コーヒー豆のレビュー

パオコーヒーの豆「トラジャ カロシ ランテカルア」おすすめ?正直な感想をレビュー

2021年12月18日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

パオコーヒーの豆「トラジャ カロシ ランテカルア」おすすめ?正直な感想をレビュー

2021年12月18日

今回は「パオコーヒー(pao coffee)」というお店のコーヒー豆「トラジャ カロシ ランテカルア」を飲んだ正直な感想を述べます。

パオコーヒーは、1985年(昭和62年)の創業以来、「良いコーヒー豆を煎りたてで、少しでも安く」をコンセプトにしているお店です。

コーヒー豆の値段は相場より若干安く、低価格で煎りたてコーヒー豆(粉)をAmazonや楽天、Yahoo!ショッピング、調布市つつじケ丘の実店舗で販売しています。

Googleの評判では「コーヒー不味くはないが、店員の態度が悪い」という口コミが数件見られました。

初心者の方がコーヒー豆のことを尋ねると、冷たい態度をされるようです。

焙煎機は「フジローヤル製の直火を使用」という情報がありますが、正確には不明です。

お店の特徴を簡単に紹介したところで、次はコーヒー豆の情報をチェックしていきます。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士/バリスタ

TV出演。文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

パオコーヒー/トラジャ カロシ ランテカルア

パオコーヒーの豆「トラジャ カロシ ランテカルア」おすすめ?正直な感想をレビュー

パオコーヒーのコーヒー豆「トラジャ カロシ ランテカルア」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

インドネシアコーヒーの中でも、名品と謳われるスラウェシ・アラビカは、気候条件の整った、極く限られた高地にだけ生育しています。

そのまろやかさを併せ持った他に類を見ないコクは、多くのコーヒー愛飲家の絶賛を浴びています。

黄金にかがやく夕日で有名なスラウエシ島で産出されますコーヒーは、その粒の大きさと共に、陽光の角度によって明緑色から暗緑色へと変化する様は、コーヒーのオパールと呼ばれるにふさわしい気品があります。

その凛とした、ゆるぎのない気品は、他の追随を許さないと共に、コーヒーに夢とロマンを追い求める人々の心をとらえて離しません。

引用:パオコーヒー トラジャ カロシ ランテカルア 公式通販ページ(Amazon)

値段は1kg 4,224円(送料480円)

トラジャ カロシ ランテカルアの値段は1kg 4,224円(税込)です。

※100g単価=422円
※配送料:480円

※100g単位でも買えますが割高です。(554円。送料980円)

1kgで購入した場合、スタバや自家焙煎店の豆と比較して、この豆は値段はかなり安いです。

 

▼有名店のコーヒー豆の値段一覧

商品名 値段/100g 鮮度 欠点豆の割合
スターバックス
東京ロースト
537円 10%
カルディ
プレミアムブレンド
429円 7%
猿田彦珈琲
恵比寿マイルド
800円 なし
丸山珈琲
丸山珈琲のブレンド
710円 なし
パオコーヒー
トラジャ カロシ ランテカルア
422円 ◎(注文後焙煎) 0.6%

※鮮度が良いほど香り高く、風味がある。欠点豆が多いと焦げた味などの悪影響を及ぼす。

欠点豆の混入率は0.6%

パオコーヒーの豆「トラジャ カロシ ランテカルア」おすすめ?正直な感想をレビュー

パオコーヒーの豆「トラジャ カロシ ランテカルア」おすすめ?正直な感想をレビュー

「トラジャ カロシ ランテカルア」をパッケージから開封して、欠点豆と良豆を選別しました。

選別の結果、穴が空いた虫食い豆や、発行槽の汚れが付着した「発酵豆」などが0.6g混じっていました。(この程度の量なら味には影響しない)

なお、スタバなどのチェーン店だと欠点豆が10〜20%。カルディが平均7%。

この数値を見ると、パオコーヒーの豆は欠点豆が少ないことが分かります。

自家焙煎店はピンキリですが、丸山珈琲や猿田彦珈琲などの有名店は、ほとんど入っていないことが多いです。

※欠点豆が多いと、焦げた味、酸っぱい味、カビ臭い、潜在的な健康被害などの悪影響を及ぼす。

【関連記事】
コーヒーの欠点豆とは?種類と見分け方、どんな味か実際に飲んでみた

焙煎度合いは深煎り

パオコーヒーの豆「トラジャ カロシ ランテカルア」おすすめ?正直な感想をレビュー

「トラジャ カロシ ランテカルア」は苦味と酸味のバランスが良いフルシティロースト(深煎り)。

日本でもっとも親しまれている焙煎度合いで、スーパーなどで買える市販のレギュラーコーヒーなども中煎りがもっとも多いです。

ただ、コーヒー豆をパッケージから開封すると、粒の大きさ(スクリーンサイズ)はバラバラで、大きい豆と小さい豆が混在しています。

 

▼コーヒー豆の詳細情報

  • コーヒー豆の産地:スラウェシ島トラジャ高原カロシ地区
  • 農園の標高:1,200m
  • コーヒー豆の品種:アラビカ種(ティピカなど)
  • 精製方法: ウォッシュド(水洗式)
  • 豆の等級・グレード:記載なし

インドネシアでは、欠点豆の数で豆のグレードが格付けされます。

  • G1:300g中の欠点豆が0~11個
  • G2:300g中の欠点豆が12~25個
  • G3:300g中の欠点豆が26~44個
  • G4:300g中の欠点豆が45~80個
  • G5:300g中の欠点豆が81~150個

トラジャ カロシ ランテカルアの感想・レビュー

ここから、トラジャ カロシ ランテカルアを飲んだ感想・レビューを行います。

今回は、ペーパードリップで抽出して飲みます。使用するコーヒー器具は次の通りです。

コーヒーのレビューに使用する器具

三洋産業cafecの「スリーフォードリッパー」と、同じく三洋産業cafecの「アバカフィルター」を使います。

ドリッパーは小さな1つ穴のタイプで、お湯が一定の速度で落ちるようになっています。メリタのアロマフィルターと同じく、誰が淹れても美味しくコーヒーが作れる構造です。

コーヒーを淹れる人の技術に味が左右されないのでレビュー向き。一部のプロも愛用しますが、初心者の方にもおすすめのドリッパーです。

フィルターは特殊な加工がされていて、簡単にいうとペーパー自体がリブの役割を果たします。

コーヒーの旨味を余すことなく抽出できるフィルターで、もともとHARIOのペーパーフィルターを手掛けていた会社の商品です。(Harioは現在コストカットのため安価な薄いフィルターに変更しています)

使うコーヒーポットは琺瑯製のケトル「月兎印ホーローポット」。ホーロー製は持ち手が多少熱くなるので使いにくいと言われますが、金属の臭いがお湯に移りません。

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX R-220

使用するコーヒーミルは、フジローヤルの小型高性能ミル「みるっこDX R-220」。微粉が混じりにくいように作られているので、突き刺さるような苦味が少なくなります。

性能は抜群ですが高価なのがネック。カリタの手挽き&微粉ふるい器でも性能は申し分ないです。

カリタの手挽きミルと微粉ふるい器

カリタのグラインダーは約3,000円。微粉ふるい器は茶こし+計量カップを合わせたもの。100均で揃います。

豆の挽き具合はペーパードリップに適した中挽きに設定します。

▼抽出環境

  • 使うコーヒー豆:15g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • コーヒー粉の蒸らし時間:1分
  • コーヒーの抽出時間:1分

▼コーヒー豆を5段階評価

コーヒー豆を5段階評価

香り:2
コク:1
苦味:2
甘味:1
酸味:1

パオコーヒーの豆「トラジャ カロシ ランテカルア」おすすめ?正直な感想をレビュー

お湯を落とすと、コーヒー粉がドーム状にふわっと大きく膨らみ、豆の鮮度が良いことを示します。

深煎りらしいスモーキーな味わいが感じられますが、焦げたような味とも言えます。

いざ飲むと、トラジャとは思えないほどコクが控えめで、まるでスーパーで売っているコーヒー豆のような「味が薄いコーヒー」という印象です。

パオコーヒーの豆「トラジャ カロシ ランテカルア」おすすめ?正直な感想をレビュー

苦味がメインの味わいで酸味はほとんどありません。個人的には甘みも旨みもコクも少なく、物足りない味わいだと正直に感じました。

グラム単価422円と値段はそこまで高くないですが、値段なりの味です。

 

▼実際に購入した方の口コミ・評判・レビュー(ブログ・SNSから抜粋)

豆が本物のカロシ・トラジャであれば焙煎しすぎです

カスタマーレビューの評価をみて買ってみましたが、着いたときに焦げの臭いがしたことで炒り過ぎと思いました。

カロシ・トラジャの柔らかで豊かな香りは飛んでしまい、焦げの臭いと苦みだけであり、残念かつもったいないなと思いました。

カロシの本当の香りと味を出すためには浅炒りが基本と思います。是非試してみてください。
好みの焙煎で仕上げていただけるのならまた注文したいと思っています。

品質良し。価格良し。

頑なまでのコクテール堂のファンでしたが、いつの間にかこちらの豆のリピーターになってしまいました。

ペーパードリップで淹れています。今回は焙煎あがりの状態が小生の好みにピッタリ!でした。

数多あるトラジャの中でもランクは上の方だと思います。

ミディアムローストのトラジャ希望

残念ながらトラジャの味がしませんでした。理由はわかりませんが驚くほど味わいのないものでした。ドリップして飲む価値はないのでエスブレッソマシンに放り込みました。

これでミディアムロースト?

他の方も評価しておられますが、焙煎しすぎだと思います。こちらの店は総じて焙煎が強いですね。もったいないです。まだ価格の低いモカの方が、許せるかも。

おいしかったという高評価のコメントもあるので、この商品は当たり外れがあるのかも知れません。

トラジャ カロシ ランテカルアがおすすめな人・おすすめしない人

  • おすすめな人:大量のコーヒー豆を安く買いたい人
  • おすすめしない人:トラジャらしい芳醇な香りと豊かな味わいを期待する方

まとめ(総評)

「パオコーヒー」というお店のコーヒー豆「トラジャ カロシ ランテカルア」を飲んだ正直な感想をレビューしました。

総評すると、欠点豆は0.6gしか入っておらず状態は良好。豆の鮮度も最高の状態で届きました。

期待を膨らませてドリップしましたが、いざ飲むとトラジャらしい芳醇な香りと豊かな味わいが感じられませんでした。

安い値段で大量のコーヒー豆を買うなら、加藤珈琲店のコーヒー福袋(2kg 3000円。グラム単価150円)でも良いかと思います。

加藤珈琲店の豆は欠点豆も混じってますし、鮮度も悪いですが、味は同じくらいです。

同じ味なら加藤珈琲店の方がずっと安いので、「この値段なら、まぁいいか・・・」と思えるかと思います。

 

美味しいコスパの良いコーヒー豆なら、北海道の自家焙煎店の初回限定セット(グラム356円。合計600g)がおすすめです。

珈琲きゃろっと コーヒー豆3種 初回限定セット 2,138円(600g)送料無料

ここは焙煎の全国大会で優勝している専門店なので、美味しさは折り紙付きです。(初回限定、数量限定という制限アリですが、旨いです)

珈琲きゃろっと 初回限定セット(公式ページ)

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング10選|1000種類飲むマニアが厳選」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは「縛り」があったりして、正直ぼったくりみたいな豆もありますが、ちゃんとお店を選べばかなりお得です。

まともな豆で初回限定50%OFF(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあるので、詳しくレビューしています。

ちょっとでも安くコーヒー豆を買いたい人におすすめの内容です。


-コーヒー豆のレビュー
-

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5