コーヒー豆のレビュー

パオコーヒーの豆「ブラジル・ピーベリー」おすすめ?正直な感想

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

パオコーヒーの豆「ブラジル・ピーベリー」おすすめ?正直な感想

今回は「パオコーヒー(pao coffee)」というお店のコーヒー豆「ブラジル・ピーベリー」を飲んだ正直な感想を述べます。

パオコーヒーは、1985年(昭和62年)の創業以来、「良いコーヒー豆を煎りたてで、少しでも安く」をコンセプトにしているお店です。

コーヒー豆の値段は相場より若干安く、低価格で煎りたてコーヒー豆(粉)をAmazonや楽天、Yahoo!ショッピング、調布市つつじケ丘の実店舗で販売しています。

Googleの評判では「コーヒー不味くはないが、店員の態度が悪い」という口コミが数件見られました。

初心者の方がコーヒー豆のことを尋ねると、冷たい態度をされるようです。

焙煎機は「フジローヤル製の直火を使用」という情報がありますが、正確には不明です。

お店の特徴を簡単に紹介したところで、次はコーヒー豆の情報をチェックしていきます。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士

TV出演。文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

パオコーヒー/ブラジル・ピーベリー

パオコーヒーの豆「ブラジル・ピーベリー」おすすめ?正直な感想

パオコーヒーのコーヒー豆「ブラジル・ピーベリー」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

世界最大のコーヒー大国ブラジルの希少なピーベリー豆

(通常一つのコーヒーの実から2粒採れるはずのコーヒー豆が、1粒だけで実の中いっぱいに成長してしまう事があり、これを「ピーベリー」と呼びます。卵形の丸くてかわいい豆です。)

ブラジル・コーヒーの香りをさらに強めたようなナッツ系の甘い芳ばしさがなんとも言えない、香りで旨みを感じるようなコーヒー。

飲み口はクセがなく多くの人に好まれそうな優しい風味ですが、ほのかな酸味とコクでしっかりとした飲み応えがあります。

引用:パオコーヒー ブラジル・ピーベリー 公式通販ページ(Amazon)

値段は1kg 3,223円(送料480円)

ブラジル・ピーベリーの値段は1kg 3,223円(税込)です。

※100g単価=322円
※配送料:480円

※100g単位でも買えますが割高です。(421円。送料980円)

1kgで購入した場合、スタバや自家焙煎店の豆と比較して値段がもっとも安いです。

 

▼有名店のコーヒー豆の値段一覧

商品名 値段/100g 鮮度 欠点豆の数
スターバックス
ブラジル
669円 10%
カルディ
ブラジル
375円 5%
猿田彦珈琲
恵比寿マイルド
800円 なし
丸山珈琲
丸山珈琲のブレンド
710円 なし
パオコーヒー
ブラジル・ピーベリー
322円 ◎(注文後焙煎) 2.3%

※鮮度が良いほど香り高く、風味がある。欠点豆が多いと焦げた味などの悪影響を及ぼす。

欠点豆の混入率は2.3%(少ない)

パオコーヒーの豆「ブラジル・ピーベリー」おすすめ?正直な感想

パオコーヒーの豆「ブラジル・ピーベリー」おすすめ?正直な感想

「ブラジル・ピーベリー」をパッケージから開封して、欠点豆と良豆を選別しました。

選別の結果、中身のない貝殻豆や虫食い豆が2.3g見つかりました。

また、ピーベリーのはずですが、なぜか通常の形状をした豆も混じっています。(ピーベリー100%ではない?)

なお、スタバなどのチェーン店だと欠点豆が10〜20%。自家焙煎店はピンキリですが、丸山珈琲や猿田彦珈琲では今回のように、ほとんど入っていないことが多いです。

※欠点豆が多いと、焦げた味、酸っぱい味、カビ臭い、潜在的な健康被害などの悪影響を及ぼす。

【関連記事】
コーヒーの欠点豆とは?種類と見分け方、どんな味か実際に飲んでみた

焙煎度合いは深煎り

パオコーヒーの豆「ブラジル・ピーベリー」おすすめ?正直な感想

「ブラジル・ピーベリー」は苦味と酸味のバランスが良いハイロースト(中煎り)。

日本でもっとも親しまれている焙煎度合いで、スーパーなどで買える市販のレギュラーコーヒーなども中煎りがもっとも多いです。

コーヒー豆をパッケージから開封すると、粒は比較的揃っていて、焼きムラも目立ちません。

 

▼コーヒー豆の詳細情報

  • コーヒー豆の産地:記載なし
  • 農園の標高:記載なし
  • コーヒー豆の品種:記載なし
  • 精製方法: 記載なし
  • 豆の等級・グレード:記載なし

ブラジル・ピーベリーの感想・レビュー

ここから、ブラジル・ピーベリーを飲んだ感想・レビューを行います。

今回は、ペーパードリップで抽出して飲みます。使用するコーヒー器具は次の通りです。

コーヒーのレビューに使用する器具

三洋産業cafecの「スリーフォードリッパー」と、同じく三洋産業cafecの「アバカフィルター」を使います。

ドリッパーは小さな1つ穴のタイプで、お湯が一定の速度で落ちるようになっています。メリタのアロマフィルターと同じく、誰が淹れても美味しくコーヒーが作れる構造です。

コーヒーを淹れる人の技術に味が左右されないのでレビュー向き。一部のプロも愛用しますが、初心者の方にもおすすめのドリッパーです。

フィルターは特殊な加工がされていて、簡単にいうとペーパー自体がリブの役割を果たします。

コーヒーの旨味を余すことなく抽出できるフィルターで、もともとHARIOのペーパーフィルターを手掛けていた会社の商品です。(Harioは現在コストカットのため安価な薄いフィルターに変更しています)

使うコーヒーポットは琺瑯製のケトル「月兎印ホーローポット」。ホーロー製は持ち手が多少熱くなるので使いにくいと言われますが、金属の臭いがお湯に移りません。

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX R-220

使用するコーヒーミルは、フジローヤルの小型高性能ミル「みるっこDX R-220」。微粉が混じりにくいように作られているので、突き刺さるような苦味が少なくなります。

性能は抜群ですが高価なのがネック。カリタの手挽き&微粉ふるい器でも性能は申し分ないです。

カリタの手挽きミルと微粉ふるい器

カリタのグラインダーは約3,000円。微粉ふるい器は茶こし+計量カップを合わせたもの。100均で揃います。

豆の挽き具合はペーパードリップに適した中挽きに設定します。

▼抽出環境

  • 使うコーヒー豆:15g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • コーヒー粉の蒸らし時間:1分
  • コーヒーの抽出時間:1分

▼コーヒー豆を5段階評価

コーヒー豆を5段階評価

香り:3
コク:2
苦味:3
甘味:2
酸味:1

パオコーヒーの豆「ブラジル・ピーベリー」おすすめ?正直な感想

お湯を落とすと、コーヒー粉がドーム状にふわっと大きく膨らみ、豆の鮮度が良いことを示します。

カップに顔を近づけると、蜂蜜のような甘い香りが感じられます。

ひとくち飲むと、キレの良い苦味が感じられます。深煎りなので酸味はほとんどありません。

ただ、コク、甘み、旨みなどコーヒーを美味しいと感じる要素が少ないように思います。

パオコーヒーの豆「ブラジル・ピーベリー」おすすめ?正直な感想

あくまで個人的な感想ですが、このブラジルはリーズナブルですが、値段なりの味だと正直に感じました。

僕の抽出レシピは一般的なレシピよりも多くの豆を使っているため、もっと濃い味になることが多いです。ですが、このコーヒーは味が薄いです。

アメリカンコーヒーのような印象です。さっぱりした味が好みなら良いかもしれませんが、僕の口には合いませんでした。

 

▼実際に購入した方の口コミ・評判・レビュー(ブログ・SNSから抜粋)

ブラジル・ピーベリーの味は?

ハワイコナのピーベリーも以前試したことがありますが、正直何が違うのかは分かりません。

ただ、今回購入したものはストレートに味が伝わるような気がしています。

今回中挽きを購入しましたが、少し細かすぎる感じもしますので、次回は粗挽きを試してみようと思います。

ピーベリーと言うことで判断すると、コストパフォーマンスはなかなか良いと思います。

これは美味しい

甘み、コク、酸味のバランスが良くて、個人的には水出しで飲むと美味しく感じます。コスパ抜群だと思います、リピートしたいと思います。

ブラジル・ピーベリーがおすすめな人・おすすめしない人

  • おすすめな人:ピーベリーと普通の豆のブレンド豆を買いたい人
  • おすすめしない人:コーヒーに「美味しさ」を期待する方

まとめ(総評)

「パオコーヒー」というお店のコーヒー豆「ブラジル・ピーベリー」を飲んだ正直な感想をレビューしました。

総評すると、鮮度もよく豆の状態も良い。キレの良い苦味があり、すっきりしたアフターテイストも悪くないです。

ただ、味気ないというか、コーヒーのようなお湯を飲んでいる感覚になりました。コーヒーらしい風味とか旨みはないように僕は感じました。

同じくらいの値段で大量のコーヒー豆を買うなら、加藤珈琲店のコーヒー福袋(2kg 3000円。グラム単価150円)で良いかと思います。

加藤珈琲店の豆は欠点豆も混じってますし、鮮度も悪いですが、味は同じくらいです。

同じ味なら加藤珈琲店の方がずっと安いので、「この値段なら、まぁいいか・・・」と思えるかと思います。

 

美味しくて鮮度も良い、コスパ高いコーヒー豆なら、北海道の自家焙煎店の初回限定セット(グラム単価356円。合計600g)がおすすめです。

珈琲きゃろっと コーヒー豆3種 初回限定セット 2,138円(600g)送料無料

ここは焙煎の全国大会で優勝している専門店なので、美味しさは折り紙付きです。(初回限定、数量限定という制限はありますが、旨いです)

珈琲きゃろっと 初回限定セット(公式ページ)

 


通販コーヒー豆おすすめランキング
【1,000種類から厳選】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

実際に飲んだ1,000種類以上の中から、おすすめの通販コーヒー豆を紹介しています。

コスパの良いおすすめ珈琲豆、スーパー・市販と同等の安いコーヒー豆、専門店の高級コーヒー豆などをまとめました。

コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5