヒーポット:月兎印ホーローポット

ペーパードリップ

ペーパードリップ

wabisukeのブラジル ブルボン クラシコ ピーベリーをペーパードリップして飲むと、リンゴをかじった時のような甘く爽やかな酸が感じられる。

ほんのりフルーティーな味わいがありながら、ほんのりコーヒーらしい香味も感じられる1品。

苦味はほとんどなく、非常にクリアな味わいで安心感のあるおいしいコーヒーという印象。

Wabisukeのコーヒーは淹れ立てももちろん美味しいが、実は冷めてから飲むと甘みが引き立ち、より一層おいしくなる。

個人的には冷めてから美味しいコーヒーこそが、本当においしいコーヒーであると確信している。

ブルーマウンテンNo.1などのすっきりした旨味のあるコーヒーがお好きな方なら気に入るかと思う。
次はネルドリップで飲んでみる。

ネルドリップ

ネルドリップ

wabisukeのブラジル ブルボン クラシコ ピーベリーをネルドリップで飲むと、濃密さが増したような印象で味全体がギュッと濃縮される。

そして、インパクトのある味わいが感じられる。

ワインで例えるならミディアムボディの赤がフルボディに変わったような印象でコクと甘い酸が増した。

結論として、ペーパードリップ・ネルドリップともに非常に美味しく飲めるコーヒーであった。

wabisukeの店舗情報

wabisukeの店舗情報

所在地:栃木県大田原市本町1-2691
電話番号:050-3579-0221
営業時間:通常10:00~18:00
定休日:月曜、火曜日
※年末年始、夏季休暇、イベント出店による休業などは公式ホームページ内のブログにてお知らせ。

ネコポス対応→全国一律360円(税込)豆、粉400gまで対応可能。

wabisuke公式ホームページこちら


© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5