コーヒー豆のレビュー

スタバのコーヒー豆【ウィローブレンド】を飲んだ感想を正直に述べる

2019年6月23日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

スタバのコーヒー豆【ウィローブレンド】を飲んだ感想を正直に述べる

2019年6月23日

忖度なしのレビューサイト「山口的おいしいコーヒーブログ」です。

今回はスタバのコーヒー豆「ウィローブレンド」の正直な感想をレビューします。

※記事中の値段は全て税込です。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
バリスタ / 焙煎士

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

TV出演、文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

ウィローブレンドの基本情報

コーヒー豆の特徴

スタバのコーヒー豆【ウィローブレンド】を飲んだ感想を正直に述べる

2012年に登場したウィローブレンド。2021年まで定番コーヒー豆として通年販売されていた商品です。

また復活する可能性も捨てきれませんが、今のところ再販売の予定は無いようです。

スターバックスが販売する数少ない浅煎りコーヒーで、酸味が中心の味に仕上げられています。

爽やかな酸味とシトラスの風味が楽しめるように コロンビアとエチオピア産の豆をブレンドしています。

産地が異なる豆を合わせることで、奥行きのある味わいと複雑な風味を表現しています。

 

値段、豆の量、焙煎度合い

スタバのコーヒー豆【ウィローブレンド】を飲んだ感想を正直に述べる

価格 1155円/250g
100g単価 462円
送料 220円〜(5,000円以上の購入で無料)
豆の産地 コロンビア、エチオピア
品種 アラビカ種
精製 ウォッシュド(水洗式)
焙煎度合い 浅煎り(スターバックス ブロンドロースト)

ウィローブレンドは、100gから10g単位での「量り売り」にも対応しているので、少量のお試し購入もできます。

もし、ウィローブレンドが「本日のコーヒー(日替わりのドリップコーヒー)」に指定されている場合は無料で試飲させてもらうことも可能です。

ただし、ウィローブレンドが本日のコーヒーに指定されるケースは極めて少ない(そもそも指定されない可能性大)です。

試しにちょっとだけ飲みたい場合は「コーヒープレス(プレスサービス)」を注文し、ウィローブレンドを指定するのが良いです。

ウィローブレンドは店舗、オンラインストアで購入できます。

鮮度はどちらで購入しても変わらず、焙煎後1ヶ月以上の豆です。

海外で熱風式焙煎にて、「スターバックスブロンドロースト」に仕上げられています。

一般的なミディアム〜ハイローストに相当する焙煎度合いです。

 

店舗ではコーヒーを次の状態で購入できます。

  • 豆のまま
  • 粉:ペーパードリップ用
  • 粉:ネルドリップ用
  • 粉:エスプレッソ用
  • 粉:コーヒープレス用
  • 粉:マキネッタ用

使うコーヒー器具に合わせて13段階から挽き具合を選ぶことができます。

お気に入りの挽き方があれば、番号で指定すると良いでしょう。

豆、粉いずれも値段は変わりません。

なお、オンラインストアでは豆での購入となり、粉の状態では販売されていません。

 

レビュー

IMG_4932
2022-09-20162228
IMG_4939
IMG_4934
IMG_4935
IMG_4936
IMG_4940
IMG_4942
IMG_4943
previous arrow
next arrow

抽出環境・条件

豆の量:16g
豆の挽き具合:中挽き
お湯の量:160cc
お湯の温度:85℃
蒸らし時間:30秒

ペーパードリップすると、酸味が強調された味わいで苦味は控えめです。

口に含んだ瞬間にナッツのような香ばしい風味がほんのり感じられます。

後味はすっきりしていてキレがよく、飲みやすいです。

コクや甘みは控えめなので、アメリカンコーヒーような味のコーヒーが好きな人におすすめです。

コーヒープレスで抽出して飲むと、チェリーのような甘酸っぱさが感じられます。

プレスコーヒー特有の「オイリーさ」が重なって、マイルドな酸味と甘みが楽しめます。

ネルドリップすると、すっきりした味になります。

 

総評

いずれの飲み方でも酸味が中心の味わいで苦味は控えめです。

スターバックスのコーヒーは深煎りのダークローストが基本ですが、ものによっては焦げたような味の商品もあります。

酸味のある爽やかなコーヒーが好きな人や、苦くないコーヒーが好きな人におすすめです。

コクが控えめなので、カフェオレよりもブラックで飲むのに適しています。

 

味が似ているコーヒー豆は?

スタバのコーヒー豆【ウィローブレンド】を飲んだ感想を正直に述べる

定番コーヒー豆の「ブレックファーストブレンド」です。

酸味が中心の味ですが、ほどよく苦味もあります。

ローストレベルはウィローブレンドよりも若干深いので、万人受けするタイプになっています。

 

あわせて読みたい
【2022年】スタバのコーヒー豆おすすめランキング15選!年間365杯以上飲むマニアがレビュー

 

他店の豆でも良いなら、100g300円台の次の商品もおすすめです。

珈琲きゃろっと コーヒー豆3種 初回限定セット 2,138円(600g)送料無料

コーヒー豆3種 初回限定セット 2,138円(600g)送料無料

 

焙煎の大会でチャンピオンに輝いた「珈琲きゃろっと」の初回限定お試しセットです。

Yahoo!ニュースなどでも度々特集されている有名店で、味のバランスが良い「グアテマラ」やカフェオレにも向いている「マンデリン」などが入っています。

次の方法で豆400g→600gに増量すれば、100gあたり356円(1杯あたり約36円)になります。

2021-04-2764653
th_スクリーンショット 2020-11-19 10.04.25
2021-04-2764826
2021-04-30105110
2021-04-2765132
previous arrow
next arrow
 

 

スタバの約半額なので、コスパの良いコーヒー豆をまとめ買いしたい人におすすめです。

初回限定セットを公式ページで見る

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「【2022年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは「縛り」があったりして、正直ぼったくりみたいな豆もありますが、ちゃんとお店を選べばかなりお得です。

まともな豆で初回限定50%OFF(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあるので、詳しくレビューしています。

ちょっとでも安くコーヒー豆を買いたい人におすすめの内容です。


-コーヒー豆のレビュー

© 2022 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5