コーヒー豆のレビュー

堀口珈琲のコーヒー豆「エチオピアデボ」の感想を正直にレビュー

2017年8月25日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

堀口珈琲のコーヒー豆「エチオピアデボ」の感想を正直にレビュー

2017年8月25日

堀口珈琲のエチオピア デボ

1000種類以上の通販コーヒーを飲む山口誠一郎です。

今回は、堀口珈琲のコーヒー豆「エチオピア デボ」の正直な感想をレビューします。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
バリスタ / 焙煎士

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

TV出演、文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

エチオピア デボの基本情報

堀口珈琲のコーヒー豆「エチオピアデボ」の感想を正直にレビュー

▲デボ ステーションでコーヒー豆を生産する人たち

デボとは、エチオピアのイルガチェフェ南側にあるデボ地区のことです。

デボは生産エリアとしても狭く、個人所有の小さなコーヒー精製所(マイクロミル)で生産処理された極小ロットです。

デボもイルガチェフェのような華やかな香りが楽しめます。

 

コーヒー豆の値段・容量(税込)

1,300円/200g

※100gあたり650円

引用:堀口珈琲

堀口珈琲では、コーヒーを次の状態で購入できます。

  1. 豆のまま
  2. 粉に挽く
  3. エスプレッソ用

豆、粉の状態いずれも値段は同じです。

 

焙煎度合い

エチオピア デボは3つの焙煎度合いから選べます。

  1. ミディアムロースト 浅煎り
  2. ハイロースト 中煎り
  3. シティロースト 中煎り

爽やかさを重視するならミディアムロースト、甘味を重視するならハイロースト。

バランスを重視するならシティローストがおすすめです。

※今回レビューするのは「ミディアムロースト」です。

 

また、堀口珈琲は注文後に生豆を焙煎するため、最高の鮮度で飲めます。

 

レビュー

堀口珈琲のエチオピア デボ

堀口珈琲のコーヒー豆「エチオピアデボ」の感想を正直にレビュー

▼抽出環境

  • 豆と湯量:16g 160cc
  • お湯の温度:85℃
  • 抽出時間:2分(蒸らし含む)

パッケージを開封すると花のような、ハーブのような香りが広がります。

ドリップすると、ハチミツのような甘い香りも感じられます。

一口飲むと、レモンティーのような柑橘系の爽やかな酸味が際立っています。

堀口珈琲のエチオピア デボをレビュー

さらに飲み進めると、ハーブのような風味が感じられます。

苦味が控えめで、柑橘系のような甘みと、フルーティーな酸味が特徴的です。

まるでレモンティーのようなコーヒーで、衝撃的な体験でした。

 

総評

デボは浅煎りコーヒーが好きな人にとっては値段以上の価値があります。

ただし酸味がかなり強いので、不安ならハイローストで注文することをおすすめします。

イルガチェフェが好きな人には自信を持っておすすめできる銘柄です。

他店の豆と比較しても、この値段でこの華やかさは中々味わえません。

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「【通販で買える】美味しいコーヒー豆おすすめランキング10選!1000種類飲んだマニアがレビュー」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは「縛り」があったりして、正直ぼったくりみたいな豆もありますが、ちゃんとお店を選べばかなりお得です。

まともな豆で初回限定50%OFF(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあるので、詳しくレビューしています。

ちょっとでも安くコーヒー豆を買いたい人におすすめの内容です。


-コーヒー豆のレビュー
-

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5