コーヒー豆の通販

土居珈琲のグァテマラは口コミ通りおいしいのか感想を正直に述べる

投稿日:2017年8月8日 更新日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、土居珈琲で販売されているコーヒー豆「グァテマラ・カペティロ農園」は口コミ通りおいしいのか感想を正直に述べる。

土居珈琲とは

土居珈琲とは大阪のコーヒー専門店。

コーヒーギフトなどを探す際には名前を目にしたことがあるかもしれない。

高級コーヒー豆というジャンルにおいて土居珈琲は日本全国でも有名だ。

最近では、テレビ番組「下町ロケット」でも土居珈琲の豆が使われ、食の専門誌「料理王国100選」においては優秀賞を受賞。

また、テレビ番組「さんまのまんま」でも紹介された。

焙煎歴40年以上の経験を持つ土居博司氏が生み出した味わいは、他のコーヒーとは一線を画すと注目されている。

土居珈琲の3つのこだわり

土居珈琲では、高品質なコーヒーを提供するために3つのこだわりを持っている。

単一農園で生産された豆のみを買い付け

一般的なコーヒー豆は通常、供給量を安定させるため小規模農園のさまざまな豆が港に集められる。

そして、それらを一つにまとめてブレンドして「モカ」や「ブラジルサントス」と、港の名前を付けて出荷される。

しかし、土居珈琲では単一農園で作られた生豆のみを買い付け。

このようなコーヒー豆を今では「シングルオリジン」や「シングルエステート」と呼ぶ。

単一農園で生産されたコーヒー豆は品種や精製方法などが決まっているため、コーヒーの味が安定するのだ。

そして最大のポイントは、豆の個性をダイレクトに味わうことができること。

これは、ブレンドコーヒーにはない醍醐味であり、近年シングルオリジンコーヒーが注目されている理由であろう。

焙煎したてのコーヒーが飲める

土居珈琲では、注文を受けてから焙煎した新鮮な豆を送る。

そのため、1ヶ月間以上おいしい状態のコーヒーを飲むことができる。

焙煎したてのコーヒーは風味が非常に強く感じられ、コクや旨味も存分に味わえる。

ちなみに土居珈琲で使っている焙煎機だが、

「コーヒー豆を最高の風味に焼くことができる」

といわれ、世界中の焙煎士に愛されているPROBAT(プロバット)の半熱風式を使っている。

不良豆の混入がない

土居珈琲では風味を損ねる可能性がある不良豆を一つひとつ丁寧に手作業で取り除いている。

※ハンドピックとも呼ぶ。

こちらではハンドピックを細かく行っているためコーヒーの雑味、渋味がない。

当然、割れたりかけたりの豆など一切入っていない。

 

グァテマラ カペティロ農園

口コミ

コーヒー豆の品評会で3度にわたり1位を獲得している「グァテマラ カペティロ農園」の口コミは次のとおり。

チョコレートなどの甘さを感じるコーヒーでした。 チョコレートなどの甘さを感じるコーヒーでした。コーヒーは初心者で主に紅茶を飲んでいました。ある時友人がコーヒーを豆から挽いてくれたコーヒーが苦いけど、また飲みたくなりホッとするとコーヒーだった。ネットで土居珈琲さんを知り今回購入しました。土居珈琲さんのコーヒーは、苦いけど酸味も少なく、自分好みです。冷めてきても、酸味も強くならなく温度変化でまた味を楽しめます。挽いてもらってもすぐ酸味も強くならないし、チョコレートなどの甘さを感じるコーヒーでした。ありがとうございました。

出典:土居珈琲

豆の状態

深煎り焙煎された土居珈琲の豆「グァテマラ カペティロ農園」は、焼きムラが見られず粒も均一にきれいに揃っている。

パッケージを開封すると、香ばしさと柑橘系の果実のようなフルーティーな香りが感じられる。

風味を5段階でみる

2つの抽出方法で飲んでみた

豆の挽き具合・湯量・温度など

焙煎度合い:フルシティロースト(深煎り)

豆の挽き具合:やや細挽き(Kalitaニューカットミル:ダイヤル2にセット)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

 

ペーパードリップ

やや細挽きにした土居珈琲の豆「グァテマラ」をKONO名門ドリッパーにセット。

温度を85℃まで下げたお湯を静かに注ぐ。

すると、コーヒーの芳ばしい香りとチョコレートを思わせる甘い香りが広がる。

さっそく一口飲んでみると、アーモンドのような香ばしさとチョコレートが合わさったような味わいが感じられる。

グァテマラの味というと、酸味が印象的だったり苦味が際立っていたりと、お店によって味が様々だ。

しかし、土居珈琲のグァテマラは甘さが際立っていて飲みやすい。

ほどよい苦味を包み込むような優しい甘みが口当たりをマイルドにしている。

苦さと甘さに加えて、ほどよい酸味も口に広がる。

この酸味がさわやかな余韻をもたらしてくれる。

苦いコーヒー好きにも、酸味のあるコーヒー好きのどちらにもおすすめできる味わい。

飲み手を選ばない味わいなので、プレゼント用コーヒーとしては最適だ。

土居珈琲のグァテマラは口コミ通り、チョコレートの風味が味わえるコーヒーだと僕は感じた。

ネルドリップ

土居珈琲の豆「グァテマラ」をネルドリップして飲んでみると、コクと苦味が増して酸味が抑えられた味わいになる。

またペーパードリップに比べてまろやかな舌触りに感じられる。

苦味が増した分、マイルドチョコレード→ビターチョコレートのような風味に変わった印象。

パンチの効いた苦いコーヒーを味わいたいならネルドリップ。

甘みたっぷりのコーヒーを味わいたいならペーパードリップで抽出するのが良い。

土居珈琲の銘柄を初めて試すなら

土居珈琲の銘柄を初めて試すなら、グァテマラに味が近い

  • ブラジルダテーラ農園

と、土居珈琲で常に人気上位の

  • エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園

がセットになった「人気銘柄セット」から試すのが良い。


▲土居珈琲 人気銘柄セット

こちらは2種類の豆が100gずつと、鮮度の良いうちに飲みきれる量でセットになっていて、自分の好みを知るのにも適した内容となっている。
(通常は1銘柄200gでの販売)

エルサルバドルは、ビターチョコレートとオレンジを思わせる風味の銘柄なのだが、どちらも甲乙つけ難い美味しさが味わえる。

専用のギフトボックスに入っているのでコーヒーギフトにも最適だ。

土居珈琲の人気銘柄セットを公式サイトでみる


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。