コーヒー豆おすすめ専門店

東京都内で美味しいコーヒー豆を販売する専門店おすすめ10選!

  1. HOME >
  2. コーヒー豆おすすめ専門店 >

東京都内で美味しいコーヒー豆を販売する専門店おすすめ10選!

東京都内で美味しいコーヒー豆を販売する専門店おすすめ10選!

東京都内には、日本のサードウェーブの旗手とも言われる「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」や、1968年創業の老舗喫茶店「cafe Bach(カフェ・バッハ)」など、本当においしいコーヒー豆が買える販売店が数多くあります。

さらには、新しいコーヒー体験ができる「KOFFEE MAMEYA kakeru(コーヒーマメヤカケル)」などもあり、東京都内では浅煎り〜深煎りまで、いろんな種類のコーヒー豆が購入できます。

本記事では東京都内で「本当においしいコーヒー豆が買えるお店を知りたい」という方に向けて、東京在住のライターがおすすめの専門店を厳選しました。

東京都内で美味しいコーヒー豆を販売する専門店おすすめ10選!

さっそく、東京都内で美味しいコーヒー豆を販売する専門店おすすめ10選を紹介します。

1. 丸山珈琲 尾山台店(マルヤマコーヒー オヤマダイテン)

東急大井町線 尾山台駅から徒歩2分。商店街の一角にひっそりと佇んでいる丸山珈琲は、テイクアウトとコーヒー豆販売の専門店だ。

店内は奥に長くなっていて、壁側の棚には所狭しとコーヒー豆や器具が並んでいる。中煎りから深煎りのコーヒー豆は、ブレンド、シングルオリジン合わせて常時26種類ほど。100gあたり710円〜購入することができる。

おすすめのコーヒー豆は、グアテマラやホンジュラスなどがブレンドされた深煎りの「マルケンの恩返し」(2514円/400g)。フレンチプレスで飲むと口当たりがとても優しく滑らか。飲み込んだ後にも、ナッツのような香ばしさが感じられる。

「コーヒーは苦い飲み物」ということを忘れてしまうほどの美味しさが楽しめる。

コンパクトな店内ながら、ひっきりなしにお客さんがやってくる。ウッド調の店内と穏やかな街の雰囲気が相まって都内にいることを忘れてしまいそうだ。都心から少し離れているが、是非一度足を伸ばしてでも訪れてほしいお店です。

店名 丸山珈琲 尾山台店
(マルヤマコーヒー オヤマダイテン)
住所 東京都世田谷区等々力2-18-15
アクセス 東急大井町線 尾山台駅から徒歩2分
営業時間 10:00〜21:00
定休日 不定休
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

2. Paul Bassett 新宿(ポール バセット)

東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅から徒歩4分ほど。大きなビルの地下一階にあるのが、カフェ百名店にも選出されているPaul Bassett(ポールバセット)だ。

オーストラリア出身の世界一のバリスタが監修している同店は、浅煎りから中煎りのコーヒー豆を取り扱う。世界各地から厳選された豆が、常時9〜10種類ほどあり100gあたり800円ほどで購入できる。

カフェを楽しむならドリップコーヒーはもちろんのこと、エスプレッソも飲んでほしい。あまりエスプレッソを飲むことは馴染みがないかもしれないが、ドリップコーヒーでは味わえない、ぎゅっと凝縮されたコーヒーの風味が感じられ、濃厚なコクと甘みがダイレクトに味わうことができる。

店内は広々といており、天井が一部ガラス張りで開放感がある。百名店に選出されていることもあり、土日やお昼時は行列ができるほど混み合うが、早朝や平日は落ち着いた雰囲気でリラックスできる。

店名 Paul Bassett新宿
(ポールバセット シンジュク)
住所 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビルB1F
アクセス 東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅から徒歩4分 JR新宿駅から徒歩7分
営業時間 月〜金 7:30〜20:30  土 9:00〜20:00. 日9:00〜19:00
定休日
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

3. アンリミテッドコーヒーバー(Unlimited Coffee Bar)

東武線 とうきょうスカイツリー駅から徒歩2分。スカイツリーの麓にある、青と白の外観が目を引くUnlimited Coffee Bar(アンリミテッドコーヒーバー)。1Fがカフェ、2F、3Fはバリスタトレーニングラボとなっている。

コーヒー豆は常時約6種類ほどのラインナップで、世界各地から厳選されたシングルオリジンのみを取り扱う。100gあたり800円〜1100円ほどで購入できる。

このお店では、生豆を信頼のおける取引先から買い付けるほか、時には現地に赴き直接買付をおこなっている。また、その豆の個性を生かすべく、少量ずつの焙煎、焙煎後のハンドピックを徹底して行っている。

そのため、どのコーヒーも雑味がないクリアでフルーティーな味わい。豆の個性とともに甘みが感じられ、幅広い世代から好評だ。

押上方面へのお出かけの際には、是非立ち寄ってほしいお店です。

店名 アンリミテッド コーヒー バー
(Unlimited Coffee Bar)
住所 東京都墨田区業平1-18-2
アクセス 東武線 とうきょうスカイツリー駅から徒歩1分
営業時間 火 12:00〜18:00(L.O17:30) 水・木 12:00〜22:00(L.O21:30)  金・土 12:00〜23:00(L.O22:30) 日・祝 12:00〜22:00(L.O21:30)
定休日 月曜(祝日の場合は営業)
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

通販で買ってみて本当においしかったコーヒー豆も紹介しています。

【レビュー】本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング10選

実際に飲んだ1,000種類以上のコーヒー豆から厳選。

初回限定356円(64%割引というお得なコーヒー豆もあります。

 

4. ONIBUS COFFEE 中目黒店(オニバスコーヒー)

東急東横線 中目黒駅から徒歩2分。裏路地に佇むONIBUS COFFEEは、古民家を改装した隠れ家のようなコーヒー専門店だ。

浅煎りがメインのこのお店では、ホンジュラスやエクアドル、ルワンダなど世界各地のコーヒー豆を常時11種類ほど取り扱っている。オリジナルブレンドも3種類あり、100gあたり788円から購入することができる。

ONIBUS COFFEEは、日本のサードウェーブの旗手とも言われ、国内外からわざわざ目指して来店される方も少なくない。同店のコーヒー豆は果物を連想させる爽やかな酸味と香りが感じられ、口当たりがまろやか。浅煎りながらも親しみやすさがある。

店内は2階にテーブル席があり、線路を通る電車の音が心地よく聞こえ、落ち着いた時間を過ごすことができます。

店名 ONIBUS COFFEE中目黒店(オニバスコーヒー)
住所 東京都目黒区上目黒2-14-1
アクセス 東急東横線 中目黒駅から徒歩2分
営業時間 9:00〜18:00
定休日 不定休
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

5. PASSAGE COFFEE Roastery(パッセージコーヒー ロースタリー)

小田急小田原線 祖師谷駅から徒歩9分ほど。商店街の角に佇んでいるPASSAGE COFFEE Roastery(パッセージコーヒー ロースタリー)は、最初のオープンした三田にある店舗の焙煎所となっている。

シンプルで明るい店内は、奥に細長い作りになっていて、手前に喫茶スペース、その奥に焙煎スペースがある。

浅煎りから中浅煎りがメインで、常時10種類ほどのラインナップ。時期によって変化するが、様々な産地のコーヒー豆が並ぶ。ここでは豆100gあたり850円から購入できる。

なかでもおすすめのコーヒー豆は、ブラジルとエチオピアの「PASSAGE BLEND(875円/100g)」だ。

ナチュラルプロセスの豆がブレンドされているため、軽やかなコクの中に赤い果実のような酸味が感じられる。華やかな香りが鼻から抜け、飲み込んだ後にも甘みがじんわり広がる。

店内でも飲む場合もドリップコーヒーの豆を選ぶことができる。さらに抽出方法も3種類(ペーパードリップ、フレンチプレス、エアロプレス)から好みに合わせて決めることできるのも嬉しいポイントだ。

それぞれの豆が持つ様々な果実味を楽しみたい方に、是非試してほしいコーヒーです。

店名 PASSSAGE COFFEE Roastery (パッセージコーヒーロースタリー)
住所 東京都世田谷区祖師谷4-25-22 千里ビル1F
アクセス 小田急小田原線 祖師ヶ谷大蔵駅 徒歩9分
営業時間 月木金 10:00〜19:00 土日祝 9:00〜19:00
定休日 火曜水曜
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

6. cafe Bach(カフェ・バッハ)

東京メトロ日比谷線 南千住駅から徒歩10分ほど、旧日光街道を歩いて行くと通り沿いに佇んでいる。音楽家バッハが描かれた看板がトレードマークの1968年創業の老舗喫茶店だ。

同店は浅煎りから深煎りまで幅広い焙煎度合いのコーヒー豆を取り扱う。豆100gあたり780円から購入することができ、ブレンドやシングルオリジン含め常時25種類ほど販売されている。

中でもおすすめのコーヒー豆は、「コスタリカ PNグレースハニー(900円/100g)」。

PNは「パルプドナチュラル」という精製方法を意味している。このコーヒー豆はパルプドナチュラル特有の、芳醇なはちみつのようなまろやかさと甘みがある。

とても印象的な風味は「また飲みたい」とコーヒー豆をリピート購入する方も多い。

ひっきりなしにお客さんが来る店内にはカウンターとテーブル席合わせて、約34席ほどあり広々としている。喫茶利用も可能だが、豆購入目的のお客さんもひっきりなしにやってくる。是非一度歴史あるコーヒーを体験してみてはいかがでしょうか。

店名 Cafe Bach(カフェ・バッハ)
住所 東京都台東区日本堤1-23-9
アクセス 東京メトロ日比谷線 南千住駅から徒歩10分
営業時間 10:00〜19:00(L.O18:45)
定休日 金曜・第2火曜
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

7. KOFFEE MAMEYA kakeru(コーヒーマメヤ カケル)

東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅から徒歩9分。川沿いの閑静な住宅街に佇む。KOFFEE MAMETA kakeruは一風変わったコーヒー専門店だ。

入口は全面ガラス張りで、外から棚一面にコーヒー豆がずらりと並んでいるのが見える。自家焙煎店ではないが、世界中のロースターからコーヒー豆を買い付け、また同店だけのオリジナル焙煎豆も取り扱っている。

浅煎りから深煎りまで揃っており、150g1200円〜7000円ほどで購入できる。豆の種類は頻繁に変わるが、常時17種類ほど取り扱っている。

特におすすめなのは浅煎りのコーヒー豆だ。酸っぱさや渋さなどが全くなく、酸味はまるでシロップのように甘みとして感じられる。

カウンセリングのように、自分の好みを伝えると、おすすめの豆や適した抽出方法も細かくコツを教えてくれる。コーヒー豆購入だけやコーヒー一杯からオーダーでき、レストランのようなコースもある。

「美味しいコーヒー豆を買いたい」「自分はどんなコーヒーが好きかまだわからない」という方に、まず最初におすすめしたいお店です。

店名 KOFFEE MAMEYA Kakeru(コーヒー マメヤ カケル)
住所 東京都江東区平野2-16-14
アクセス 東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅から徒歩9分
営業時間 11:00~19:00
定休日
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

8.  十一房珈琲店(ジュウイチボウコーヒーテン)

この投稿をInstagramで見る

福田航也(@fukuda_jpg)がシェアした投稿

東京メトロ有楽町線 有楽町駅から徒歩1分、外堀通り沿いのビルの1Fにあるのが、十一房珈琲店だ。アンティーク調の入口はとても洒落ていて、店内に入るとカウンターの後壁にずらりとコーヒーカップやコーヒー豆が目を引く。

中煎りから深煎りをメインで取り扱っており、ブレンドやシングルオリジン、期間限定の豆など常時25種類ほどのラインナップ。それぞれ100gあたり720円から購入することができる。

ネルドリップでいっぱいずつ時間をかけてゆっくり抽出されるコーヒーは、深みがありマイルドな口当たり。それぞれの豆が持つ個性が際立っている。

店内は落ち着いた雰囲気で、おひとり様も多いため、静かな店内でコーヒーの風味を存分に堪能することができる。

店名 十一房珈琲店(ジュウイチボウコーヒーテン)
住所 東京都中央区銀座2-2-19
アクセス 東京メトロ有楽町線 有楽町駅から徒歩1分
営業時間 12:00〜21:30
定休日
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

9. SWITCH COFFEE TOKYO (スイッチコーヒートーキョー)

JR山手線 目黒駅から徒歩10分ほど。恵比寿方面へ静かな住宅街を歩いて行くと、鮮やかな青色の入口が視界に飛び込んでくる。

同店のオーナーは、浅煎りが主流のオーストラリア メルボルンで経験を積んだこともあり、コーヒー豆は全て浅煎りだ。常時10種類ほど取り扱っており、250gあたり1950円から購入することができる。

おすすめのコーヒー豆は「シェキーナ エルサルバドル(2200円/250g)」だ。アイスドリップでもオーダーすることができ、香ばしいさとマイルドなコクにほのかな柑橘の酸味が感じられる。浅煎りのため口当たりが軽く、暑い日にごくごく飲みたいコーヒーです。

店内は焙煎スペースがメインのため、購入のみだが、外にベンチが置かれている。目黒に来た際に、少し足を伸ばして訪れてみてはいかがでしょうか。

店名 SWITCH COFFEE TOKYO(スイッチコーヒートーキョー)
住所 東京都目黒区目黒1-17-23 ニシザワビル1F
アクセス JR山手線 目黒駅から徒歩10分
営業時間 10:00〜19:00
定休日 不定休
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

10. Daphne(ダフニ)

都営三田線 三田駅から徒歩3分。昭和レトロな雰囲気を纏い、三田の路地裏ひっそりとあるのがDaphne(ダフニ)だ。

コーヒー豆の販売がメインの同店は、入店すると目の前にコーヒー豆が入った瓶が並んでおり、奥にテーブル席が3席ほどある。

中煎りから深煎りの焙煎度合いで、常時11種類ほどのラインナップ。100gあたり1100円ほどで購入することができる。

おすすめのコーヒー豆は、深煎りのマンデリン(1840円/200g)だ。深煎りらしい、ガツンとしたコクがありつつ雑味がなく、なめらかさがある。

店内でもコーヒーを飲むことができるが、豆販売が中心のためメニューはなく、コーヒー豆の瓶を見て好みの豆を選ぶスタイルだ。オーダー後に、ネルドリップでいっぱいずつ丁寧に抽出されるコーヒーはどれも味わい深い。

BGMが流れていないため、豆を挽く音やコーヒーが落ちる音が静かに聞こえてくる。コーヒーだけを純粋に堪能することができるのも、同店をおすすめする理由の一つです。

店名 Daphne(ダフニ)
住所 東京都港区芝5-10-11 1F
アクセス 都営三田線 三田駅から徒歩3分
営業時間 月火木金 10:00〜18:00  土日 10:00〜17:00
定休日 水曜
喫茶営業
駐車場
ホームページ 公式サイト

 

東京都内のコーヒー豆専門店おすすめ10選まとめ

最後に、東京都内のコーヒー豆専門店おすすめ10選をまとめます。

店名 コーヒー豆の
種類
コーヒー豆の
価格帯
営業時間 定休日 アクセス 駐車場
丸山珈琲 尾山台店
(マルヤマコーヒー オヤマダイテン)
約26種類 100gあたり710円〜 10:00〜21:00 不定休 東急大井町線 尾山台駅から徒歩2分
Paul Bassett新宿
(ポールバセット シンジュク)
9〜10種類 100gあたり800円〜 月〜金7:30〜20:30
土 9:00〜20:00.
日9:00〜19:00
東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅から徒歩4分 JR新宿駅から徒歩7分
 アンリミテッド コーヒー バー
(Unlimited Coffee Bar)
約6種類 100gあたり800円〜 火 12:00〜18:00(L.O17:30)
水・木 12:00〜22:00(L.O21:30)
金・土 12:00〜23:00(L.O22:30)
日・祝 12:00〜22:00(L.O21:30)
月曜
(祝日の場合は営業)
東武線 とうきょうスカイツリー駅から徒歩1分
ONIBUS COFFEE 中目黒店
(オニバスコーヒー)
約11種類 100gあたり788円〜 9:00〜18:00 不定休 東急東横線 中目黒駅から徒歩2分
PASSAGE COFFEE Roastery
(パッセージコーヒーロースタリー)
約10種類 100gあたり850円 月木金 10:00〜19:00
土日祝 9:00〜19:00
火水  小田急小田原線 祖師ヶ谷大蔵駅 徒歩9分
Cafe Bach
(カフェ バッハ)
25種類 100gあたり780円〜 10:00〜19:00
(L.O18:45)
金・第2火曜 東京メトロ日比谷線 南千住駅から徒歩10分
KOFFEE MAMEYA kakeru
(コーヒーマメヤカケル)
約17種類 150gあたり1200円〜 11:00〜19:00 東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅から徒歩9分
十一房珈琲店
(シュウイチボウコーヒーテン)
25種類 100gあたり720円 12:00〜21:30 東京メトロ有楽町線 有楽町駅から徒歩1分
SWITCH
COFFEE
約10種類 250gあたり1950円 10:00〜19:00 不定休 JR山手線 目黒駅から徒歩10分
Daphne
(ダフニ)
約11種類 100gあたり1100円 月火木金10:00〜18:00
土日10:00〜17:00
水曜 都営三田線 三田駅から徒歩3分

 

【通販で買える】本当に美味しいおすすめコーヒー豆を紹介

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかった通販コーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング10選|1000種類飲むマニアが厳選」をご覧ください。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

有名店の「27Coffee Roasters」「LIGHT UP COFFEE」「LEAVES COFFEE ROASTERS」などの豆もお得に買えます。

初回限定で500円(半額以下、縛りナシ)という破格のお試しセットも紹介しています。


-コーヒー豆おすすめ専門店

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5