コーヒー豆のレビュー

スタバのコーヒー豆クリスマスブロンドローストはおすすめ?正直にレビュー

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

スタバのコーヒー豆クリスマスブロンドローストはおすすめ?正直にレビュー

今回は「 スターバックス」のコーヒー豆「クリスマス ブロンド ロースト」を飲んだ正直な感想を述べます。

スタバのコーヒー豆は、ラテと相性が良くて苦味が強い「深煎り」が多いですが、こちらは酸味がメインのコーヒー豆です。

浅煎りコーヒーが好きな方や、爽やかなコーヒーが飲みたい方におすすめです。

スタバの特徴を簡単に紹介したところで、次はコーヒー豆の情報をチェックしていきます。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士

TV出演、文藝春秋(文春オンライン)にコラムを掲載。

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

スターバックス/クリスマス ブロンド ロースト

スターバックス クリスマス ブロンド ロースト

スターバックスのコーヒー豆「クリスマス ブロンド ロースト」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

穏やかなローストで仕上げた、明るい味わいのクリスマス ブレンド

オレンジやイチジクを思わせる甘みや酸味を持つエチオピア産コーヒーと、ソフトなスパイスを感じるアジア/太平洋産コーヒーをブレンドした、明るい味わいのコーヒーです。

穏やかなローストで、フルーティーさやソフトなスパイス感といったそれぞれのコーヒーの特徴を引き出し、融合させ、ホリデーシーズンを盛り上げる一杯に仕上げました。

引用: スターバックス クリスマス ブロンド ロースト (公式通販ページ)

値段は250g 1,641円(送料¥220)

クリスマス ブロンド ローストの値段は250g 1,641円(税込)です。

※配送料 ¥220(¥5,000以上の購入で送料無料)

100gあたりに換算すると656円。格安コーヒーチェーンと自家焙煎店・スペシャルティコーヒー専門店の中間くらいの価格帯です。

※スペシャルティコーヒーとは、原料の品質から製法、香り、味、風味などの基準の中で高い評価を受けたものを指します。流通しているコーヒー豆の5%程度しか存在しないとされています。

 

▼有名店のコーヒー豆 比較表

商品名 値段/100g 鮮度 欠点豆の数
スターバックス
クリスマス ブロンド ロースト
656円 10.2%
土居珈琲
マンデリンG1
810円 1%以下
珈琲きゃろっと
マンデリン
356円 1%以下
ジュピターコーヒー
マンデリン
373円 3.9%
カルディ
マンデリン
429円 6.2%

※鮮度が良いほど香り高く、風味がある。欠点豆が多いと焦げた味などの悪影響を及ぼす。

欠点豆の混入率は10.2%(やや多い)

スタバのコーヒー豆 クリスマスブロンドローストはおすすめ?正直にレビュー

スタバのコーヒー豆 クリスマスブロンドローストはおすすめ?正直にレビュー

「クリスマス ブロンド ロースト」をパッケージから開封すると、下記のような欠点豆が25.2g混入していました。

  1. 虫食い豆(カビ豆)
  2. 焦げた豆
  3. 割れた豆・欠けた豆(欠豆)
  4. 中身のない貝殻豆
  5. 未成熟豆(未熟豆)
  6. 枯れた豆

※1〜3は取り除いたほうが美味しく飲めます。

欠点豆が占める割合は全体の10.2%なので、ハウスブレンドなどの安価な豆と比べると半分程度です。(ハウスブレンドは20%)

しかし、虫食い豆(カビ豆)には、オクラトキシンA(非遺伝毒性発がん物質・かび毒)が含まれるので、取り除くことをおすすめします。

※健康被害云々よりも、風味が著しく損なわれて、カビ臭がするので、なるべく取り除いた方が美味しく飲めます。

スタバのコーヒー豆 クリスマスブロンドローストはおすすめ?正直にレビュー

とりあえず、上のように穴があいた豆は取り除いたほうがいいです。

焙煎するとわかりにくくなりますが、これらは内部にカビが生えていることがあります。

虫食い豆(カビ豆)

虫食い豆は、中にカビが生えているのが特徴

焙煎により毒性が最大で90%ほど減少するため、健康に悪影響を及ぼす可能性は低いとされていますが、口に入れないに越したことはありません。

※詳細はコーヒー生豆に存在するカビについて(外部リンク)をどうぞ。

カビ豆の特徴は、焼き色が薄い、中がうっすら黒いことが挙げられます。実際、2つに割って匂いを嗅ぐと、カビの臭いがします。

これらはカップの風味が著しく損なわれるので、必ず取り除きます。

どういう豆を取り除けば良いのか?詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

【関連記事】コーヒーの欠点豆とは?種類と見分け方、どんな味か実際に飲んでみた

焙煎度合いは中煎り

「クリスマス ブロンド ロースト」は苦味と酸味のバランスが良い、ハイロースト(中煎り)。

日本でも古くから親しまれている焙煎度合いで、市販のコーヒーにもっとも多い焙煎度合いです。

スタバのコーヒー豆 クリスマスブロンドローストはおすすめ?正直にレビュー

▼コーヒー豆の詳細情報

  • ブレンド配合:エチオピア、インドネシア、その他
  • 農園の高度:記載なし
  • コーヒー豆の品種:アラビカ種
  • 精製方法: 水洗式、半水洗式、乾燥式
  • 豆の等級・グレード:記載なし

口コミ・評判

今年最後のスタバのコーヒー豆!程よい酸味で爽やかでのみやすい!

珈琲メモ
【スターバックスコーヒー】
品名:ドリップコーヒー
豆品名:クリスマスブレンド ブロンドロースト
満足度:3/5
キュッと締まった酸味と甘味が重なり、フルーティな味わい。鼻を抜ける香りが甘酸っぱくて心地良い。後味でちょこっとスパイシー。明るめだが程良いコクでバランスが良い。

クリスマス ブロンド ローストの感想・レビュー

ここから、クリスマス ブロンド ローストを飲んだ感想・レビューを行います。

今回は、ペーパードリップで抽出して飲みます。使用するコーヒー器具は次の通りです。

ペーパードリップ

三洋産業cafecの陶器製「スリーフォードリッパー」と、同じく三洋産業cafecの「スリーフォーフィルター」を使います。

フィルターに特殊な加工がされていて、簡単にいうとペーパー自体がリブの役割を果たします。

コーヒーの旨味を余すことなく抽出できるフィルターです。

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX R-220

使用するコーヒーミルは、フジローヤルの小型高性能ミル「みるっこDX R-220」。

微粉が混じりにくいように作られているので、突き刺さるような苦味が少なくなります。

豆の挽き具合はペーパードリップに適した中挽きに設定します。

月兎印ホーローポット

使うコーヒーポットは琺瑯製のケトル「月兎印ホーローポット」。

ホーロー製だと、金属の臭いがお湯に移らないです。

湯温は85℃に設定してコーヒー粉に注いでいきます。

 

▼抽出環境

  • 使うコーヒー豆:15g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • コーヒー粉の蒸らし時間:1分
  • コーヒーの抽出時間:1分

▼コーヒー豆を5段階評価

コーヒー豆を5段階評価

香り:2
コク:2
苦味:3
甘味:1
酸味:3

スタバのコーヒー豆 クリスマスブロンドローストはおすすめ?正直にレビュー

スターバックスのクリスマス ブロンド ローストをペーパードリップして飲んでみると、ツンと刺さるようなシャープな苦味が感じられますが、チェリーのようなフルーティーな風味もあります。

コクが控えめで、非常にすっきりした味わい。どちらかというと酸味がメインの味わいですが、酸っぱいと感じることはありません。

スタバのコーヒー豆の中であっさりしていた飲みやすく、同店特有のスモーキーな風味も抑えられています。

スタバのコーヒー豆 クリスマスブロンドローストはおすすめ?正直にレビュー

口の中がキシキシするような「渋み」が気になる方は、抽出には時間をかけないほうが良いです。

150ml淹れるなら、蒸らしのあと75mlを30秒で淹れて、残り75mlはお湯を加えます。

スタバのアメリカーノ風にして飲むと、渋みが抑えられて、キシキシする感覚が抑えられます。

総評すると、欠点豆は多いもののスタバのコーヒー豆の中では比較的飲みやすく、すっきりとした味わいでした。

スタバらしいスモーキーさも抑えられています。

あっさりした味なので、カフェオレよりもブラックで飲むのに適しています。

ミルクを加えるなら深煎りの「クリスマスブレンド エスプレッソロースト」がおすすめです。


通販コーヒー豆おすすめランキング
【1,000種類から厳選】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

実際に飲んだ1,000種類以上の中から、おすすめの通販コーヒー豆を紹介しています。

コスパの良いおすすめ珈琲豆、スーパー・市販と同等の安いコーヒー豆、専門店の高級コーヒー豆などをまとめました。

コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5