コーヒー豆のレビュー

ジュピターのコーヒー豆「ドミニカ」はおすすめ?正直にレビュー

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

ジュピターのコーヒー豆「ドミニカ」はおすすめ?正直にレビュー

ジュピターコーヒーではコーヒー豆を店頭販売のみ行っている

今回は「ジュピターコーヒー」で通年販売されるコーヒー豆「ドミニカ」を飲んだ正直なレビューを述べます。

ジュピターコーヒーは、東京の駒込に本社を置く企業。自家焙煎のコーヒー豆や、コーヒー器具、輸入食材や酒類なども扱います。

おもに駅ビルや地下街、イオンなどのショッピングモールに出店していて2021年11月現在、全国に78店舗あります。

公式ホームページもありますが、ネット通販は行っていません。

取扱商品や、コーヒー豆の価格帯などが「カルディ/KALDI」に激似ですが、この2つのお店は全く関係ありません。

お店の特徴を簡単に紹介したところで、次はコーヒー豆の情報をチェックしていきます。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士

TV出演。文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

ジュピターのコーヒー豆「ドミニカ」はおすすめ?正直にレビュー

ジュピターのコーヒー豆「ドミニカ」はおすすめ?正直にレビュー

ジュピターコーヒーのコーヒー豆「ドミニカ」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

バランスのとれた柔らかい甘みと、すっきりした香味が特徴。

引用:ジュピターコーヒー ドミニカ (公式ページ)

カリブ海近隣諸国で有名なコーヒーとしては、ジャマイカコーヒー(ブルーマウンテン)などが日本ではメジャーです。

しかし、ドミニカ共和国のコーヒー栽培には長い歴史があり、ハイチとの国境近くの地域では非常に品質の高いコーヒーが採れることで有名です。

ドミニカ共和国のコーヒー栽培

1,700年頃にアラビカ種(ティピカ)の苗木が移植され、ドミニカコーヒーの栽培がスタートしたとされています。

最近では「カリビアン モカ」や「プリンセサ ワイニー ナチュラル」などの銘柄が有名です。

特に「カリビアン モカ」はブルーマウンテンと同じ最高級のティピカ種です。

香り・酸味・甘みのバランスのとれたコーヒー大粒の豆は、「ブルーマウンテンに匹敵する最高級のコーヒー」とも称され、ブルマンの代替品として使う喫茶店もあるほどです。

値段は200g 918円

ドミニカの値段は200g 918円(税込)。100gあたりに換算すると459円です。

スタバなど大手コーヒーチェーンと比較して、かなり安い「激安コーヒー豆」といえます。

 

▼有名店のコーヒー豆 比較表

商品名 値段/100g 鮮度 欠点豆の数
スターバックス
グァテマラ
537円 10%
カルディ
グァテマラ
359円 5%
ジュピターコーヒー
ドミニカ
459円 1.9%
珈琲きゃろっと
グァテマラ
356円 1%以下

※鮮度が良いほど香り高く、風味がある。欠点豆が多いと渋み、焦げた味などの悪影響を及ぼす。

※場所が近いグアテマラのコーヒーで比較しています。

欠点豆の混入率は1.9%(少ないが、カビが生えた豆が混入している)

ジュピターのコーヒー豆「ドミニカ」はおすすめ?正直にレビュー

ドミニカをパッケージから開封して、欠点豆と良豆を選別します。面倒ですが、これをやるとコーヒーが美味しくなります。

選別した結果、次の欠点豆が3.8g混入していました。

ジュピターのコーヒー豆「ドミニカ」はおすすめ?正直にレビュー

  1. 虫食い豆(カビ豆)
  2. 割れた豆・欠けた豆(欠豆)
  3. 発酵豆(黒豆)
  4. 中身のない貝殻豆
  5. 未成熟豆(未熟豆)
  6. 枯れた豆

※1〜3は取り除いたほうが美味しく飲めます。

欠点豆が占める割合は全体の1.9%なので、これは少ないと言えます。(カルディの中でも高品質なグァテマラの半分以下)

しかし、虫食い豆(カビ豆)には、オクラトキシンA(非遺伝毒性発がん物質・かび毒)が含まれるので、取り除くことをおすすめします。

※健康被害云々よりも、風味が著しく損なわれて、カビ臭がするので、なるべく取り除いた方が美味しく飲めます。

とりあえず、小さな穴があいた豆と、黒くなった豆は取り除いたほうがいいです。

虫食い豆は焙煎豆だとわかりにくいですが、内部にカビが生えていることがあります。

虫食い豆(カビ豆)

虫食い豆は、中にカビが生えているのが特徴

焙煎により毒性が最大で90%ほど減少するため「健康に悪影響を及ぼす可能性は低い」と、されていますが正直、口に入れないに越したことはありません。

カビ臭さもあり、コーヒーの風味が著しく損なわれます。

焙煎度合いは中深煎り

コーヒー豆の焙煎度合い

ジュピターコーヒーのドミニカは、苦味と酸味、甘味のバランスが良いハイロースト(中煎り)。

日本でも古くから親しまれている焙煎度合いで、市販のコーヒーにもっとも多い焙煎度合いです。

 

▼コーヒー豆の詳細情報

  • コーヒー豆の生産地:ドミニカ
  • 農園の高度:記載なし
  • コーヒー豆の品種:アラビカ種
  • 精製方法: 記載なし(ドミニカでは水洗式/ウォッシュドが一般的)
  • 豆の等級・グレード:記載なし

口コミ・評判

今朝は、ジュピターコーヒーのドミニカ。
初めて買ってみたけど、香ばしい香りで華やかな感じ。
お店のバランスシートではすべての項目が均等になっています。

最近は珈琲豆はジュピターコーヒーのセールで買うことが多いんだけど、いろいろ飲んだうち「ケニア」と「ドミニカ」をリピートしてる

今の所ジュピターコーヒーのラインの中ではドミニカが一番好みだなあ。

ドミニカの感想・レビュー

ここから、ドミニカを飲んだ感想・レビューを行います。

今回は、ペーパードリップで抽出して飲みます。使用するコーヒー器具は次の通りです。

ペーパードリップ

三洋産業cafecの陶器製「スリーフォードリッパー」と、同じく三洋産業cafecの「スリーフォーフィルター」を使います。

フィルターに特殊な加工がされていて、簡単にいうとペーパー自体がリブの役割を果たします。

コーヒーの旨味を余すことなく抽出できるフィルターです。

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX R-220

使用するコーヒーミルは、フジローヤルの小型高性能ミル「みるっこDX R-220」。

微粉が混じりにくいように作られているので、突き刺さるような苦味が少なくなります。

豆の挽き具合はペーパードリップに適した中挽きに設定します。

月兎印ホーローポット

使うコーヒーポットは琺瑯製のケトル「月兎印ホーローポット」。

ホーロー製だと、金属の臭いがお湯に移らないです。

湯温は85℃に設定してコーヒー粉に注いでいきます。

 

▼抽出環境

  • 使うコーヒー豆:15g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • コーヒー粉の蒸らし時間:1分
  • コーヒーの抽出時間:1分

▼コーヒー豆を5段階評価

ジュピターコーヒーのドミニカコーヒー豆を5段階で評価・レビュー

香り:2
コク:3
苦味:2
甘味:2
酸味:3

ジュピターのコーヒー豆「ドミニカ」はおすすめ?正直にレビュー

ジュピターコーヒーのドミニカをペーパードリップすると、中挽きにした粉が小さく、ふわっと膨らみます。

鮮度がほどほどに良いことを示しています。

ひとくち飲むと、マンゴーのようなフルーティーな甘みと、グレープフルーツのような苦酸っぱい味わいが感じられます。

しっかりとコクも感じられて、重量感のある味わいが楽しめます。

ジュピターのコーヒー豆「ドミニカ」はおすすめ?正直にレビュー
クセがなく、後味もスッキリしていて、非常に飲みやすい中煎りコーヒーです。

実際に飲むまでは味にそこまで期待していませんでしたが、毎日飲む普段用コーヒーとしては申し分ないクオリティだと正直に感じました。

苦味と酸味のバランスが良く、ほどよいフルーティーさも楽しむなら、ジュピターのドミニカはおすすめです。

ただし、カビ豆が普通に入っている(カルディでも特定の銘柄にしかカビ豆は入っていない)ので、取り除いて飲むことをおすすめします。

飲む前にちょっと手間はかかりますが、これだけで雑味が少なくなり、おいしいコーヒーを楽しめます。


通販コーヒー豆おすすめランキング
【1,000種類から厳選】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

実際に飲んだ1,000種類以上の中から、おすすめの通販コーヒー豆を紹介しています。

コスパの良いおすすめ珈琲豆、スーパー・市販と同等の安いコーヒー豆、専門店の高級コーヒー豆などをまとめました。

コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5