コーヒー豆のレビュー

珈琲問屋のコーヒー豆「インドネシア マンデリン」を飲んだ正直な感想をレビュー

2019年12月3日

通販コーヒー豆のレビューサイト「山口的おいしいコーヒーブログ」です。

今回は、コーヒー豆の通販サイト「珈琲問屋」の「インドネシア マンデリン」を飲んだ正直な感想を述べます。

同じコーヒー豆でも抽出に使う器具によって味が変わるため、ペーパードリップやネルドリップなど3つの抽出方法で飲んで感想を述べます。

珈琲問屋【インドネシア マンデリン】

珈琲問屋 インドネシア マンデリンビッグアチェ

インドネシア マンデリンは、珈琲問屋で次のように紹介されています。

香り深く、ほのかにシトラスを感じます。
ライムやアップルのような酸味と
ビターチョコを連想し
濃厚で重みのあるしっかりとしたコク。
苦みと甘みのバランスが良く
上品で高級感あふれる一杯。

出典:珈琲問屋

値段とコーヒー豆の量

380円(生豆時100gの値段)

 

コーヒー豆の種類

インドネシア

関連記事:マンデリンのコーヒー豆おすすめ23選!特徴や品種、精製などを解説

 

焙煎度合い

フルシティロースト

※焙煎度合いは「ライトロースト」から「イタリアンロースト」まで選択可能

関連記事:コーヒー豆のローストや焙煎度合い・焙煎方式ごとの味の違いを解説

 

コーヒー豆の状態

珈琲問屋 インドネシア マンデリンビッグアチェ 珈琲問屋 インドネシア マンデリンビッグアチェ 珈琲問屋 インドネシア マンデリンビッグアチェ

珈琲問屋の「インドネシア マンデリン」は一見、粒も綺麗に揃っていて問題なさそうです。

しかし、目を凝らすと表面が欠けた豆が確認できます。

 

実際に飲んだ感想

珈琲問屋 インドネシア マンデリンビッグアチェ

珈琲問屋のコーヒー豆「インドネシア マンデリン」を飲んだ正直な感想をレビュー

中挽きにした珈琲問屋の「インドネシア マンデリン」を、ハリオV60ドリッパーにセットして、お湯を静かに注いでいきます。

湯に触れたコーヒー粉は小さくふわっと膨らんで鮮度が良いことを示しています。

珈琲問屋 インドネシア マンデリンビッグアチェ

実際に飲むと、焦げたような苦味が口を支配します。

スターバックスのような焦げた味とも異なり、今まで感じたことのないイガイガした苦味が強いです。

この苦味のインパクトが強烈なため、ほかの味の要素が感じられません。

次はコーヒープレスで淹れてみます。

珈琲問屋 インドネシア マンデリンビッグアチェ

粗挽きにした「インドネシア マンデリン」をコーヒープレスで飲むと、かすかに酸味が感じられるようになりました。

酸味と焦げた苦味が重なると、確かにライムのような苦酸っぱい味とも受け取れます。

次はネルドリップして飲んでみます。

珈琲問屋 インドネシア マンデリンビッグアチェ

粗挽きにした「インドネシア マンデリン」をネルドリップして飲むと、焦げた苦味がマイルドになりました。

これまでで一番飲みやすく、味のバランスが整いました。

しかし、美味しいかと問われると素直に頷けません。

 

おすすめできるコーヒー豆か?

ミルクやクリームを入れて飲むならともかく、ブラックで飲むのには適さない印象です。

同価格帯のコーヒーなら、ドトールのカフェヨーロピアンもしくはマイルドブレンドを選びたいです。

よりコスパを重視するなら、専門店「きゃろっと」のコーヒー豆600gセットがおすすめです。

関連記事:珈琲きゃろっとの初回限定セット1980円の感想を正直に述べる

 

他にも、お手頃価格でおいしいコーヒー豆などをランキング形式で紹介しています。

関連記事:【2022年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介


-コーヒー豆のレビュー

© 2022 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5