コーヒー豆のレビュー

シーロースターセレクトコーヒーの豆4種類の感想|通販コーヒー豆レビュー

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

シーロースターセレクトコーヒーの豆4種類の感想|通販コーヒー豆レビュー

今回は、Croaster Select Coffee(シーロースター セレクト コーヒー)という専門店(自家焙煎店)のコーヒー豆を4種類を飲んだ感想をレビューします。

シーロースターセレクトコーヒーは、2020年11月にオープンしたリピート率44%のコーヒー豆通販サイト。

鮮度にこだわった自家焙煎スペシャルティコーヒーを取り扱い、注文後に焙煎し、当日もしくは翌日に出荷するのが同店の特徴です。

お店の特徴を簡単に紹介したところで、コーヒー豆の感想(レビュー)・口コミ・評判を書いていきます。


人気記事

1000種類から本当においしい通販コーヒー豆をランキング
【2021年 最新版 随時更新】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

【市販・スーパー、高級な通販コーヒー豆から厳選】
コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士 / 日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)会員

1,000種以上の通販コーヒーを飲む。TV出演、文藝春秋(文春オンライン)などにコラムを掲載。全国の様々なコーヒーを味わう。

Croaster Select Coffee(シーロースター セレクト コーヒー)とは?

Croaster Select Coffee(シーロースター セレクト コーヒー)は、「いつものなんとなくのコーヒーじゃなく、普通に感動するスペシャルティーコーヒー」を届けることをコンセプトに掲げています。

同店は高品質な生豆だけを選定し、コーヒー豆の美味しさを最大限に引き出す焙煎技術にこだわる専門店。

焙煎したての鮮度の高いコーヒーを届け、感動するコーヒーを飲んで欲しい。そして、農園で働く現地の人々へ正当な還元をしたいという想いが込められています。

さらには、SDGsへの取り組みも行っています。

コーヒーを作る人達から、それを飲む人達まで関わる人々が笑顔になれること。コーヒー需要が世界的に広がる中、価格競争のしわ寄せが生産者に低賃金というかたちで影響が出ています。

発展途上国でもある生産国のこの問題を解決しコーヒー産業の持続可能性を追求するために生産地ルワンダで農園を共同運営し、生産指導や農家の生活改善などに取り組んでいます。

私たちはコーヒーを通じたつながりで、ほんとうの意味でのSDGsの実現を目指していきます。

引用:Croaster Select coffeeとは

焙煎機

同店で使用している焙煎機は「NOVO MARK2(ノボ マーク2)」という全自動の熱風式(ダイイチデンシ社製)です。

コーヒー豆の中心からしっかり火を通すことができ、ムラのない味わいに仕上げることが得意な焙煎機です。

【関連記事】コーヒー豆のローストや焙煎度合い・焙煎方式ごとの味の違いを解説

コーヒー豆のレビュー

ネット通販で4種類のコーヒー豆を飲んだのでレビューしていきます。

今回は、ペーパードリップで抽出します。使用するコーヒー器具は次の通りです。

ペーパードリップ

三洋産業cafecの陶器製「スリーフォードリッパー」と、同じく三洋産業cafecの「スリーフォーフィルター」を使います。

フィルターは独自の両面クレープ加工が施されていて、ペーパー自体がリブの役割を果たします。そのためスムーズなコーヒー抽出を可能にします。

簡単にいうと、コーヒーの成分を余すことなく抽出することに特化したフィルターです。

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX R-220

使用するコーヒーミルは、フジローヤルの小型高性能ミル「みるっこDX R-220」。

豆の挽き具合はペーパードリップに適した中挽きに設定します。

月兎印ホーローポット

使うコーヒーポットは琺瑯製のケトル「月兎印ホーローポット」。お湯に金属の臭いが移らない(お湯が不味くならない)のが特徴です。

湯温は85℃に設定してコーヒー粉に注いでいきます。

【抽出環境】

  • 使うコーヒー豆:15g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • コーヒー粉の蒸らし時間:1分
  • コーヒーの抽出時間:1分

グアテマラ ナランハレス農園

シーロースターセレクトコーヒー グアテマラ

  • 値段:1,400円(全国一律 送料無料)
  • 内容量:200g
  • 焙煎度合い:深煎り(シティロースト

「グアテマラ ナランハレス農園」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

優しくまろやかな甘味。バランスが良くクリーンな味わい。グアテマラ特有のナッツやキャラメルの風味が特徴です。

深煎りならではのボディやコクがお好みの方にはピッタリだと思います。ボディはありますが後味はとてもクリーンです。

85℃ぐらいのお湯でドリップすると甘味が増し、97℃ぐらいだとキリッとした苦味やボディを感じられます。アイスコーヒーにもぴったりです。

引用:グアテマラ ナランハレス農園 商品詳細(公式通販ページ)

 

■透明感のある瑞々しい味わいに定評がある

グアテマラの小規模農家コーヒー生産者団体「GOOD COFFEE FARMS(グッドコーヒーファームズ)」に加盟するナランハレス農園は、農薬や化学肥料を使用せずにコーヒーを栽培します。

透明感のある瑞々しい味わいと、甘くフルーティーな後味が高く評価され、2019年頃から日本でも注目を集めています。

話題になったもう一つの理由は、「バイシクル・パイピング」と呼ばれる自転車型の脱穀機を使用し、コーヒーチェリーを除去していることが挙げられます。

人力の脱穀機を使用し、水も電気も燃料も不要な製法でコーヒー豆が生産されます。このサスティナブルな方法が話題となり、これをきっかけに豆の品質の高さ・美味しさも注目されるようになりました。

 

▼コーヒー豆の詳細情報

  • 農園の高度: 1,535~1,640m
  • コーヒー豆の品種:60%パチェ、20%カトゥアイ、20%パカス
  • 精製方法:ウォッシュド
  • 豆の等級・グレード:記載なし

 

▼グアテマラ産コーヒーの特徴の詳細はこちらにまとめています。

グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

 

■グアテマラ ナランハレス農園の口コミ・評判

▼微妙な口コミ・評判

スッキリ飲みやすかったのですが、深煎りと思って飲むと物足りないかもしれません。

もう少し深煎りならではの、重さやコク、苦みをほしいと感じました。

私が普段から極深煎りに近いコーヒーを、飲んでいる影響もあるかもしれません。

アイスコーヒーで飲んだりすると、また感じが違うかもしれませんね。

▼良い口コミ・評判

優しくまろやかな甘味、バランスが良くクリーンな味わい。
グアテマラ特有のナッツやキャラメルの風味

まろやかな甘みとナッツやキャラメルのようなフレーバーが特徴です。

コクが深く重めなボディでありながら、後味はすっきりして後を引きません。

 

■コーヒー豆は焼きムラなし。粒も均一に整っている。

コーヒー豆の状態

コーヒー豆を袋から取り出すと、粒が均一に揃っていて焼きムラも見られません。

割れたり欠けたりした欠点豆も見られず、コーヒー豆の状態は良好です。

なお、このグアテマラ ナランハレス農園を含むすべての商品は豆の状態、粉(エスプレッソマシン用の細挽き、ペーパードリップ・コーヒーメーカー用の中挽き、ネルドリップ、フレンチプレス用の粗挽き)から選べます。

コーヒーミルやグラインダーをお持ちでない方でも気軽に飲めます。

 

■実際に飲んだ感想・レビュー

ここから、グアテマラ ナランハレス農園を飲んだ感想・レビューを行います。

▼5段階評価

ルワンダ カリシンビCWSを5段階評価

香り 3
コク 2
苦味 2
甘み 3
酸味 3

コーヒーを抽出

※今回は樹脂製のスリーフォードリッパーを使用しています。

実際に飲んだレビュー

ペーパードリップして飲むと、ほどよい苦味とフルーティーな酸味のバランスがよく、飲みやすい味わい。

深煎りらしいコクと甘みはほどよく抑えられており、チェリーを思わせるすっきりとしたフルーティーさと、果実のような旨味が口の中で調和します。

一般的な深煎りコーヒーのイメージとは異なり、強い味わいのコーヒーではなく、繊細な味わいという印象。ミルクを入れて飲むよりもブラックで飲むことをおすすめしたい一杯です。

ちょっと酸味のあるコーヒーが好きな方や、さっぱりしたコーヒーが好きな方におすすめです。食後のコーヒーや、気分転換のコーヒーとして選びたい一品。

毎日飲んでも飽きない、透明感のある味わいが印象的でした。

 

▼このコーヒーがおすすめの方

  • 苦味と酸味のバランスが良いコーヒーが好きな方
  • ほどよくフルーティーな味も楽しみたい方

グアテマラ ナランハレス農園を公式通販ページで見る

 

逆に、「どっしりとした苦味」「力強いコク」を求める方には、珈琲きゃろっとのマンデリンが良いかも知れません。(豆600gセット(初回限定)がお得。100gあたり330円)

今回レビューしたグアテマラの半額(スーパー・市販品と同等の価格)ですが、こちらも専門店らしい美味しさが感じられます。ブラック、カフェオレどちらでも楽しめます。

エチオピア コンガ農協G3

シーロースターセレクトコーヒー/エチオピア

エチオピア コンガ農協G3は100gあたりに換算すると600円なので、スペシャルティコーヒーとして販売される豆の中では比較的リーズナブルな価格といえます。

※スペシャルティコーヒーとは、原料の品質から製法、香り、味、色などの基準の中で、高い評価を受けたもの。上質な風味と味わいが特徴です。

 

エチオピア コンガ農協G3は、公式ホームページで次のように紹介されています。

あっさりとした鮮やかな酸味 エチオピア コンガ農協G3 200グラム

大人気のエチオピアの豆をスペシャルティーコーヒーらしく浅煎りで仕上げました。フルーティーな香りと際立つ甘味は、いままで飲んでいたコーヒーとの違いをしっかりと感じられることでしょう。

チョコレートや甘いスイーツといっしょにお召し上がりください。

引用:エチオピア コンガ農協G3 商品詳細(公式通販ページ)

 

▼コーヒー豆の詳細情報

  • 生産地:エチオピア コンガ農協
  • コーヒー豆の等級・グレード:G3
  • 精製方法:ナチュラルプロセス
  • 品種:アビシニカ種(エチオピア原種)

 

エチオピアコーヒーの名産地であるイルガチェフェ地区にあり、品質の高いコーヒーを生産することで知られる有名な「コンガ農協」が手掛けています。

コンガ農協は精製技術が高く、ここで生産されたアビシニカ種はスペシャルティコーヒーの中でも選りすぐりのトップ スペシャルティとして貴重な存在となっています。

豆の等級・グレードについてですが、エチオピア産のコーヒー豆は下記の5つのグレードに分けられます。

  • G1 :300g中の欠点豆が0~3個
  • G2 :300g中の欠点豆が4~12個
  • G3 :300g中の欠点豆が13~27個
  • G4 :300g中の欠点豆が28~45個
  • G5 :300g中の欠点豆が46~90個

エチオピア国内では、ナチュラルプロセスのトップグレードをG3と表記し、水洗処理を施すウォッシュドをG1と表記します。

つまり、今回レビューする豆は「最高品質のエチオピアコーヒー」となります。

なお、ナチュラルプロセスとは、コーヒーの実のまま、果肉をつけた状態で乾燥させる精製方法のことで「コーヒーの果肉の甘さや風味が強くなる」のが特徴。

完熟した果実のような味わいが好きな方に、ナチュラルプロセスのコーヒーはおすすめです。

▼エチオピアコーヒーの特徴など、こちらにまとめています。

エチオピアコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

 

■コーヒー豆の状態:欠点豆なし。焼きムラもほとんど見られない。

シーロースターセレクトコーヒー/エチオピア

パッケージから開封すると、粒がきれいに均一に揃っていて焼きムラもほとんど見られません。割れたり欠けたりしている欠点豆も混入しておらず、コーヒー豆の状態は良好と言えます。

 

■実際に飲んだ感想・レビュー

エチオピアを5段階評価

香り 4
コク 2
苦味 2
甘み 3
酸味 4

シーロースターセレクトコーヒー/エチオピア

エチオピアをペーパードリップすると、花のような香りがふわっと辺りに広がります。カップに顔を近づけると、エチオピア特有の華やかなアロマが鼻から抜けていきます。

さっそく一口飲んでみると、グレープフルーツを思わせるジューシーな味わいが口に広がります。「酸っぱい」と感じるような酸味ではなく、柑橘系フルーツのような甘味を含んだ酸味で飲みやすい。

フルーツのような甘みとともに、オレンジピールのようなほどよい苦味が感じられます。この苦味が良いアクセントになっており、コーヒーを飲んでいるという気持ちにさせてくれる。

とても爽やかで、煌びやかな「紅茶のようなエチオピア」もありますが、このエチオピアはほどよい苦味と酸味、甘みのバランスが取れた飲みやすいコーヒーという印象。

シーロースターセレクトコーヒー/エチオピア

総評として、一度は試す価値があるコーヒー豆だと正直に感じました。もっと酸味が強いかと思っていましたが、甘味がある分、酸味がマイルドです。

後味もすっきりしていてグイグイ飲める。気付いたらカップが空になっている、このエチオピアはそんなコーヒーでした。

値段も100グラムあたり600円なので、スターバックスなどチェーン店のコーヒー豆と同等か、若干安いくらい。

お手頃価格とは言えないにしても、エチオピアの最高品質コーヒーということを考えれば、リーズナブルだと思います。

 

▼このコーヒーがおすすめの方

  • 最高品質コーヒーをお得に飲みたい方
  • フルーティーなコーヒーが好きな方
  • 酸味のあるコーヒーが好きな方
  • コーヒーの甘みを楽しみたい方におすすめ

エチオピア コンガ農協G3を公式通販ページで見る

ルワンダ カリシンビCWS

シーロースターセレクトコーヒー ルワンダ カリシンビCWS

  • 値段:1,500円(全国一律 送料無料)
  • 内容量:200g
  • 焙煎度合い:中深煎り(シティロースト

ルワンダ カリシンビCWSは、最高品質の豆だけが受賞できる国際的な評価基準 Cup of Excellence(カップオブエクセレンス)を受賞した農園で栽培されています。

生産農家から精製方法、流通までトレーサビリティされているシングルオリジンです。

ルワンダ カリシンビCWSは、公式ホームページで次のように紹介されています。

甘味、酸味、苦味のバランス ルワンダ カリシンビCWS 200グラム (中深煎り)

生産農家から精製方法、流通までトレーサビリティされているシングルオリジン。

甘味、酸味のバランスがとても良く飽きのこない味です。コーヒーの温度が冷めていくにつれてまるで他のコーヒーを飲んでいるかのような味の変化を楽しめるのもスペシャルティーコーヒーならでは。

パッケージを開けた瞬間にあたりに漂う甘い香りはコーヒー豆とは思えないほど。この香りだけでも味わっていただきたいと思っています。

Croaster Select coffeeが一押しのレギュラーコーヒーです。

ぜひ豆のままで購入して抽出する直前に挽いてみてください。贅沢で芳醇な時間を過ごせます。

引用:ルワンダ カリシンビCWS 商品詳細(公式サイト)

 

■カリシンビCWSは上品な酸味が世界的に評価されている(2018年Cup of Excellenceを受賞)

カリシンビ(Karisimbi)CWS(コーヒー・ウォッシング・ステーション)はルワンダの北部、標高2,000mの高地にあります。

「ウォッシングステーション」とは、収穫したコーヒーチェリーを洗う水洗施設のこと。

カリシンビCWSでは、一粒一粒のコーヒー豆を手摘みで収穫し、精製して出荷します。

カリシンビCWSで働く女性たち

カリシンビCWSは女性が責任者。高品質なコーヒーを出荷し、コーヒービジネスでのルワンダ女性の生活レベル向上に貢献している。

このCWSで働く9割が女性なのですが、彼女たちの仕事に対する意識は高く、非常に丁寧な精製を行っているため、風味にバラつきが少ないのが特徴です。

もっとも大きな特徴は、火山灰の影響を受けた良質な土壌で育てられたコーヒー豆が生産されること。

コーヒーの美味しさは土壌の良し悪しも関係しますが、カリシンビCWSで生産されたコーヒーは口をつけた瞬間から喉を通るまで、透明感のある美味しさが持続することに定評があります。

また、カリシンビCWSは標高が高く、発酵作業を行う夜間に温度が下がるため、発酵速度が抑えられて非常に上品な酸味を生み出すことでも有名です。

こちらのCWSでは現在、主にオーガニックでコーヒー栽培が行われており、将来的には完全な有機栽培を目指しています。

 

▼コーヒー豆の詳細情報

  • 農園の高度:1800〜2000M
  • コーヒー豆の品種:アラビカ・ブルボン種
  • 土壌:火山性、片岩、砂岩
  • 精製方法:フリーウォッシュド・アフリカンベッド
  • 年間降雨量:1300mm(雨季年3回)
  • 豆の等級・グレード:A1
  • テイスト:スーパークリーンカップ、フローラル、グレープフルーツ、レッドチェリー、桃・スモモ、カラメル

豆の等級・グレードについてですが、一般的なルワンダ産のコーヒー豆はグレードが高いものから順に次のようになっています。

  • Super Specialty(スーパー スペシャルティ)
  • Specialty(スペシャルティ)
  • G1
  • G2
  • G3

しかし、カリシンビを含む一部CWSでは、さらに細かい独自のグレード分けを行い、コーヒーを精製しています。

  • A1(最高品質)
  • A2
  • B1
  • B2
  • C

つまり、今回レビューするコーヒー豆は「最高品質のルワンダ カリシンビCWS」となります。

▼ルワンダ産コーヒーの特徴など、こちらにまとめています。

ルワンダ産コーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

 

■ルワンダ カリシンビCWSの口コミ・評判

▼微妙な口コミ・評判

酸味と甘みを感じて美味しかったのですが、どっち付かずの感じもありました。

浅煎りにして甘みや酸味を際立たせるか、深煎りまで焙煎して苦みを出すかしてほしいと感じました。

▼良い口コミ・評判

あっさりとしていて飽きが来ない甘さ。

甘みと酸味のバランスがよく、好みに関係なく美味しく飲めるコーヒーという印象。

後味のキレも良く、飽きがこないクリーンな味わいでゴクゴク飲める。

グレープフルーツのような酸味を感じた後に、ピーチのような甘みのある後味がある。

 

■コーヒー豆は焼きムラ、欠点豆なし

シーロースターセレクトコーヒー ルワンダ カリシンビCWS

ルワンダ カリシンビCWSを袋から開封すると、粒が均一に揃っていて焼きムラも見られません。

割れたり欠けたりした欠点豆も混入しておらず、コーヒー豆の状態は良好と言えます。

 

■実際に飲んだ感想・レビュー

ルワンダ カリシンビCWSを5段階評価

香り 3
コク 2
苦味 2
甘み 3
酸味 3

シーロースターセレクトコーヒー ルワンダ カリシンビCWS

ペーパードリップして飲むと、非常に透明感のある酸味と苦味のバランスの良さを感じることができます。

エチオピアコーヒーのような煌びやかな香りを放つわけでもなく、グアテマラのようなジューシーな酸味が口に広がるわけでもなく、味が均一に美しくまとまっている印象を受けます。

ブルーマウンテンを彷彿とさせる透明感のあるクリアな味わいの中に、うっすらとコクや甘味を感じることができます。

コーヒーが冷めても雑味を感じることなく、フルーティーな酸味と甘味が口に広がり、ナッツのような香ばしさがフワッと鼻から抜けていきます。

 

▼このコーヒーがおすすめの方

  • クリアな味わいのコーヒーが好きな
  • 酸味と苦味のバランスが良いコーヒーが好きな方
  • フルーティーな酸味と甘味を楽しみたい方

ルワンダ カリシンビCWSを公式通販ページで見る

カフェインレス ルワンダ カリシンビCWS 超臨界デカフェ

croaster select coffee デカフェ

  • 値段:2,200円(全国一律 送料無料)
  • 内容量:200g
  • 焙煎度合い:中深煎り(シティロースト

「カフェインレス ルワンダ カリシンビCWS 超臨界デカフェ」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

※おかげさまで11/1長野コーヒーフェスティバルでは完売となった人気商品です

刺激物を避けて、健やかに眠りたい
妊娠授乳期にも美味しいコーヒーが飲みたい
年齢を重ねてカフェインに敏感になった

もっと多くの方にコーヒーを楽しんでいただきたいと思っています。

高品質なスペシャルティーコーヒーが原料
COE受賞歴のあるルワンダ カリシンビCWSから選出した生豆を使用。ルワンダトップクラスのスペシャルティーコーヒーです。

超臨界二酸化炭素抽出法によるカフェイン除去
既存の脱カフェイン手法のうち、最も豆に与える影響が少なく香りや味を損なわない技術です。国内技術による国内製造しています。水と二酸化炭素だけを使用するため人体への影響なく安心安全二酸化炭素は再利用され環境負担も軽減されます。

引用:カフェインレス ルワンダ カリシンビCWS 超臨界デカフェ  商品詳細(公式通販ページ)

 

▼コーヒー豆の詳細情報

  • 農園の高度:1800〜2000M
  • コーヒーの品種・種類:アラビカ・ブルボン種
  • 精製方法:フリーウォッシュド・アフリカンベッド
  • 豆の品質・グレード:A1
  • テイスト:スーパークリーンカップ、フローラル、グレープフルーツ、レッドチェリー、桃・スモモ、カラメル

こちらのコーヒー豆は、先ほど飲んだ「ルワンダ カリシンビCWS」からカフェインを取り除いたものです。

なお、デカフェとカフェインレスの違い、またノンカフェインの違いは下記のとおりです。

デカフェ カフェインを取り除いたもの
カフェインレス
  • カフェイン含有量が少ないもの
  • 日本ではカフェインを90%以上取り除いたもの
ノンカフェイン カフェインが全く含まれていないもの

 

▼関連記事

デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインの違い|おすすめコーヒー豆も紹介

カフェインレスコーヒー・デカフェおすすめ人気ランキング20選【管理栄養士監修】

 

■口コミ・評判

▼微妙な口コミ・評判

なし

 

▼良い口コミ・評判

香りの強さは通常のコーヒーと変わらず、ほのかにフルーティな華やかさがいい感じ。飲み心地は口当たりがスイートでコク深く、いつものコーヒーより重い印象。

程よく酸味があり、なめらかな苦味と豊かなコクによってバランス◎。超臨界の技術で、デカフェながらコーヒー本来の味わいが保たれている。

他社のデカフェコーヒーの場合、刺さるような酸味が一瞬のインパクトを与えた一方で余韻がなかったのに対し、シーロースタは長く続くような後味。

ルワンダ カリシンビCWS 、え、これデカフェ?というくらい珈琲です。

■コーヒー豆は欠点豆なし。香ばしい香りが強い。

コーヒー豆の状態

デカフェを袋から開封すると、粒が均一に揃っていて欠点豆もありません。

デカフェは香りが少ないという印象をお持ちかも知れませんが、この豆からは香ばしい香りが強く感じられます。

 

■実際に飲んだ感想・レビュー

コーヒー豆を5段階評価

香り 3
コク 3
苦味 2
甘み 3
酸味 3

 

croaster select coffee デカフェ

croaster select coffee デカフェ

ペーパードリップして飲むと、香ばしい風味が鼻から抜けていき、ジューシーな酸味とほどよい苦味が感じられます。

カフェインレスとは思えないほどコーヒーの味が強く、余韻が長く続きます。また、従来のデカフェの常識を覆すような力強いコクが印象的です。

長野のコーヒーフェスで完売したというもの納得の味わいで、コーヒーらしい味わいを求める本格派の方におすすめのデカフェです。

 

▼このコーヒーがおすすめの方

  • デカフェにコーヒーらしい味を求める方
  • 酸味と苦味のバランスが良いコーヒーが好きな方
  • コクと甘みがあるデカフェを飲みたい方

カフェインレス ルワンダ カリシンビCWS 超臨界デカフェを公式通販ページで見る

6,100円→3,500円になる福袋セットがお得【42%OFF】

今回飲んだコーヒー豆4種類をそれぞれ単品で購入すると6100円ですが、福袋セットを選べば約42%OFFの3500円で購入可能です。

福袋セットを購入しても、全国一律 送料無料で届けてくれます。

合計800gのコーヒー豆が入っているので、100gあたり438円。

スターバックス、タリーズ、ドトールなどの一番安いコーヒー豆と同価格帯であり、破格のスペシャルティコーヒーといえます。

店名 値段/100g 鮮度 欠点豆の数
スターバックス
ハウスブレンド
454円 かなり多い
タリーズ 
ハウスブレンド
524円 多い
ドトール
マイルドブレンド
435円 少ない
シーロースター
福袋セット
438円 なし

 

コーヒー豆の鮮度、欠点豆の数などを比較した場合、同店の福袋セットは非常にお得なことが分かります。

「家族みんなでコーヒーを飲む」という方や「毎日欠かさずコーヒーを飲む」という方におすすめ。

また、スーパー、市販のように安いコーヒーで、かつ美味しさも求める方にもおすすめのセットです。

 

▼コーヒー福袋セットがおすすめの方

  • 安くておいしいコーヒーをお探しの方
  • いろんなコーヒーをお得に試したい方
  • 家族みんなでコーヒーを飲むご家庭
  • 毎日欠かさずコーヒーを飲む方

お得福袋セット3500円を公式通販ページで見る

店舗情報

シーロースターセレクトコーヒーの店舗情報

Croaster Select Coffee(シーロースターセレクトコーヒー)

所在地:東京都千代田区一ツ橋1−1−1
電話番号:03-6822-4734
営業時間:平日10:00~17:00
定休日:土日祝
備考:配送料 全国一律無料


通販コーヒー豆おすすめランキング
【1,000種類から厳選】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

実際に飲んだ1,000種類以上の中から、おすすめの通販コーヒー豆を紹介しています。

コスパの良いおすすめ珈琲豆、スーパー・市販と同等の安いコーヒー豆、専門店の高級コーヒー豆などをまとめました。

コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 


  • この記事を書いた人

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)

日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士。1,000種以上の通販コーヒーを飲む。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。TV出演。

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5