コーヒー豆のレビュー

スタバのコーヒー豆【ウィローブレンド】を飲んだ感想を正直に述べる

2019年6月23日

32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、スターバックスの「ウィローブレンド」はおすすめできるかコーヒー豆なのか?

飲んだ感想を正直に述べます。

同じコーヒー豆でも用いる抽出器具によって出来上がりの味が変わるため、今回は

  • ペーパードリップ
  • コーヒープレス
  • ネルドリップ

上記3つの抽出方法で飲んでレビューします。

ウィローブレンド

ウィローブレンドは、スターバックスコーヒーで次のように紹介されている。

鮮やかな酸味と、わずかに感じられるシトラス感や深みが、複雑ながらも美しく響き合う、さわやかで優雅なコーヒーです。

出典:スターバックスコーヒー

値段(税抜)

1,050円

※100gあたり420円

容量

250g

コーヒー豆の種類

  • コロンビア
  • エチオピア

焙煎度合い

スターバックス ブロンドロースト
※浅煎り。一般的にミディアムローストからハイローストと呼ばれる焙煎度合い

豆の状態

ウィローブレンドを開封すると、割れたり欠けたりの欠点豆がチラホラ見られるが、スタバのコーヒー豆にしては数が控えめだ。手作業で取り除いても大した手間は感じないだろう。

味・香りを5段階でみる


ウィローブレンドを3つのコーヒー器具で飲み比べ


▲左から

  • ハリオV60ドリッパー
  • ハリオ ウッドネック ネルドリッパー
    (フィルターはマルタ製の4枚接ぎ。一人用を使用)
  • ハリオ カフェプレス スリム

はじめにペーパードリップの定番である「ハリオV60ドリッパー」で抽出して飲んで、味の変化がしっかり感じられる2つの器具で飲んでいく。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:16g
  • お湯の量:160cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒
  • 使うコーヒーポット:カリタ製ホーローポット

ハリオV60ドリッパー

中挽きにしたウィローブレンドを、ハリオV60ドリッパーにセットしてお湯を静かに注いでいく。

湯に触れたコーヒー粉はドーム状に膨らむことなく、焙煎してから一ヶ月以上は経っていると思われる。

さっそく一口飲むと、スターバックスの豆にしては珍しく酸味が強調されており、苦味は控えめ。

飲んだ瞬間にナッツのような風味がほんのり感じられる。

後味はすっきりしていてキレがよく、飲みやすい。

コクや甘みは控えめなので、アメリカンコーヒーような薄い味わいが好きなら、ウィローブレンドを試しても良いかも知れない。

次はコーヒープレスで淹れてみよう。

コーヒープレス

粗挽きにしたウィローブレンドをコーヒープレスで抽出して飲むと、チェリーのような甘酸っぱさが感じられる。

強かった酸味は少し抑えられ、甘みが感じられるようになった。

苦味やコクは控えめ。クセもなく飲みやすい一杯である。

最後にネルドリップして飲んでみよう。

ネルドリップ

ウィローブレンドをネルドリップして飲むと、コーヒープレスでの抽出時より多少苦味や酸味がアップしたものの、すっきりした味わいになる。

コーヒープレスとペーパードリップの間を取ったような味わいだ。

コーヒープレスでの抽出時と同じく飲みやすいのは確かだが、まろやかな旨味や深いコクを出すのが得意なネルドリップと、ウィローブレンドは相性が良い組み合わせに思えなかった。

まとめ

さて、今回はスタバのコーヒー豆「ウィローブレンド」を3つの抽出方法で飲んでみた。

いずれの飲み方でも酸味が中心の味わいで苦味は控えめで、ミルクを入れて飲むよりもブラックで飲むのに適したコーヒー豆だと感じた。

ウィローブレンドを飲むならコーヒープレスを使うのがもっとも適していると感じた。あっさりした味わいの中にも甘みが感じられたので、試し飲みするなら店舗でプレスコーヒーを注文するのが良い。

【おすすめできる?】

安くてあっさりしたコーヒー豆を探しているならおすすめ。スタバポイントを貯めると貰える「リワードチケット」を使えば税抜350円で買えるので、お買い得感が強いのではないだろうか。


  • この記事を書いた人

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)

日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士。1,000種以上の通販コーヒーを飲む。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。TV出演。

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5