コーヒー豆のレビュー

コーヒー豆通販レビュー|珈琲倶楽部・田「キリマンジャロ」の感想

2021年2月12日

コーヒーブロガー山口です。
@yamaguchicoffee

32,400円のブルーマウンテンなど1,000種類以上の通販コーヒー豆を飲む僕が、「珈琲倶楽部・田」の「キリマンジャロ」を飲んだ正直な感想を述べます。

同じコーヒー豆でも抽出器具によって異なる味が楽しめるため、今回はこちらの器具で飲んでレビューします。

  • ペーパードリップ
  • フレンチプレス
  • ネルドリップ

コーヒー豆通販レビュー|珈琲倶楽部・田「キリマンジャロ」

珈琲倶楽部・田のコーヒー豆「キリマンジャロ」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

酸味の極み!酸味と言えばこの豆でしょう!
強い酸味と甘みが特徴の「キリマンジャロ」です。

珈琲と言えば知らない方がいない程の珈琲豆です。
強い酸味の中にも上品な甘みがあります。

強い酸味が特徴の珈琲豆。
昼食をとった後の仕事はついつい眠くなってしまいますよね。
そんなときの救世主がこの豆。同価格の珈琲豆の中では一番カフェインが強いので、眠気さっぱり!
夜寝る前はミルクなどをいれて少し緩和する事をお薦め致します。

珈琲倶楽部・田

値段・容量

  • 単品購入:100g 800円(税込)
  • セット購入:70g×3種類1,645円 (税+送料込)

コーヒー豆の状態

珈琲倶楽部・田のキリマンジャロは多少焼きムラが見られますが、割れたり欠けたりの欠点豆は見られません。

コーヒー豆の状態は良好と言えます。

焙煎度合い

ハイロースト

※焙煎度合いについて、こちらで説明しています。

コーヒー豆のローストや焙煎度合い・焙煎方式ごとの味の違いを解説

コーヒー豆の種類

アフリカ・タンザニアのキリマンジャロ地域で栽培されたコーヒーを使用。

コーヒー豆の種類ごとの味の違いは、こちらで説明しています。

コーヒー豆の種類や味の違い|お気に入りの豆を探すたった1つのコツ

キリマンジャロを5段階評価

3つのコーヒー器具で飲み比べ

同じコーヒー豆を3つのコーヒー器具で飲み比べ

ペーパードリップ、フレンチプレス、ネルドリップの代表的な器具を3つ厳選し、順番に飲んでゆく。

※ネルフィルターは山形県コフィアの特製フィルターを使用。

ペーパードリップ

キリマンジャロをペーパードリップして飲むと、グレープフルーツやライムを思わせる苦い酸味が感じられます。

炭火焙煎によるスモーキーさなどは一切なく、特有の香ばしさが余韻でうっすらと感じられます。

次はフレンチプレスで抽出して飲んでみます。

フレンチプレス

キリマンジャロをフレンチプレスで飲むと、レモンのような明るい酸味が感じられ、ペーパードリップで感じた苦味は大幅に控えめになりました。

早朝に飲みたいような爽やかな味わいで、一日を心地よくスタートさせられそうな1杯です。

最後にネルドリップして飲んでみます。

ネルドリップ

キリマンジャロをネルドリップで飲むと、これまでやや強く感じられた酸味はぐっと控えめになり、さらには苦味も控えめになって紅茶のような口当たりのコーヒーが楽しめるようになりました。

雑味がなくクリアな美味しさがあり、酸味のあるコーヒーが苦手な僕でもネルドリップしたキリマンジャロは飲みやすく感じます。

まとめ

さて今回は、「コーヒー豆通販レビュー|珈琲倶楽部・田「キリマンジャロの感想」というテーマでした。

今回飲んだキリマンジャロは、いずれの抽出方法でも強い酸味がしっかり感じられました。

ただ、個人的には特筆すべき美味しさを正直感じなかったように思います。

同じ価格帯なら、ストロベリーのようなジューシーな甘味が特徴の「ロクメイブレンド」や、土居珈琲の「エチオピア イルガチェフェ」、珈琲きゃろっとの「グァテマラ・グアヤボ農園」などを僕は飲みたい。

これらは酸味の角がなく非常に飲みやすくフルーティーな風味が特徴的です。

珈琲倶楽部・田のキリマンジャロは、普段スペシャルティコーヒーのようにキラキラと輝く酸味や、コーヒー豆の個性を大事に考えている方にとっては、ちょっと物足りなく感じるコーヒー豆かもしれません。


© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5