pickup コーヒー豆の通販レビュー

コーヒーダイエットは本気で痩せる|減量効果と結果をブログで公開

2020年10月28日

▲2020年2月から7月までで14kg減量に成功

▲太っていた頃の丸いお腹と現在の身体

コーヒーブロガー山口です。

今回は、僕自身が6ヶ月のコーヒーダイエットで14kg減量に成功したので、コーヒーダイエットによる減量効果と結果をこのブログで報告します。

コーヒーダイエットに限らず、痩せることで得られるメリットは次のとおりです。

正直、痩せると本当に良いことばかりで、人生がより前向きになりますし、自分に自信もつきます。

世の中には様々なダイエット方法がありますが、コーヒーダイエットはコーヒーが飲める方であれば誰でも簡単に取り組めるのでおすすめです。

僕は、2020年2月からコーヒーダイエットを始めました。

コーヒーダイエット開始当初の体重は68kgありました。

当時は、贅肉たっぷりのリッチなお腹と、パンパンに膨らんだ顔を見るたびにゲンナリしていました。

コーヒーダイエットを始める前はジムに入会してエアロバイクを100分間、週3回漕いでいましたが正直ほとんど痩せませんでした。悲しい。。

▲ジムで運動すると余計にお腹が空いて食べてしまっていた

ダイエットの基本的な考え方は「アンダーカロリー」であると言われています。

アンダーカロリーとは消費カロリーを摂取カロリー下回っている状態のこと。

さまざまなダイエットが存在していますが、基本的には全てアンダーカロリーであることが前提だと言われています。

ちなみに、消費カロリーを摂取カロリーが上回っている状態をオーバーカロリーといいます。

スポーツジムなどで運動を行えば、間違いなく消費カロリーは増えます。

しかし僕の場合、運動を行うと、運動を行っていない時よりも空腹感が強くなりました。

つまり、スポーツジムに通う前よりも摂取カロリーが多くなってしまったのです。

僕は3食しっかり食べ、スタバにも毎日行くので、おそらく総摂取カロリーは2,500〜3,000Kcalくらい。

▲札幌の餃子屋3件ハシゴ+ラーメンを一晩で食べるという暴挙の記録。コメダに行けばモーニングだけじゃ足りず、ナポリタンも食べる始末。デザートにはスタバかタリーズの甘いドリンク。

食べ過ぎだと頭では分かっているのですが、僕の場合はジムで運動を行うと食欲を抑えることが出来ませんでした。

「運動しているからこれぐらいは食べても良いだろう」という自分に対しての甘えもあったと自覚しています。

結論として、僕はスポーツジムに通ってもダイエット効果はほとんど感じられませんでした。

「自分なりに頑張っているつもりだけど痩せられない、、、」という気持ちがあって、すごく辛かった。

また、スポーツジムに通うことでコロナに感染してしまう可能性もあったため、2月末に退会。

その後、トクホ飲料の「特茶」を毎日飲んでいましたが、まず値段が高いことが気になっていました。

そして、僕の場合は便秘気味になり、これが本当に辛かった。

札幌のスタバリザーブのトイレに30分も籠るという事態に陥ってしまい(便が切れない為、出るに出れない状態)、特茶を用いたダイエットは自分には合っていないと痛感しました。

その後、コーヒーダイエットをスタートしてからは便秘が改善。

食生活はとくに変えず、食事制限を行わなかったのですが、5ヶ月間で14kgの減量に成功。

2020年5月から体重推移のグラフも付け始めたのですが、それがこちらです。

ダイエットを始めてから5ヶ月で、ほぼ目標体重の54.5kgまで痩せることができました。

その後リバウンドすることもなく、この記事を執筆している現在も54kgぴったりの体重をキープしています。

運動は一切行っておらず、車社会の北海道で生活をしているので歩きません。

 

コーヒーダイエットといえば「コーヒールンバ平岡佐智男」さんのバターコーヒーダイエットが有名ですよね。

しかし、僕が行ったダイエットはトクホのコーヒーを飲むだけという、シンプルな方法でした。

バターコーヒーダイエットは、グラスフェッドバターやMCTオイルが必要なので、僕としては「手間がかかるダイエット方法」だと感じたため採用しませんでした。

「飲むだけで痩せる」という簡単なダイエット方法を探し求めた結果、コーヒーダイエットに行き着きました。

結論として、トクホコーヒーを用いたダイエットのメリットがこちら。

  • 脂肪分解・脂肪燃焼を促進
  • 基礎代謝が上がる(痩せやすくなる)
  • 脂肪吸収を抑制
  • 便秘解消
  • 食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、排出を増加

食事制限をしなかったにもかかわらず14kgも減量し、現在も目標体重を維持できているのは、上記の効果が一度に得られているからなのかな?と思っています。

食べても太らない体質の人を羨ましく思っていましたが、自分がそんな体質になるとは正直思っていなかったです。

僕が実践したダイエットコーヒーの飲み方は、こちらをご覧ください。

 

ここからは、コーヒーダイエットとは何かを解説していきます。

コーヒーダイエットについて詳しく知りたい場合は、以下もチェックしておくことをおすすめします。

コーヒーダイエットとは?

コーヒーダイエットとは、ブラックコーヒーを飲むことで脂肪燃焼効果をアップさせる方法のこと。

コーヒーの代表的な成分であるカフェインには、ダイエットに効果的な脂肪分解や、脂肪燃焼を促進する働きがあります。

カフェインを摂取すると交感神経が優位になり痩せやすくなる

カフェインを摂取すると体重や体脂肪の量を調節する「交感神経」が優位になります。

脂肪はいつでも燃焼していますが、とくに燃えやすいのは交感神経が活発に働いている時です。

交感神経が優位に働くと、心拍数の増加と筋肉からの血管を拡張させる物質などの影響で、筋肉への血流が促進され、体内のエネルギーを消費する基礎代謝も上がります。

コーヒーには、この交感神経を刺激する力があります。

カフェインにはリパーゼをサポートする働きもあり脂肪分解に効果的

さらに、カフェインには体内にある酵素のリパーゼをサポートする働きもあります。

リパーゼとは消化酵素のひとつで、おもに脂肪の分解に力を発揮します。

食事から取り入れた脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解し、血液で流れやすいようにすることで全身の筋肉に送られていき体脂肪が燃焼されていきます。

そもそも体脂肪はそのままの状態では全身に送り出すことができず、血液で運搬することができません。

どんな脂肪もリパーゼで分解してから燃えていくため、リパーゼは痩せるために必要不可欠な消化酵素と言えます。

また、リパーゼは空腹時と運動時などホルモンからの働きかけによっても分泌されます。

血糖値が下がりすぎないようにするため、体内に蓄積されている脂肪細胞を分解するのです。

以上のことから、コーヒーダイエットにはリパーゼをサポートする働きもあり、脂肪分解に効果的なことが分かります。

コーヒーには脂肪吸収を抑制するクロロゲン酸も含まれる

また、コーヒーにはカフェイン以外にもポリフェノール(クロロゲン酸)という成分が含まれています。

クロロゲン酸は脂肪吸収を抑制する働きがあります。

通常、食事で脂肪を摂取すると体内では脂肪を分解して吸収するために酵素が分泌されます。

クロロゲン酸はこの酵素の働きを抑制する働きがあるため、脂肪の吸収を防いで太りにくい状態を作ることが可能になります。

こういったコーヒーのダイエット効果と、ダブルで効果を期待できるのがトクホ飲料の「エクサライフコーヒーW」です。

エクサライフコーヒーWは食物繊維(難消化性デキストリン)の働きにより、食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる効果があります。

個人的には特茶よりも安く、身体をスッキリさせてくれた本当におすすめのコーヒーです。

エクサライフコーヒーWを飲んだ感想はこちらをご覧ください。

エクサライフコーヒーWを飲んだ感想と口コミまとめ

続きを見る

コーヒーダイエットは便秘解消に効果あり

コーヒーを飲むと小腸、大腸の筋肉に刺激を与えるという研究結果が2019年にテキサス大学の発表で明らかになっています。

つまり、コーヒーを飲むとウンチがより速く移動できるようになる(便秘解消に効果がある)ということが分かったのです。

なお、この現象にカフェインは全く関連性がないことも調査で明らかになっています。

なぜなら、カフェインレスのデカフェコーヒーを飲んだ場合でも、大腸の筋肉に刺激を与える現象が起こったからです。

一般的には「コーヒーや紅茶を飲んですぐに便意が起きるのはカフェインの効果だ」と言われますが、便意とカフェインには関連性がないことが科学的に証明されたのです。

結論として、コーヒーダイエットは体重減少だけでなく便秘改善にも効果があります。

(ただし、コーヒーダイエットの減量効果を重視するなら、カフェイン入りのコーヒーのほうが脂肪燃焼効果は高いです)

コーヒーダイエットはブラックか低脂肪乳入りのカフェオレで行うのがおすすめ

コーヒーダイエットは、ブラックコーヒーか低脂肪乳を加えたカフェオレで行うのがおすすめです。

理由は単純で、摂取カロリーを抑えることができるからです。

コーヒーには無糖・微糖・加糖・カフェオレ・エスプレッソなど様々な飲み方がありますが、減量効果を期待するならブラックコーヒーもしくは低脂肪乳を加えたカフェオレが良いです。

なお、僕が飲んでいたエクサライフコーヒーWに含まれる難消化性デキストリンは、わずかに甘みが感じられるため、お砂糖を加えなくても飲みやすかったです。

コーヒーダイエットはインスタントコーヒーでも問題ない※カフェインの量に大差なし

結論からいうと、コーヒーダイエットはインスタントコーヒーでも問題ありません。

なぜなら、インスタントコーヒー、ドリップコーヒーどちらもカフェインの量に大きな差が無いため。

コーヒー1杯150mlに含まれるカフェイン量はインスタントコーヒーで約80mg、ドリップコーヒーで約90mgと言われています。

しかし、カフェインの量は焙煎度合い(浅煎りコーヒーか、深煎りコーヒーか)によっても含有量は異なります。

さらに、コーヒー豆の品種(アラビカ種・ロブスタ種)によってもカフェイン含有量は異なります。

わずかにドリップコーヒーの方がカフェイン含有量が多いと言われていますが、正直どちらでも減量効果は十分に得られます。

結論として、コーヒーダイエットはインスタントコーヒーを用いても問題ないと言えます。

コーヒーダイエットの効果まとめ

さて、今回は「コーヒーダイエットは本気で痩せる|減量効果と結果をブログで公開」というテーマでした。

僕の場合、食事制限をしなかったにもかかわらず14kgも減量し、現在も目標体重を維持できているのは、コーヒーダイエットによる脂肪燃焼効果や、基礎代謝のアップなど、様々な効果が一度に得られた為なのかなと思っています。

コーヒーダイエットの効果をまとめます。

コーヒーダイエットの効果

  • 脂肪分解・脂肪燃焼を促進
  • 基礎代謝が上がる(痩せやすくなる)
  • 脂肪吸収を抑制
  • 便秘解消に効果がある
  • 食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、排出を増加
    (トクホコーヒーを用いた場合)

僕はエクサライフコーヒーWというトクホコーヒーを3回注文したのですが、ジムの会費よりも安い金額で14kg痩せることができました。

ジムに通っていた時は月額7,500円×2ヶ月=15,000円かかっていましたが、コーヒーダイエットは1杯57円。

コーヒーダイエットは金銭的なメリットも大きく、ジム通いに比べてコロナ感染のリスクが少ないことも大きなメリットだと思います。

また、コーヒーダイエットは忙しい人におすすめのダイエット方法だと思います。(出かける必要がなく、運動する時間を確保する必要もなし)

さらに、エクサライフコーヒーWは食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、排出を増加する効果があるので「食べても太らない体質を作る」ことをサポートしてくれている感じがします。(食事制限や糖質制限をせず痩せたため)

エクサライフコーヒーWの飲み方や、お得に購入する方法などを下記にまとめました。


-pickup, コーヒー豆の通販レビュー

© 2021 山口的おいしいコーヒーブログ Powered by AFFINGER5