コーヒー豆のレビュー

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

2023年1月11日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

2023年1月11日

通販コーヒー豆のレビューサイト「山口的おいしいコーヒーブログ」です。

今回は「横浜元町珈琲」というお店の「マンデリン」を飲んだ正直な感想をレビューします。

結論から言うと、値段のわりに味も香りも弱く、微妙なコーヒー豆でした

人気記事

1000種類から本当においしい通販コーヒー豆をランキング
【随時更新】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部【2023年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介

※本記事に記載している価格はすべて税込です。
※価格などの情報や一部の写真は横浜元町珈琲の楽天公式ストアより引用しています。

横浜元町珈琲とは

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

横浜元町珈琲は、世界中のスペシャルティコーヒーを取り揃えるLCF系のロースターです。

LCFとは、堀口珈琲の現会長、堀口俊英氏が立ち上げたスペシャルティコーヒーの生豆を確保するためのグループです。

富士珈機の直火式焙煎機を使用し、コーヒーのストロングな味を引き出すのが特徴です。

 

マンデリンの基本情報

コーヒー豆の特徴

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

横浜元町珈琲の「マンデリン」は、次のように紹介されています。

ハーブやスパイスといった刺激的で独特な香りがありながら、もったりとした滑らかな触感でマンゴーのような甘みもある。

複雑で不思議な香味を持つLCFマンデリンの香味の世界をお楽しみください。

引用:横浜元町珈琲の楽天公式ストア

 

値段・コーヒー豆の量など

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

横浜元町珈琲の「マンデリン」の基本情報をまとめました。

コーヒー豆の値段 2160円
コーヒー豆の量 150g
100g単価 1440円
鮮度 ★★★★☆
豆の産地 インドネシア
精製方法 スマトラ式
豆の品種 オナンガンジャン
(アラビカ種)
焙煎度合い 深煎り
フレーバー ハーブ

関連記事:アラビカ種とは?有名な16種類の品種の特徴を解説|味や香りが分かる

関連記事:コーヒーの精製方法とは?ナチュラル、ハニーなど発酵で変わる味の特徴を解説

 

焙煎度合いは「深煎り」

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

横浜元町珈琲のマンデリンは、 「深煎り(フレンチロースト)」に焙煎されています。

酸味が少ないコーヒーが好きな人に適した焙煎度合いです。

関連記事:フレンチローストとは?特徴やおすすめを紹介!

 

横浜元町珈琲「マンデリン」の感想

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

横浜元町珈琲のマンデリンをペーパードリップして飲みました。

使うコーヒー器具や、抽出環境などは「商品レビューポリシー」にまとめています。

 

香りの強さ

ハーブや草原を思わせる香りがほんのり感じられます。

 

甘み、コクの深さ(ボディの強さ)

甘さは少ないです。

味が全体的にスッキリしていて、軽い口当たりです。

「ライトボディ」のワインのような印象です。

 

苦味、酸味のバランス

優しい苦味と、ほどよい酸味のバランスが良いです。

苦過ぎず、飲みやすいマンデリンですが、パンチに欠ける印象です。

 

総評

重厚なマンデリンが好きな人には向きません。

コクや甘味も控えめなので、カフェオレよりもブラックで飲むのに適しています。

100g 1000円を超えますが、サザコーヒーのマンデリン(100g 562円)に大きく劣る印象です。

香りの強さや、マンデリンらしい「重厚さ」が、今回レビューしたコーヒーには欠けていると感じました。

今回のマンデリンより安くて美味しいコーヒー豆はたくさんあります。

詳しくはマンデリンのコーヒー豆おすすめ23選!特徴や品種、精製などを解説をご覧ください。

 

横浜元町珈琲のマンデリンより「コスパが良いコーヒー」

マンデリンに興味がある人なら、気に入ってくれそうなコーヒーを紹介します。

100g 356円〜とお手頃価格でお試しできます。

 

珈琲きゃろっと「初回限定お試しセット600g」

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

価格 2,138円
通常価格5940円64%OFF
コーヒー豆の量 200g×3種類
100g単価 356円
豆の産地 グァテマラ・コスタリカ・インドネシア
焙煎度合い 中深煎り・中煎り・深煎り

1つ目は、スペシャルティコーヒー専門店「きゃろっと」のコーヒー豆600gセット。

横浜元町珈琲のマンデリンより100gあたり1,000円も安いですが、より強いコクと香りがあります。

注文してからコーヒー豆を焙煎するので、新鮮なコーヒーが届くのもポイントです。

 

セット内容
グァテマラ(中深煎り)200g チェリーのような風味
コクのある味わい
コスタリカ・モンテ・コペイ
エル・エンシノ農園(中煎り) 200g
オレンジのような風味
重厚な甘み
マンデリンスマトラタイガー
(深煎り) 200g ※無料の特典
チョコレートのような味
野生的な風味

 

特典の受け取り方

初回限定セット注文時に「くるべさ定期便」という、「コーヒー豆の定期お届けサービス」に案内されます。

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

▲コーヒー豆セットを購入後、この画面が表示されるので「仮予約」をします。

ここで「仮予約」をすると、無料で深煎りの「マンデリン・スマトラタイガー200g」がもらえます。

横浜元町珈琲の豆「マンデリン」の感想を正直に述べる【パンチがない】

画像:公式サイトより引用

赤枠の箇所にある通り、定期便はいつでもキャンセルできるので、実質無料で200gのコーヒー豆がもらえます。

定期便でコーヒー豆を購入すれば、コーヒー豆を10%増量して届けてもらえるので、メリットも大きいです。

 

自家焙煎コーヒー専門店 きゃろっと
初回限定セット

公式サイトを見る

 

通販で購入したコーヒー豆をランキング形式で紹介

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

次の記事では、実際に飲んだコーヒー豆をランキング形式で紹介しています。

香り、コク、甘みの強さを50段階で評価して、おいしさを数値化しました。

上記に、コスパの良さも考慮して順位づけを行っています。

▼ランキングはこちらをご覧ください

【2023年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

有名店の「27Coffee Roasters」「LIGHT UP COFFEE」「LEAVES COFFEE ROASTERS」などの豆もお得に買えます。

初回限定で500円(半額以下、縛りナシ)という破格のお試しセットも紹介しています。

-コーヒー豆のレビュー
-

© 2022 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5