コーヒー豆のレビュー

スタバのコーヒー豆「パプアニューギニア」はおすすめ?実際に飲んだ感想をレビュー

2022年4月14日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

スタバのコーヒー豆「パプアニューギニア」はおすすめ?実際に飲んだ感想をレビュー

2022年4月14日

今回は、スターバックスのコーヒー豆「パプアニューギニア」を飲んだ正直な感想をレビューします。

実際に飲んでみて、どんな方におすすめのコーヒー豆なのか?

値段に見合った価値を感じられるか?などを忖度なしで述べます。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士/バリスタ

TV出演。文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

スタバのコーヒー豆の特徴

スタバのコーヒー豆 クリスマスブロンドローストはおすすめ?正直にレビュー

スターバックスでは、アメリカのシアトルで焙煎したスペシャルティコーヒーを船便で1ヶ月ほどかけて日本に届けています。

苦味が強く、スモーキーな風味のコーヒーが多いので「まずい」という口コミも多いですが、最近では酸味があって爽やかなコーヒー豆も登場しており、飲みやすい商品も増えています。

焙煎度合いは中煎りから深煎り(ハイロースト、シティ、フルシティ、フレンチロースト)」が多く、カフェラテ、カフェオレ・ブラックいずれの方法でも飲めます。

店舗、オンラインストアどちらでも豆、挽いた状態で購入できます。挽き方はペーパードリップ用、フレンチプレス用など抽出器具にマッチした粒度で挽いてくれます。

値段は100g単価500円〜700円台。豆の量は1袋250g。店舗では100gからの量り売りにも対応しています。

 

パプアニューギニアの基本情報

パプアニューギニアの基本情報

スタバで販売されるパプアニューギニアの基本情報は次のとおり。

コーヒー豆の発売日 2022年4月13日
コーヒー豆の産地 パプアニューギニア
単一農園で栽培されたシングルオリジン
コーヒー豆の品種 アラビカ種
農園の標高 1,500m~2,000m付近
精製方法 水洗式(ウォッシュド)
豆の等級・グレード 記載なし

 

あまり知られていませんが、パプアニューギニアのコーヒー栽培はヨーロッパの宣教師がジャマイカ産のブルーマウンテンの苗木を持ち込んだことがきっかけでスタートしました。

そのため、味もブルーマウンテンに似ており、フルーティーで優しい酸味があります。爽やかな味ですが、しっかりとコクも感じられて万人受けする飲みやすさが特徴です。

 

スタバのパプアニューギニアは次のように紹介されています。

アイスもおいしい、洗練された味わいのコーヒー

ハーブの風味やさとうきびを思わせる甘み、ブラックカルダモンのような余韻を感じさせる洗練された味わいのコーヒーです。パブアニューギニア島の高地に広がる肥よくな火山性土壌で育まれました。ホットはもちろん、アイスでもお楽しみいただけます。

引用:パプアニューギニア公式通販ページ

 

値段は250g 1,750円

パプアニューギニアの値段は250g 1,750円(税込)で販売されています。

100gの量り売りで購入する場合700円。100g単価700円なら平均的な価格といえます。

 

【参考】有名店のコーヒー豆の値段一覧

商品名 値段/100g 鮮度 欠点豆の割合
スターバックス
パプアニューギニア
700円 10%
カルディ
プレミアムブレンド
429円 7%
猿田彦珈琲
猿田彦フレンチ
900円 なし
珈琲きゃろっと
初回限定600gセット
356円(最安) ◎(注文後焙煎) なし
  • 鮮度が良いほど香りが強く、風味がある。
  • 欠点豆が多いと、コーヒーの味に悪影響を及ぼす。

 

なお、スタバのコーヒー豆は700円分の無料券「リワードチケット」と引き換え可能です。

 

焙煎度合いは中煎り

コーヒー豆の焙煎度合い

「パプアニューギニア」は苦味と酸味のバランスが良い「シティロースト」。

苦味と酸味のバランスが良い、シティロースト。(中深煎り)

苦味とコクに加えて、ほどよい酸味もあるため、上品な味になりやすい焙煎度合いです。

 

実際に飲んだ感想・レビュー

パプアニューギニアを実際に飲んだ感想・レビューを書いていきます。

コーヒー豆を5段階評価
コーヒー豆を5段階評価 香り:3
コク:3
苦味:3
甘味:3
酸味:2

実際に飲んだ感想・レビュー

このパプアニューギニアは良い意味で「スタバのコーヒー豆らしくない味わい」に仕上がっています。

まず、カップに顔を近づけると、本当にハーブを思わせる香りが感じられます。

実際に飲んでみると、スタバのコーヒーの特徴的な「スモーキーさ」が控えめで、非常にすっきりした味わいで飲みやすいです。

ほどよい苦味とオレンジのような甘み、ほのかな酸味のバランスが良く、ブルーマウンテンを彷彿とさせます。

スタバには約20種類のコーヒー豆がラインナップし、ほぼ全て飲みましたが今回のパプアニューギニアは最高品質のコーヒーだと正直に感じました。

トップクラスのスペシャルティコーヒーのみを取り扱う「リザーブ店舗」で販売される高級銘柄と比較しても遜色ない美味しいコーヒー豆です。

抽出から時間が経過してコーヒーが冷めても「入れたてと変わらない美味しさ」が感じられます。

スタバで一番おすすめのコーヒー豆は何?と聞かれたら、即答で「パプアニューギニア」と答えます。

破格の品ですが期間限定での販売なので、早めの購入をおすすめします。

 

パプアニューギニアがおすすめな人・おすすめしない人

こんな方におすすめです。

  • 苦味と酸味のバランスが良いコーヒーが好きな方
  • 爽やかなコーヒーが好きな方
  • リザーブ店舗のコーヒー豆は高くて手が出ない方

 

▼おすすめしない人

  • 酸味が全くないコーヒーが好きな方

 

FAQ(よくある質問)

Q:パプアニューギニアが美味しく飲める期間はどれくらいですか?

A:コーヒーは焙煎して3日後から2週間が最も「香り」「風味」が強く感じられる傾向にあります。時間が経つにつれて香り成分が揮発しますが、品質上は2ヶ月ほど経過しても全く問題ありません。

Q:ほかにおすすめのコーヒー豆はありますか?

 

忖度なしで感想をまとめると

スタバのパプアニューギニアは苦味と酸味のバランスが良く、多くの人にとって飲みやすい味わいです。

また、パプアニューギニア産のコーヒーらしいフルーティーさがあり、スタバの特徴的な煙臭い香りがない点も高評価でした。

発売したばかりなので、「本日のコーヒー(ドリップコーヒーのこと)」に指定されていることが多いです。

ショートサイズなら350円で試せますし、コーヒー豆を買う前に試飲させてくれることもあります。

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング10選|1000種類飲むマニアが厳選」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは正直ぼったくりみたいな豆もありますが、まともな豆で初回限定50%オフ(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあったので紹介します。

実際に飲んだレビューも掲載しています。


-コーヒー豆のレビュー
-

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5