コーヒー豆の通販

土居珈琲のブルーマウンテンNo1を飲んだ感想を正直に述べる

投稿日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、土居珈琲の高級銘柄「ブルーマウンテンNo1」を飲んだ感想を正直に述べます。

同じコーヒー豆でも用いる抽出器具によって出来上がりの味が異なるため

  • ペーパードリップ
  • コーヒープレス
  • ネルドリップ

上記3つの抽出方法で飲んだ感想を書いていきます。

ブルーマウンテンNo1

土居珈琲の「ブルーマウンテンNo1」は公式サイトで次のように説明されている。

非常に良いバランスを保ちながら、ジャマイカ産ならではの良質の酸味が全体を引き締めている。

出典:土居珈琲

値段

12,420円(税込)

※100gあたり6,210円

容量

200g

豆の種類

ウォーレンフォード農園で生産された豆のみ
(シングルオリジン)

焙煎度合い

ハイロースト
※浅煎り

豆の状態

土居珈琲のブルーマウンテンNo1は、割れたり欠けたりの不良豆がなく豆の状態が良い。

焼きムラもほとんど見られず、粒もキレイに均一に揃っている。

評価

ブルーマウンテンNo1を3つのコーヒー器具で飲み比べ

▲左から
・コーヒープレス
・HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー(マルタ製4枚接ぎネルフィルター)
・HARIO(ハリオ)V60ドリッパー

はじめにペーパードリップの定番である「ハリオV60ドリッパー」で抽出して飲んで、味の変化がしっかり感じられる2つの器具で飲んでいく。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:16g
  • お湯の量:160cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒
  • 使うコーヒーポット:カリタ製ホーローポット

ハリオV60ドリッパー

中挽きにした土居珈琲のブルーマウンテンNo1をハリオV60ドリッパーにセットしてお湯を静かに注いでゆく。

すると、お湯に触れた粉はドーム状に膨らんで鮮度が良いことを示している。

▲ドーム状に膨らむコーヒー粉

さっそく一口飲んでみると、ヘーゼルナッツのような香ばしさとキャラメルのような甘い香り、フレッシュな酸味が感じられる。

グレープフルーツのように、少し苦くて甘酸っぱい口当たりで明らかにコーヒーの苦味とは異なるジューシーさが印象的。

コーヒーの熱が冷めてくると酸味よりも甘みが感じられるようになり、飲んでいて非常に面白い銘柄。

苦味や酸味のキレが良く、しつこさもなく、透き通った味わいのコーヒーを堪能できる。

透明感の中にある柔らかい甘みや酸味が心地良い一杯である。

次はフレンチプレスで抽出してみよう。

フレンチプレス

粗挽きにした土居珈琲のブルーマウンテンNo1をフレンチプレスで抽出して飲むと、ヘーゼルナッツのような豆の風味は控えめになり、グレープフルーツのような苦味と酸味が際立っている。

ペーパードリップ時よりもあっさりした口当たりになるも、透明感のあるクリアな味の中にもコクと旨味が感じられる。

しかし今回は、コーヒーの熱が冷めても酸味が主体の味わいで甘みは控えめ。

ブルーマウンテン特有の上質な酸味をとことん味わいたい場合はフレンチプレスでの抽出をおすすめしたい。

最後にネルドリップで淹れてみよう。

ネルドリップ

土居珈琲のブルーマウンテンNo1をネルドリップで抽出して飲むと、グレープフルーツのようなほろ苦く、そして甘い酸味と、ヘーゼルナッツのような香ばしさがバランス良く味わえる。

これまでは酸味が際立っていたブルーマウンテンNo1も、ネルドリップすると味のバランスが均一に整って飲みやすい一杯に。

ブルーマウンテンNo1の酸味を抑えて飲みたい場合はネルドリップして飲むのが良い。

まとめ

さて、今回は土居珈琲の高級銘柄「ブルーマウンテンNo1」を3つの抽出方法で飲んでみた。

いずれの飲み方でもグレープフルーツのようなフレッシュでジューシーな酸味が味わえた。

すっきりとした透明感ある味わいの中にもコクと旨味があり、下の上でスーッと消えていく爽やかな酸味が、ブルーマウンテンNo1の特徴だと考えている僕にとっては、フレンチプレスでの抽出かペーパードリップで楽しみたいと感じた。

【おすすめできる?】

おすすめできるが、コーヒーギフトとしても気軽に選べる値段ではないので、個人的には土居珈琲の「エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園」をおすすめする。

エルサルバドルは、オレンジとビターチョコレートを思わせる風味が上品に重なったコーヒーで、高級感のある味わいが楽しめる。

土居珈琲の銘柄を初めて試すなら

土居珈琲の銘柄を初めて試すなら、今回おすすめした

  • エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園

と、土居珈琲の人気銘柄

  • ブラジルダテーラ農園

がセットになった「人気銘柄セット」から試すと良い。


▲土居珈琲 人気銘柄セット

こちらは、2種類の豆が100gずつ入っていて、鮮度が良いうちに飲みきれる量でセットになっている。
(通常は1種類200gでの販売)

ブラジルダテーラ農園は、カラメルのような甘みと香ばしさ、ビターな旨味が感じられる非常に美味しいコーヒー。

専用のギフトボックスに入って届くので高級感がありコーヒーギフトにも最適。

自分用としても満足感が高いセットなので、まずはこちらから試すことをおすすめする。

土居珈琲の人気銘柄セットを公式サイトでみる


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー