コーヒーの豆知識

モカコーヒーの特徴|味わいと飲み方、カフェモカとの違いから、オススメまでを紹介

  1. HOME >
  2. コーヒーの豆知識 >

モカコーヒーの特徴|味わいと飲み方、カフェモカとの違いから、オススメまでを紹介

世界で最も古いコーヒー豆の種類である「モカ」は、コーヒーについてあまり詳しくない方でも、その名前を1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そもそも「モカ」とはどういう意味なのか、また「カフェモカ」とはどのような違いがあるのか。

本記事では、モカコーヒーの特徴や魅力を解説するとともに、おすすめのモカコーヒーも紹介していきます。

おすすめコーヒー豆ランキング15選

実際に飲んだ1000種類以上の中から、おすすめコーヒー豆を紹介しています。

※ランキングは随時更新しています。

モカコーヒーとは

モカコーヒーとは

モカは世界で最も古いコーヒー豆の種類で、そのほとんどが「アラビカ種」という品種のコーヒー豆です。

モカコーヒーの『モカ』とは地名のことであり、コーヒーの精製方法などとは実は関係がない言葉です。

モカコーヒー|名前の由来

モカとは、その昔イエメン共和国で栄えていた港の名前です。

15世紀ごろ港を利用していた商人たちの手によってコーヒーが世界へ広まり、イエメン産とその向こう岸にあるエチオピア産のコーヒー豆のことをモカと呼ぶようになりました。

現在モカはコーヒー豆を輸出する港ではなくなってしまいましたが、このことからモカはコーヒー発祥の地と言われています。

モカコーヒー|産地による違い

モカには、エチオピア産と「イエメン産」があり、イエメン産のモカは「モカマタリ」という名前で広く知られています。

イエメン産モカマタリとエチオピア産のモカとの違いは、香りや風味です。

イエメン産モカマタリは独特な酸味と香りを持つコーヒーで、苦味は少なく後味がスッキリとしています。

エチオピア産のモカは収穫地域の名前がそのままブランド名になることが多く、モカシダモやモカハラーなどが有名です。また、エチオピア産のモカには様々な種類があり、香りが華やかで甘味が強いのが特徴です。

モカコーヒー|味わいと香り

モカコーヒーの味わいの特徴はワインフレーバーと呼ばれる独特の風味で、その名のとおりワインのような芳醇な味わいを感じることができます。

また、香りは華やかで甘味を伴うのが特徴です。

モカコーヒー|カフェモカとの違い

モカコーヒーとカフェモカは、素材に違いがあります。

モカコーヒーとは前述した通りイエメン産またはエチオピア産のコーヒー豆のことで、モカと呼ばれるコーヒー豆から抽出されたコーヒーのことを指します。

対してカフェモカはチョコレートソースやホイップクリームを乗せた、エスプレッソをベースにした飲み物のことを言います。

モカを使っていないのにこのような名前になった理由は、カフェモカの風味がコーヒー豆のモカに似ているからであると言われています。

モカコーヒーの美味しい飲み方

モカコーヒーとは

産地や品種について理解を深めたところで、次はモカコーヒーの美味しい飲み方を紹介します。

モカコーヒーは、豆の焙煎度合いやコーヒー豆の挽き具合、淹れ方によって様々な味わいが楽しめます。では、順に見ていきましょう。

おすすめの焙煎度合い

モカコーヒーにおける焙煎度合いは、浅煎りから中煎りがおすすめです。

ミディアムローストなどの浅い焙煎度ではモカ特有の華やかな香りと酸味、フルーティーな甘味が楽しめます。

ハイロースト、シティローストなどの中煎り以上になると、コーヒーらしいコクが楽しめます。

おすすめの挽き具合

モカコーヒーの挽き具合は、細挽きから粗挽きまで幅広くおすすめできます。

これはモカコーヒーが、淹れ方や使用する器具によって様々な味わいが楽しめるコーヒーであるため。

ペーパードリップなら中挽き、ネルドリップなら中粗挽き、フレンチプレスで飲む場合は微粉で口当たりが悪くならないように粗挽きがおすすめです。

おすすめの淹れ方

モカコーヒーのおすすめの淹れ方ですが、味のバランスを重視するならペーパードリップ。

豆本来の酸味を味わうならフレンチプレスなど金属製フィルターを利用した抽出方法がおすすめです。

モカコーヒーのおすすめコーヒー豆10選

ここから、モカコーヒーのおすすめコーヒー豆10選を紹介します。

今回は、Amazonなどの通販や市販で気軽に買えるモカコーヒーをセレクトしました。

1:パウリスタ 森のコーヒー

銀座パウリスタ 森のコーヒー3

パウリスタ
森のコーヒー(エチオピア&ブラジル)

国内外のファンに100年以上飲まれるモカとブラジルのブレンドコーヒー。

ひとくち飲んだ瞬間「オレンジのような甘み」が口に広がり、ほどよい苦味とコクを感じられるのが特徴。

モカコーヒーも華やかさと、ブラジルコーヒーのバランスの良い美味しさが秀逸です。

筆者も3年間リピートしているおすすめのコーヒー豆。

公式サイト

ヒロコーヒー:オーガニック モカイルガチェフェ

ヒロコーヒー:オーガニック モカイルガチェフェ

シトラスを思わせる華やかな香りとキャラメルのような甘味を伴うフレーバーを持つ、イルガチェフェという地区で収穫されたコーヒー豆です。焙煎度合いはライトローストと浅煎りで、コーヒーの酸味や甘味をメインに味わいたい方に向いています。お値段も手頃なので、コーヒーを自分で淹れてみたい方におすすめです。

ヒロコーヒー
¥1,080 (2021/06/22 01:16:40時点 Amazon調べ-詳細)

ode:エチオピア オーガニックモカ

ode:エチオピア オーガニックモカ

まろやかで芳醇な甘味と、口に含むと広がる旨味が魅力的なコーヒーです。フルシティロースト仕上げで、深いコクを楽します。

パロットコーヒー:モカ エチオピア

パロットコーヒー:モカ エチオピア

上質なワインや日本酒のような癖になる味わいのコーヒー豆です。焙煎度合いは中煎りのハイローストで苦味よりも酸味が中心。注文する際に豆のままか挽いてもらうかを選ぶことができます。

銀河コーヒー:エチオピア ゲイシャ モカ

銀河コーヒー:エチオピア ゲイシャ モカ

コーヒー好きなら見逃せない、アラビカ種の中でも特に評価の高いゲイシャ種のモカコーヒーです。ジャスミンを思わせる華やかな香りが非常に特徴的で、果実のような甘味と穏やかな苦味が感じられます。最も高いグレードであるG1のコーヒー豆ですので品質も最上級、言葉では表しきれないほどのコーヒー体験ができます。

銀河コーヒー:水出しコーヒー ゲイシャ モカ

銀河コーヒー:水出しコーヒー ゲイシャ モカ

先ほどご紹介したゲイシャのモカを、水出しコーヒー用にパックにしたもの。水出しコーヒーとはその名のとおり水で淹れるコーヒーのことで、お湯で淹れるのとは違ってすっきりとしている酸味の際立った風味が楽しめます。こちらを水に浸すだけで美味しいモカアイスコーヒーの完成。暑い夏にぴったりの一品です。

BEANS TALK:モカブレンド

BEANS TALK:モカブレンド

エチオピアのモカを中心に、コロンビアなどの豆をブレンドした、爽やかな味わいのブレンドコーヒーです。酸味はもちろんのことコクや旨味も大事にしているバランスの取れたコーヒーなので、どんなコーヒー好きにもおすすめできると言えるでしょう。

Tasogare de cafe:モカブレンド

Tasogare de cafe:モカブレンド

甘い香りが魅力的で、特有の酸味や甘味もしっかりと楽しめるモカブレンドです。この商品はドリップパックになっているので、忙しい朝でもお湯を注げば手軽に飲むことができます。味ももちろんですが可愛らしいパッケージなので、コーヒーが好きな友人や家族へのプレゼントとしても喜ばれること間違いなしです。

TOKYO COFFEE:エチオピア モカ カフェインレス

TOKYO COFFEE:エチオピア モカ カフェインレス

オーガニックコーヒーの中でもかなり珍しい、エチオピアモカのシングルオリジンをカフェインレスにしたコーヒー豆です。焙煎度合いはフルシティローストと中深煎りで、酸味や甘味はもちろん深いコクと旨味を感じることができます。新鮮なコーヒー豆を届けてくれるのも嬉しいポイント。

辻本珈琲:カフェインレスコーヒー デカフェ・モカ

辻本珈琲:カフェインレスコーヒー デカフェ・モカ

カフェインを取り除いたデカフェのモカコーヒー。手軽に楽しみたい方向けのドリップパックです。口あたりは軽くすっきりとした酸味が感じられ、身体に優しい一品です。豆を挽く手間がなく、お湯を注げばすぐにカフェインレスのモカコーヒーが完成します。時間がない朝でもカフェインレスのモカコーヒーを楽しめます。

モカコーヒー|まとめ

今回は、モカコーヒーの特徴について解説してきました。

モカコーヒーはコーヒー発祥の地で生まれ、最も古い歴史を持つと言われているコーヒーです。その独特の味わいと香りは多くのコーヒーファンを虜にするほど。

ぜひ家庭でのだんらんや仕事の合間などに、モカコーヒーでゆったりしたひとときを過ごしてください。

モカコーヒー以外にも、様々なおすすめコーヒー豆を下記で紹介しています。あわせてチェックしてみて下さい。

おすすめコーヒー豆ランキング15選

実際に飲んだ1000種類以上の中から、おすすめコーヒー豆を紹介しています。

※ランキングは随時更新しています。

-コーヒーの豆知識
-,

© 2021 Y.(山口的おいしいコーヒーブログ) Powered by AFFINGER5