当サイトのコンテンツには広告が含まれます。

ランキング

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

  1. HOME >
  2. ランキング >

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

今回は、実際に飲んで美味しかったコスパ最強のおすすめコーヒー豆と粉10銘柄をランキング形式で紹介します。

各銘柄の酸味、苦味の強さなどを数値化し、なるべく簡単に自分に合うコーヒーを選べるようにしました。

コーヒーの好みは人それぞれで違いますが、そのレビュアーの好みが分かれば、自分と合うかどうか参考にできると思うので、僕の好みを書いておきます。

  • ミルク、お砂糖は入れません
  • 酸味が少ないコーヒー豆が好き
  • チェーン店で一番好きなコーヒーはドトール(香りが好き)

山口誠一郎

この記事を書いた人:山口 誠一郎
イタリア「Caffè Arena Roma」元バリスタ。好きなコーヒーはグァテマラ、エチオピア、マンデリン。浅煎り、深煎りどちらも飲みます。

筆者おすすめのコスパ最強コーヒー豆

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

2,138円 600g(200g×3種類)

おいしさとコスパを考慮した一番のおすすめは、「珈琲きゃろっとの初回お試しセット」です。

価格は600g 2,138円で、このうち200gは特典として同梱されます。

このお店は、焙煎の大会で日本一に輝いたコーヒー豆の専門店で、酸味が少なくてコクが深く、香りと甘味が強いのが特徴です。

非常に高品質なコーヒー豆ですが、100gあたり356円で買えるので、カルディと同じくらいの予算で探している人にもおすすめです。

「安くてうまい」を重視するなら、きゃろっとのお試しセット一択です。

公式でコーヒー豆を見る

検証のポイント(100g 600円台までのコーヒー豆に限定)

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

品質の検証項目は次の3点です。

  1. 甘みの強さ
  2. 香りの強さ
  3. コク(旨味)の強さ

これらの総合点(最高15点)でランキング順位を決定しました。

また、今回は100gあたり600円台までのコーヒー豆(粉)に限定しています。

600円のコーヒー豆がコスパが良いと言えるのかどうか?疑問ではありますが、「500円出してこれなら、もう100円プラスして美味しいものを飲みたい」というニーズもあると思われるので、今回は600円台までに限定しました。

安い豆と高い豆の違いは何なのか?

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

図1 コーヒー豆の品質比較

  • 上段:200〜500円台/100gあたり
  • 下段:600円以上/100gあたり

図1のとおり、澤井珈琲と堀口珈琲では、まずコーヒー豆の見た目が全然違うことがわかると思います。

実際、味にも次のような差があります。

  • 香りの強さ
  • 甘みとコクの強さ
  • 雑味・渋みの多さ

澤井珈琲のように安価なコーヒー豆は、飲用に適さない豆が含まれている点が、600円以上の豆との大きな違いです。

飲用に適さない豆とは、発酵槽の汚れなどが原因で黒くなった酸っぱい豆や、味がほとんどしない未成熟豆、死豆です。これらは欠点豆と呼ばれます。

ブラジルなどでは欠点豆の数で豆を格付けし、そのコーヒー豆のグレードを決めます。欠点豆が多いほどグレードが下がり、値段も安くなります。

安い豆を買い付けた業者は、「これをなんとか美味しく飲めるようにしよう」と工夫し、「深煎りに焙煎」して苦味と香ばしさを加えます。

すると、ネガティブな要素が目立ちにくくなり、淹れたばかりの状態なら、焙煎によって生まれた「香ばしさ」があるため美味しいと感じます。

しかし、冷めると欠点豆による酸味や渋みがあらわれ、口がキシキシしたり、カビ豆による「カビ臭さ」「ホコリっぽいような臭い」が目立つ場合もあります。

※市販のコーヒー豆に「浅煎り」がない理由はこれです。浅煎りは焙煎で誤魔化せない。

「コーヒーが飲めない」という方の話を聞くと、「冷めたコーヒーがまずい」と答える方が一定数いますが、これは上記のような現象が影響している可能性が高いです。

なお、600円以上の豆はほとんどの場合で欠点豆が除去されている、もしくは最初から欠点豆がほとんどないため、ネガティブな要素が極めて少ない状態で販売されています。

つまり、値段の違いは、コーヒー豆自体の品質の違いと言えます。

コーヒーはネット通販で買う方がコスパが良いことが多い

コスパの良いコーヒー豆や粉は、スーパーやコンビニでも購入できますが、2つの理由からネット通販で買う方がコスパが良いこともあります。

  • スーパーと変わらない値段で、より品質の高い「アラビカ種」のコーヒー豆を選べる
  • 無料特典が付いてくることがある

スーパーと変わらない値段で、より品質の高い「アラビカ種」のコーヒー豆を選べる

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

▲成城石井マンデリンブレンド(500g)

例えば、品質の高い「アラビカ種」の豆だけを使った成城石井の銘柄は、コスパ最強の美味しいコーヒー豆の代表選手のような商品です。

小川珈琲店の商品など、スーパーなどで購入できるコーヒーのほとんどは、アラビカ種に味が劣る「ロブスタ種」という品種がブレンドされています。

ロブスタ種は強い苦味と麦のような香味で、フレーバーの情報量がアラビカ種より少ないです。値段はリーズナブルですが、冷めると風味が飛びやすく、もともと欠点豆が多いのも特徴です。

一方、アラビカ種は成城石井やスターバックス、コーヒー豆の専門店で使用されますが、フルーツのような香り、甘味がロブスタ種よりも多く含まれ、コクが強いのが特徴です。

どちらも100gあたり350円ほどなので、同じ350円を払うならアラビカ種100%のコーヒー豆を選ぶ方が、飲んだ時の満足度は高くなるでしょう。

また、後ほど紹介する「きゃろっとの初回お試しセット(600g)」には、国際品評会で優勝するほど品質の高いコーヒー豆が含まれていますが、100gあたり356円で購入できます。

ネット通販限定にすることでコストを抑えているため、スーパーのコーヒー並みの低価格で買えます。

このような理由から、コスパ最強のコーヒー豆を買うなら、ネット通販をおすすめします。

無料特典が付いてくることがある

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

ネット通販でコーヒー豆を買うと、初回限定で半額など、お試し価格で買えるコーヒー豆が増えてきています。

また、無料特典としてコーヒー豆を1袋サービスで付けてくれる良心的なお店もあります。

(コーヒー豆をリピート購入すると、次回から20%増量してくれるお店もあります!)

できれば豆の状態で買うほうがコスパは良い

コーヒー豆と粉、それぞれのメリットは?

コーヒー豆と粉、どちらを購入しても値段は同じです。

しかし粉の状態と比較して、豆は酸化が遅く・鮮度が落ちにくいメリットがあります。(香り・風味が1ヶ月以上楽しめる)

コーヒーは焙煎(生豆を加熱すること)直後から香り成分が少しずつ揮発するため、できれば香りを長く楽しめる「豆の状態」で買うことをおすすめします。

性能が良い手動ミルも今は2000円台で買えるので、いつも粉で買う方はこの機会に導入しても良いかもしれません。

コスパの良いコーヒー豆(粉)の選び方

コスパの良いコーヒー豆(粉)の選び方は大きく2つあります。

  • 苦味と酸味のバランス(焙煎度合い)
  • コーヒーの産地

苦味と酸味のバランス(焙煎度合い)

コーヒー豆の焙煎度合い

色が黒い→酸味が少ない。明るい→酸味とフルーティーさが増す

コーヒーの苦味と酸味のバランスは、「焙煎(ばいせん)」によって決まります。

それぞれの特徴は次のとおり。

  • 深煎り→苦味が強い。酸味が少ない
  • 中煎り→苦味と酸味のバランスが良い。
    (ただし豆、店によって酸味の量にかなり差がある)
  • 浅煎り→酸味がある。フルーティー

ズバリ、酸味が苦手な人は「深煎り」「フルシティロースト」「フレンチロースト」などと表記されたコーヒー豆がおすすめです。

ネット通販なら、ほとんどのコーヒー豆に「焙煎度合い」が明記されているので、実際に買ったものの「酸味が強くて飲めない」というリスクを回避できます。

コーヒーの産地

コーヒーの味は産地によって異なります。代表的な産地を以下にまとめました。

コーヒー豆の産地ごとの味の特徴

【中南米】
グァテマラ
コスタリカ
パナマ

エルサルバドル
ブラジル
コロンビアなど
・香り、甘み、コクのバランスがいい
・突出した味がない
・飲みやすい
【アフリカ】
エチオピア(モカ、イルガチェフェ)
タンザニア(キリマンジャロ)
ケニアなど
柑橘系のフレーバーが強い
【アジア・オセアニア】
インドネシア(マンデリン、トラジャ)
・コクがある
・ハーブのような香り

飲みやすさを重視するなら、中南米のコーヒー豆を買っておけば、まず間違いありません

アフリカ産のコーヒー豆、特に日本で人気のキリマンジャロは意外と酸味が強いので、選ぶ際は焙煎度合いを必ず確認しましょう。

インドネシアは無難に美味しいコーヒー豆が多いので、大きく失敗することはありません。

コスパ最強おすすめコーヒー豆の比較一覧表

一覧表は「甘味+コク+香りの合計点数順」と「安い順」「Amazon、楽天の評価数順」で見ることができます。

「安い順」は、100gあたりの価格が安い順でランキング順位を決定しています。

順位 商品名 商品画像
味わい・香り
※タップで拡大
点数
※最高11.6
値段
内容量
100g
あたり
評価 鮮度 特徴 焙煎度合い
1 自家焙煎コーヒー
初回お試しセット
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 11.6点 2,138円
600g
356円 - ★★★★★
(注文後に焙煎)
焙煎の大会で優勝したコーヒー豆の専門店
安くて美味しいコーヒー豆が買える
中深煎り〜深煎り
2 ラバッツァ
クオリタロッサ
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 10.7点 878円
250g
351円 138件 ★★☆☆☆ デロンギの全自動エスプレッソマシン
ドリップどちらでも使える。バランスが良い
中深煎り
(シティロースト)
3 成城石井
マンデリンブレンド
(豆のみ)
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 10.2点 1,807円
500g
361円 209件  ★★★☆☆ チョコレートのような風味
酸味が少なくて飲みやすい
深煎り
(フルシティロースト)
4 銀座パウリスタ
森のコーヒー
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 10.0点 1,998円
400g
500円 111件  ★★★★☆  オレンジのような風味がほんのり感じられる
爽やかなコーヒー
中深煎り
(シティロースト)
5 assez COFFEE
ブレンド ダーク
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 8.4点 2,240円
400g
560円 7件  ★★★★☆ 味のバランスが良くて
飲みやすい。
中深煎り
(シティロースト)
6 小川珈琲店
小川プレミアムブレンド
(豆のみ)
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 7.7点 1,863円
480g
388円 457件 ★★☆☆☆ フルーティーな味わい。酸味あり。
冷めると渋みが出る。
中煎り
(ハイロースト)
7 ドトール
カフェヨーロピアン
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 7.4点 980円
200g
490円 ★★☆☆☆ ドトールの中では一番酸味が少ない。
クセがなくて飲みやすい
中深煎り
(シティロースト)
8 加藤珈琲店
ゴールデンブレンド
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 6.9点 2,894円
2kg
145円 41,628件  ★★☆☆☆ バランスが良くて飲みやすい
冷めても味が落ちず、コスパが良い
中深煎り
(シティロースト)
9 スターバックス
パイクプレイスロースト
(粉のみ)
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 5.9点 3,150円
793g
397円 588件  ★☆☆☆☆ 酸味が少ない。スモーキーな風味
冷めても不味くならない
深煎り
(フルシティロースト)
番外 ポストコーヒー
3種お試しセット
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 14.2点 1,480円
225g
657円 ★★★★★
(焙煎後7日以内)
酸味が少なくてフルーティーな豆や、
カフェオレ用の豆など、好みに応じて届く
診断の結果、好みに
マッチした豆が3つ届く
順位 商品名 商品画像
味わい・香り
※タップで拡大
点数
※最高11.6
値段
内容量
100g
あたり
評価 鮮度 特徴 焙煎度合い
1 加藤珈琲店
ゴールデンブレンド
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 6.9点 2,894円
2kg
145円 41,628件  ★★☆☆☆ バランスが良くて飲みやすい
冷めても味が落ちず、コスパが良い
中深煎り
(シティロースト)
2 ラバッツァ
クオリタロッサ
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 10.7点 878円
250g
351円 138件 ★★☆☆☆ デロンギの全自動エスプレッソマシン
ドリップどちらでも使える。バランスが良い
中深煎り
(シティロースト)
3 自家焙煎コーヒー
初回お試しセット
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 11.6点 2,138円
600g
356円 - ★★★★★
(注文後に焙煎)
焙煎の大会で優勝したコーヒー豆の専門店
安くて美味しいコーヒー豆が買える
中深煎り〜深煎り
4 成城石井
マンデリンブレンド
(豆のみ)
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 10.2点 1,807円
500g
361円 209件  ★★★☆☆ チョコレートのような風味
酸味が少なくて飲みやすい
深煎り
(フルシティロースト)
5 小川珈琲店
小川プレミアムブレンド
(豆のみ)
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 7.7点 1,863円
480g
388円 457件 ★★☆☆☆ フルーティーな味わい。酸味あり。
冷めると渋みが出る。
中煎り
(ハイロースト)
6 スターバックス
パイクプレイスロースト
(粉のみ)
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 5.9点 3,150円
793g
397円 588件  ★☆☆☆☆ 酸味が少ない。スモーキーな風味
冷めても不味くならない
深煎り
(フルシティロースト)
7 ドトール
カフェヨーロピアン
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 7.4点 980円
200g
490円 ★★☆☆☆ ドトールの中では一番酸味が少ない。
クセがなくて飲みやすい
中深煎り
(シティロースト)
8 銀座パウリスタ
森のコーヒー
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 10.0点 1,998円
400g
500円 111件  ★★★★☆  オレンジのような風味がほんのり感じられる
爽やかなコーヒー
中深煎り
(シティロースト)
9 assez COFFEE
ブレンド ダーク
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 8.4点 2,240円
400g
560円 7件  ★★★★☆ 味のバランスが良くて
飲みやすい。
中深煎り
(シティロースト)
番外 ポストコーヒー
3種お試しセット
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 14.2点 1,480円
225g
657円 ★★★★★
(焙煎後7日以内)
酸味が少なくてフルーティーな豆や、
カフェオレ用の豆など、好みに応じて届く
診断の結果、好みに
マッチした豆が3つ届く
順位 商品名 商品画像
味わい・香り
※タップで拡大
点数
※最高11.6
値段
内容量
100g
あたり
評価 鮮度 特徴 焙煎度合い
1 加藤珈琲店
ゴールデンブレンド
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 6.9点 2,894円
2kg
145円 41,628件  ★★☆☆☆ バランスが良くて飲みやすい
冷めても味が落ちず、コスパが良い
中深煎り
(シティロースト)
2 スターバックス
パイクプレイスロースト
(粉のみ)
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 5.9点 3,150円
793g
397円 588件  ★☆☆☆☆ 酸味が少ない。スモーキーな風味
冷めても不味くならない
深煎り
(フルシティロースト)
3 小川珈琲店
小川プレミアムブレンド
(豆のみ)
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 7.7点 1,863円
480g
388円 457件 ★★☆☆☆ フルーティーな味わい。酸味あり。
冷めると渋みが出る。
中煎り
(ハイロースト)
4 成城石井
マンデリンブレンド
(豆のみ)
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 10.2点 1,807円
500g
361円 209件  ★★★☆☆ チョコレートのような風味
酸味が少なくて飲みやすい
深煎り
(フルシティロースト)
5 ラバッツァ
クオリタロッサ
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 10.7点 878円
250g
351円 138件 ★★☆☆☆ デロンギの全自動エスプレッソマシン
ドリップどちらでも使える。バランスが良い
中深煎り
(シティロースト)
6 銀座パウリスタ
森のコーヒー
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 10.0点 1,998円
400g
500円 111件  ★★★★☆  オレンジのような風味がほんのり感じられる
爽やかなコーヒー
中深煎り
(シティロースト)
7 assez COFFEE
ブレンド ダーク
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 8.4点 2,240円
400g
560円 7件  ★★★★☆ 味のバランスが良くて
飲みやすい。
中深煎り
(シティロースト)
8 自家焙煎コーヒー
初回お試しセット
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 11.6点 2,138円
600g
356円 - ★★★★★
(注文後に焙煎)
焙煎の大会で優勝したコーヒー豆の専門店
安くて美味しいコーヒー豆が買える
中深煎り〜深煎り
9 ポストコーヒー
3種お試しセット
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 14.2点 1,480円
225g
657円 ★★★★★
(焙煎後7日以内)
酸味が少なくてフルーティーな豆や、
カフェオレ用の豆など、好みに応じて届く
診断の結果、好みに
マッチした豆が3つ届く
番外 ドトール
カフェヨーロピアン
実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 7.4点 980円
200g
490円 ★★☆☆☆ ドトールの中では一番酸味が少ない。
クセがなくて飲みやすい
中深煎り
(シティロースト)

【徹底比較】コスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめ10選

1位.自家焙煎コーヒー専門店きゃろっと 初回お試しセット

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

2,138円/600g(200g×3種類)

冒頭でも紹介しましたが、焙煎大会で優勝した実績をもつ「きゃろっと」というコーヒー豆専門店のお試しセットです。

前述のとおり、国際品評会で優勝したコーヒー豆をお試し価格でリーズナブルに購入できるのが、おすすめのポイントです。

この店は、少量生産で品質の高いコーヒー豆を提供する北海道の小さなロースターです。知名度は低いですが、焙煎がとても丁寧で、甘味やコクをしっかり引き出しているのが特徴です。

スタバなどの大手チェーンでは、大型マシンで一度に100kg以上のコーヒー豆を焙煎するため、たくさんの商品(コーヒー豆)を一気に作れる反面、細かい味作りはできません。

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

ここでは最大4kgの特注のマシンで、注文を受けてから焙煎する。

きゃろっとは生産性が高くないかわりに、豆ごとの旨みを引き出す焙煎を行います。また、焼きたての新鮮なコーヒー豆を買えるのも大きなメリットです。

このセットには、世界一高級なゲイシャコーヒーを生産する「パナマ」のコーヒー豆や、酸味が少なくて美味しい「マンデリン」「コスタリカ」が計60杯分が入っています。

セット内容
パナマ 味のバランスが良い
コスタリカ はちみつのような甘み
マンデリン 
※特典として同梱される
チョコレートのような甘み
カフェオレとも相性が良い

定価6,000円のセットですが、初回限定で2,138円で購入できるので、安くて美味しい、酸味が少ないコーヒー豆を買いたい人におすすめです。

100gあたり 356円
鮮度 ★★★★★(注文後焙煎)
焙煎度合い 中深煎り〜深煎り

公式サイトを見る

関連→珈琲きゃろっと「お試しセット」本音レビュー

2位.ラバッツァ クオリタロッサ

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

878円 250g

ラバッツァは、イタリアでコーヒー豆のシェアNo.1を誇る人気ブランドです。イタリアのスーパーでもラバッツァが一番多く陳列されていて、年間270億杯も飲まれています。

こちらは粉、豆どちらでも購入できますが、デロンギのマシンで使う場合は「粉」を購入した方が美味しいです。先ほど、粉よりも豆がいいと言いましたが、それはドリップコーヒーを入れる場合の話です。

全自動エスプレッソマシンで豆から挽く場合、挽きムラが生じやすく、味が薄いコーヒーになりやすいです。なので、より高性能な業務用グラインダーで細かく粉砕された「粉の状態」で買ったほうが、濃厚なコーヒーを味わえます。

ハンドドリップする時は、お湯をドバドバと一気に、太く注ぐとフィルターが目詰まりせず、お湯がスムーズに落ちていきます。

味わいですが、チョコレートのような味わいとヘーゼルナッツのような甘い香り、さらにベリー系の酸味がほどよく感じられ、バランスの良いコーヒーです。

エスプレッソはもちろん、カフェジャポネーゼやアメリカーノなど、さっぱりと飲めるメニューとも相性が良いです。

クレマもしっかり出るので、トロトロのエスプレッソを飲みたい人におすすめですし、ラテアートの練習にもおすすめです。

100gあたり 351円
鮮度 ★★☆☆☆
豆の産地 ブラジル、ウガンダ、その他
焙煎度合い 中深煎り

3位.成城石井 マンデリンブレンド(豆のみ)

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

1,807円/500g

先ほど紹介した成城石井のマンデリンブレンドは、この値段で買えるコーヒー豆の中ではコスパが最強に良いです。

マンデリンといえば、ハーブや草、土、タバコのような野生的な風味が特徴ですが、そのような風味はほぼありません。つまり、マンデリンらしさは無いのですが、ほんのりチョコレートのような味がして美味しいです。

成城石井のマンデリンブレンドは、高品質な「アラビカ種」のコーヒー豆だけを使っているため、冷めても不味くなりません。500gの大容量サイズでたっぷり入っていて、コスパが良いコーヒー豆です。

※粉の状態では販売されていません。

100gあたり 361円
鮮度 ★★★☆☆
豆の産地 インドネシア、コロンビア、他
焙煎度合い 深煎り(フルシティロースト)
成城石井
¥2,387 (2024/05/21 13:34:42時点 Amazon調べ-詳細)

4位.銀座パウリスタ 森のコーヒー

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

1,998円/400g

銀座パウリスタは、芥川龍之介が常連だったコーヒーの老舗で、ブラジルのコーヒーを日本で流行らせたお店の一つです。

楽天の人気ランキングで1位に選ばれた本品は、苦味と酸味のバランスが良く、オレンジのような風味もかすかに感じられます。後味が爽やかなコーヒーが好きな人に向いています。

オーソドックスな味でクセがないですし、初回限定という条件はありますが値段も手頃で優秀なコーヒーです。

100gあたり 500円
鮮度 ★★★★☆
豆の産地 ブラジル
焙煎度合い 中深煎り

5位.assez COFFEEブレンドダーク

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

2,240円/400g

assez COFFEE(アーシーコーヒー)は自家焙煎コーヒー豆を販売する仙台のショップです。

100gあたり560円なのですが、このお店はリピートすると2回目以降はコーヒー豆を20%増量してくれるので、100gあたり467円になります。

容量も400gとたっぷりサイズで、なかなかコスパが良いコーヒーです。

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選 ▲リピート購入すると豆を増量してくれるのは嬉しいです。

お店を代表する「ブレンドダーク」は、ローストナッツのような香ばしさがあり、ほどよい苦味と酸味がバランスよく感じられます。

突出した苦味がなく、後味のキレも良く、ついつい何度も口をつけてしまう飲みやすさがあります。

こちらも高品質なアラビカ種だけを使っているので、コーヒーが冷めても雑味が一切なく、クリアな旨味が味わえます。

100gあたり 560円
鮮度 ★★★★☆
豆の産地 ‎記載なし
焙煎度合い 深煎り(フルシティロースト)

6位.小川珈琲店 小川プレミアムブレンド

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

1,863円/480g

小川プレミアムブレンドは酸味が強いですが、ほどよく苦味もあり、クセがなくて市販品の中ではトップクラスの品質です。

有名店のコーヒーで例えると、コメダのブレンドコーヒーに近く、ほんのりと「華やかなフレーバー」が感じられます。

ただし、本品は「ロブスタ種」という大量生産のコーヒー品種を中心にしたブレンドのため、入れてから時間が経つと渋みが結構出てきます。

100gあたり 388円
鮮度 ★★☆☆☆
豆の産地 ブラジル、メキシコ、コロンビア、エチオピア
焙煎度合い 中煎り(ハイロースト)

7位.ドトール カフェヨーロピアン

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

980円/200g

ドトールの「カフェヨーロピアン」は、お店で提供しているブレンドコーヒーをさらに苦くして、コクを深くしたコーヒー豆です。

個人的には、ドトールで一番酸味が少なくて味全体のバランスも良く、飲みやすいコーヒーだと感じました。やや強めの苦味と優しい甘み、かすかな酸味のバランスがよく、クセがありません。

安定の美味しさを求める人におすすめのコーヒーで、100gあたり500円以下のコスパの良さは魅力的です。

100gあたり 490円
鮮度 ★★☆☆☆
豆の産地 ブラジル、コロンビア
焙煎度合い 中深煎り(シティロースト)

公式でコーヒー豆を見る

8位.加藤珈琲店ゴールデンブレンド

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

2,894円/2kg(500g×4袋)

加藤珈琲店はAmazonや楽天で大人気の激安コーヒーショップで、本品は4万件を超える高評価を獲得しているコーヒー豆です。

お店で一番人気の「ゴールデンブレンド」は、後味に酸味を感じますが全体的にバランスが良く、あまり好みが分かれない味わいです。ドトールのブレンドコーヒーに味の方向性が似ていて、オーソドックスなコーヒーが好きな人に向いています。

2kgの大容量サイズなので、1度購入すれば当分コーヒーを買わなくて良いくらいの圧倒的ボリュームです。500gずつ小分けになっているので、鮮度が落ちにくいです。

お得にコーヒーをまとめ買いしたい人におすすめのコスパ最強コーヒー豆です。※豆、粉どちらでも購入できます。

100gあたり 145円(最安)
鮮度 ★★☆☆☆
豆の産地 コロンビア
焙煎度合い 中深煎り(シティロースト)
honu加藤珈琲店
¥2,894 (2024/05/21 01:51:30時点 Amazon調べ-詳細)

9位.スターバックス パイクプレイスロースト(粉のみ)

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

2950円/793g

スターバックスのパイクプレイスローストは酸味が少なく、ブラックで飲んでもカフェオレにしても飲みやすいコーヒーです。

実際に飲むと、ナッツのような香ばしい風味があり、スタバ特有の力強いフレーバーもしっかりと感じられます。

Amazonで約600件のレビューがあり、星5つ中の4.2を獲得している人気商品です。その人気ぶりも納得できるコスパの良さで、約800gの大容量サイズでたっぷり飲めます。

100gあたり 372円
鮮度 ★☆☆☆☆
豆の産地 コロンビア、ブラジル
焙煎度合い 深煎り(フルシティロースト)

番外.ポストコーヒー お試しセット【初回500円OFF】

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選1,480円/225g

ポストコーヒーは、自分の味覚に合うコーヒー豆を専門家が選んでくれる「コーヒー豆の定期便」です。がっちりマンデーで紹介されてから一気に話題になったのでご存知かもしれません。

ずばり、「コーヒーに詳しくないけど、好みの範囲内で色んなものを飲みたい」という人には、ポストコーヒーが一番おすすめです。

例えば、「酸味が少ないコーヒー豆が好きだけど、フルーティーさも感じたい」という好みの場合、その条件を満たすコーヒー豆を全国の提携ロースターから選出して届けてくれるのが、普通の定期便との大きな違いです。

コーヒーの味わいですが、深煎りだとビターチョコレート、キャラメルのような香ばしさと甘味を併せ持つような銘柄が多く届きます。

ここでは「スペシャルティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆しか扱わないため、フレーバーの情報量が非常に多いのが特徴です。

なお、デカフェも非常にクオリティが高く、カフェイン入りのコーヒーと変わらない美味しさが楽しめます。毎月1つだけデカフェを含めることもできるので、夕方はカフェインを取りたくない人にも使いやすいサービスです。

クーポンを使えば初回500円割引になる

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

「コーヒー診断スタート」をタップ

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

食べ物の好みなどから豆が3つ選ばれる

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選クーポンコードをコピペ

実際に飲んだコスパ最強のコーヒー豆と粉おすすめランキング10選

500円割引される

500円割引クーポン

coffee-t7yp9w

注文時に上記のクーポンコードをコピペすれば、500円割引で注文できます。

コーヒー豆選びをプロに任せたい人は、ポストコーヒーが一番おすすめです。会員数は7万人を超えていますが、それも納得できるおいしさが味わえます。

100gあたり 657円(コスパかなり良い)
鮮度 ★★★★★(焙煎後7日以内)
豆の種類 75g×3種類
焙煎度合い 好みに合うものが届く

公式サイトでクーポンを使う

関連→ポストコーヒーの正直なレビュー。口コミや評判どおり美味しい?

関連→ポストコーヒークーポンコードで500円割引に【2024年最新】

76種類のコーヒー豆を飲み比べてみた【ランキング一覧表】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

Amazonや楽天、有名ブランドなどのコーヒー豆76種類をお取り寄せして、実際に飲み比べました。

有名なスタバやカルディをはじめ、丸山珈琲やサザコーヒーなどの人気店の味わいを50段階で数値化し、ランキングの順位を決定しました。

この記事では、酸っぱくないフルーティーなコーヒー豆や、酸味が少なくい飲みやすいコーヒー豆などを中心に紹介しており、100gあたり300円台で買えるコスパの良い商品も取り上げています。

▼ランキング結果を見る

【2024年版】本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング76選

-ランキング

© 2023 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5