コーヒー豆の通販レビュー

コーヒー豆の通販レビュー|イノダコーヒ キリマンジャロブレンド

2021年3月11日

コーヒー豆のレビュー依頼、コーヒー器具のレビュー依頼、その他ご依頼はツイッターDMからお願いします。
@yamaguchicoffee

今回は、イノダコーヒのキリマンジャロブレンドを飲んだ正直な感想を述べます。

同じコーヒー豆でも抽出器具によって味が変わるため、様々なコーヒー器具を使ってレビューしています。

  • ペーパードリップ(三洋産業cafecスリーフォー + アバカフィルター)
  • フレンチプレス(HARIOカフェプレス)
  • ネルドリップ(山形コフィアの特製ネル)

コーヒー豆通販レビュー|イノダコーヒ キリマンジャロブレンド

イノダコーヒのコーヒー豆「キリマンジャロブレンド」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

柑橘系の甘みがあり、少し深い焙煎にすることでバランスの良い、甘味・苦味・酸味に仕上げています。

イノダコーヒ キリマンジャロブレンド

値段・容量

200g 1,620円(税込)

※100gあたり810円

焙煎度合い

フルシティロースト

※焙煎度合いについて、こちらで説明しています。
コーヒー豆のローストや焙煎度合い・焙煎方式ごとの味の違いを解説

コーヒー豆の状態

コーヒー豆をパッケージから開封すると、割れたりかけたりしている豆や、中身がない豆も混入しています。

コーヒー豆の情報

タンザニア・エチオピア他

コーヒー豆の種類ごとの味の違いは、こちらで説明しています。
コーヒー豆の種類や味の違い|お気に入りの豆を探すたった1つのコツ

イノダコーヒ キリマンジャロブレンドを5段階評価

ペーパードリップ、フレンチプレス、ネルドリップ等で抽出

ペーパードリップ、フレンチプレス、ネルドリップ3つの抽出方法において、一般的に使われているポピュラーな器具も用意し、その中から2つの飲み方でレビューします。

ペーパードリップ

イノダコーヒのキリマンジャロブレンドをペーパードリップして飲むと、ほろ苦い味わいと程よい酸味が感じられる。

後味に苦味が残るものの、スッキリした口当たりで飲みやすい。

甘味はほとんど感じられない。

ブラックで飲むよりも、ミルクを入れてカフェオレにして飲むことを想定しているのだろうか。焦げた味が気になる。

時間が経って、コーヒーの熱が冷めてくるとピリッと口内を刺激する「焦げた苦み」と酸味が入り混じった、何とも言えない味になる。

僕はイノダコーヒの喫茶店そのものは好きだが、今回のキリマンジャロブレンドをリピートしようとは正直思わなかった。

本来ならペーパードリップの次にネルドリップかフレンチプレスで飲むけれど、今回のレビューはここで終わりにしようと思う。

察してください。

イノダコーヒの店舗情報

イノダコーヒコーヒーオンラインショップはこちら

お届け先1件あたりのご注文金額が12,000円以上の場合は送料無料でお届け。
(京都府内へのお届けは6,000円以上)


-コーヒー豆の通販レビュー

© 2021 山口的おいしいコーヒーブログ Powered by AFFINGER5