コーヒー豆のレビュー

ジュピターのコーヒー豆「モカ」はおすすめ?感想を正直にレビュー

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

ジュピターのコーヒー豆「モカ」はおすすめ?感想を正直にレビュー

ジュピターコーヒーではコーヒー豆を店頭販売のみ行っている

今回は「ジュピターコーヒー」で通年販売されるコーヒー豆「モカ」を飲んだ正直なレビューを述べます。

ジュピターコーヒーは、東京の駒込に本社を置く企業。自家焙煎のコーヒー豆や、コーヒー器具、輸入食材や酒類なども扱います。

おもに駅ビルや地下街、イオンなどのショッピングモールに出店していて2021年11月現在、全国に78店舗あります。

公式ホームページもありますが、ネット通販は行っていません。

取扱商品や、コーヒー豆の価格帯などが「カルディ/KALDI」に激似ですが、この2つのお店は全く関係ありません。

お店の特徴を簡単に紹介したところで、次はコーヒー豆の情報をチェックしていきます。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士

TV出演。文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

ジュピターのコーヒー豆「モカ」はおすすめ?感想を正直にレビュー

ジュピターのコーヒー豆「モカ」はおすすめ?感想を正直にレビュー

ジュピターコーヒーのコーヒー豆「モカ」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

チョコレートのような甘い香りと、フルーツのような強い酸味が特徴です。

引用:ジュピターコーヒー モカ (公式ページ)

モカの特徴は「ワインフレーバー」と呼ばれる独特の風味です。その名のとおり「ワインのように芳醇な味わい」が感じられます。

また、華やかな香りと、フルーティーな甘味を伴うのもモカの大きな魅力です。

ただし、スーパーなどで購入できる大手メーカーのモカは「万人受けする飲みやすさ」を重視しているため、あえて「モカらしさ」を抑えて、平均的な味のものが多い印象です。

値段は200g 680円

モカの値段は200g 680円(税込)。100gあたりに換算すると340円です。

スタバなど大手コーヒーチェーンと比較して、かなり安い「激安コーヒー豆」といえます。

 

▼有名店のコーヒー豆 比較表

商品名 値段/100g 鮮度 欠点豆の割合
スターバックス
エチオピア
574円 10%
カルディ
モカブレンド
359円 7%
ジュピターコーヒー
モカ
340円 3%

※鮮度が良いほど香り高く、風味がある。欠点豆が多いと渋み、焦げた味などの悪影響を及ぼす。

欠点豆の混入率は3%(少ない)

ジュピターのコーヒー豆「モカ」はおすすめ?感想を正直にレビュー

モカをパッケージから開封して、欠点豆と良豆を選別します。面倒ですが、これをやるとコーヒーが美味しくなります。

選別した結果、次の欠点豆が6.3g混入していました。

ジュピターのコーヒー豆「モカ」はおすすめ?感想を正直にレビュー

  1. 割れた豆・欠けた豆(欠豆)
  2. 中身のない貝殻豆
  3. 未成熟豆(未熟豆)
  4. 枯れた豆

※取り除いたほうが、より美味しく飲めますが、無視しても問題ないレベルです。

欠点豆が占める割合は全体の3%なので、これは少ないと言えます。(カルディのモカブレンドの半分以下)

カビ豆など、コーヒーの風味に致命的な影響を与える欠点豆がない点も好印象です。豆の状態は概ね良好といえます。

焙煎度合いは中深煎り

ジュピターのコーヒー豆「モカ」はおすすめ?感想を正直にレビュー

ジュピターコーヒーのモカは、苦味と酸味、甘味のバランスが良いハイロースト(中煎り)。

日本でも古くから親しまれている焙煎度合いで、市販のコーヒーにもっとも多い焙煎度合いです。

 

▼コーヒー豆の詳細情報

  • コーヒー豆の生産地:エチオピア
  • 農園の高度:記載なし
  • コーヒー豆の品種:アラビカ種
  • 精製方法: 記載なし(エチオピアではナチュラルが一般的)
  • 豆の等級・グレード:記載なし

口コミ・評判

今日ジュピターコーヒーでモカを買った。早速挽いて淹れたら芋のような匂いがした。

ジュピターコーヒーのモカブレンド 飲みやすいかもしれない

 

モカの感想・レビュー

ここから、モカを飲んだ感想・レビューを行います。

今回は、ペーパードリップで抽出して飲みます。使用するコーヒー器具は次の通りです。

ペーパードリップ

三洋産業cafecの陶器製「スリーフォードリッパー」と、同じく三洋産業cafecの「スリーフォーフィルター」を使います。

フィルターに特殊な加工がされていて、簡単にいうとペーパー自体がリブの役割を果たします。

コーヒーの旨味を余すことなく抽出できるフィルターです。

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX R-220

使用するコーヒーミルは、フジローヤルの小型高性能ミル「みるっこDX R-220」。

微粉が混じりにくいように作られているので、突き刺さるような苦味が少なくなります。

豆の挽き具合はペーパードリップに適した中挽きに設定します。

月兎印ホーローポット

使うコーヒーポットは琺瑯製のケトル「月兎印ホーローポット」。

ホーロー製だと、金属の臭いがお湯に移らないです。

湯温は85℃に設定してコーヒー粉に注いでいきます。

 

▼抽出環境

  • 使うコーヒー豆:15g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • コーヒー粉の蒸らし時間:1分
  • コーヒーの抽出時間:1分

▼コーヒー豆を5段階評価

ジュピターコーヒーのマンデリンをコーヒー豆を5段階で評価・レビュー

香り:2
コク:2
苦味:2
甘味:2
酸味:3

ジュピターのコーヒー豆「モカ」はおすすめ?感想を正直にレビュー

ジュピターコーヒーのモカをペーパードリップすると、中挽きにした粉が小さく膨らみ、鮮度がほどほどに良いことを示しています。

モカ特有の華やかさは控えめで、酸味と甘みのバランスが良い味わい。

多くの人にとって飲みやすいように作られている印象を受けます。個人的にはもっとモカらしい華やかさがあれば良かったと感じました。

モカらしい「華のある風味」を期待して抽出すると、ちょっと肩透かしを喰らったように感じてしまうかも知れません。

ジュピターのコーヒー豆「モカ」はおすすめ?感想を正直にレビュー
また、コクも控えめで甘味も少ないのも気になりました。中庸的な味で大きな欠点は無いものの、言い換えれば方向性がイマイチ定まらない「中途半端感」があります。

今回は、豆を15g使って150ml抽出していますが、18gなどお好みの量に増やすなど調節して、味を強くするのも良いかもしれません。


豆をやや多めに使う場合、最初に旨味だけを抽出して、残り半分をお湯で割ると美味しくなります。(コーヒーのお湯割り)

例えば150ml淹れる場合、蒸らしのあと75mlを30秒で抽出し、残り75mlはお湯を加えます。

アメリカーノのようにして飲むと、雑味がなく、クリアな旨味だけを豆から抽出できます。


通販コーヒー豆おすすめランキング
【1,000種類から厳選】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

実際に飲んだ1,000種類以上の中から、おすすめの通販コーヒー豆を紹介しています。

コスパの良いおすすめ珈琲豆、スーパー・市販と同等の安いコーヒー豆、専門店の高級コーヒー豆などをまとめました。

コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5