コーヒー豆のレビュー

ブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の感想を正直にレビュー

2017年9月21日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

ブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の感想を正直にレビュー

2017年9月21日

ブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の感想を正直にレビュー

忖度のないレビューを消費者目線で行う「山口的おいしいコーヒーブログ」です。

今回は、ブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の正直な感想をレビューします。

※記事中の値段は全て税込です。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
バリスタ / 焙煎士

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

TV出演、文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

ジャイアントステップスの基本情報

コーヒー豆の特徴

ブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の感想を正直にレビュー

ジャイアントステップスは、ブルーボトルコーヒーの中で最も深煎りのブレンドです。

どっしりとしたボディとコクが特徴で、ミルクとの相性も考えてローストされています。

ブラックで飲んだ時にはチョコレートのような味が楽しめるように作られています。

 

値段、豆の量、焙煎度合い

ブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の感想を正直にレビュー

価格 1,782円/200g
100g単価 864円
豆の産地 コロンビア、ペルー(時期によって種類が異なる)
焙煎度合い 深煎り

ジャイアントステップスは店舗、公式オンラインストアで購入できます。

どちらでも購入した場合も豆の状態のみ。

鮮度がすぐに悪くなるため、ブルーボトルでは粉の状態で販売しません。

また、ブルーボトルでは焙煎後48時間以内の新鮮な豆しか取り扱いません。

 

レビュー

ブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の感想を正直にレビューブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の感想を正直にレビュー

【抽出環境】

  • 豆の量:16g
  • 豆の挽き具合:中挽き
  • お湯の量:160cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒

パッケージを開封すると、豆からフルーティーで華やかな香りがほのかに感じられます。

ドリップすると、ナッツのような芳ばしさとハチミツを思わせる甘さに加え、かすかにフルーティーな香りも広がります。

実際に飲むと、苦味と酸味のバランスが良く、万人受けする飲みやすさです。

ほどよい酸味が後味を爽やかにしています。

コーヒーを飲み込むと、心地よいフルーティーな香りが鼻から抜けていきます。

チョコレートのような味は感じません。

ブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の感想を正直にレビュー

エアロプレスで抽出すると、よりさっぱりした味になります。

苦味が少し抑えられ、酸味が強くなります。爽やかな印象です。

ブルーボトルコーヒーの豆「ジャイアントステップス」の感想を正直にレビュー

ネルドリップすると、まろやかな印象になります。

時間のある時にチョイスしたい抽出方法です。

 

総評

苦味と酸味のバランスが良いので、多くの人に好まれる味です。

深煎りでも多少フルーティーさがある点にブルーボトルらしさを感じます。

一番人気のベラドノヴァンよりも飲みやすいです。

100g単価はスタバのシングルオリジンより約100円高いですが、飲みやすさはブルーボトルに軍配が上がります。

なお、チョコレートのような味はしません。

チョコ感を求めるなら「ブラジルショコラ」がおすすめです。

チョコレート系のコーヒーはこちらにまとめています。

 

あわせて読みたい
ブラジルコーヒーおすすめランキング10選!実際に飲んだおいしい豆を厳選

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「【2022年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは「縛り」があったりして、正直ぼったくりみたいな豆もありますが、ちゃんとお店を選べばかなりお得です。

まともな豆で初回限定50%OFF(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあるので、詳しくレビューしています。

ちょっとでも安くコーヒー豆を買いたい人におすすめの内容です。


-コーヒー豆のレビュー

© 2022 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5