コーヒー豆のレビュー

ライトアップコーヒーの豆ウガンダはおすすめ?正直な感想を述べる

2022年1月3日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

ライトアップコーヒーの豆ウガンダはおすすめ?正直な感想を述べる

2022年1月3日

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

今まで飲んできたコーヒー豆の一部

今回は「ライトアップコーヒー(LIGHT UP COFFEE)」というお店のコーヒー豆「ブゴエ ウガンダ」を飲んだ正直な感想を述べます。

こちらのお店は、東京吉祥寺・下北沢で自家焙煎したシングルオリジンコーヒーを販売するショップ。

シングルオリジンとは単一産地のことで、農園単位や精製所単位など、可能な限り細かく特定できる単位で仕入れるコーヒーのことを指します。

同店は、生産者ごとの豆の個性を大切に、果実味のあるコーヒーの魅力を届けることがコンセプトのお店です。

使用している焙煎機は、フジローヤル5kg釜の半熱風式。この焙煎機は、輪郭のはっきりとしたコーヒーを作るのが得意です。

伝導熱により、しっかりとした口当たりとコクのあるコーヒーの焙煎に向いています。

ライトアップコーヒーの代表、川野優馬さんは様々なメディアに露出している方なので、ご存知の方も多いかもしれません。

お店の特徴を簡単に紹介したところで、次はコーヒー豆の情報をチェックしていきます。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士/バリスタ

TV出演。文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

ライトアップコーヒー/ブゴエ ウガンダ

ライトアップコーヒーの豆ウガンダはおすすめ?正直な感想を述べる

ライトアップコーヒーのコーヒー豆「ブゴエ ウガンダ」は、公式ホームページで次のように紹介されています。

多層的な甘さととろっとした質感のあるコーヒー。

品種由来のスモモのような果実味にキャロットケーキの甘さが広がり、ダークチョコレートのような余韻が続く。

引用:ライトアップコーヒー ブゴエ ウガンダ (公式通販ページ)

値段は100g 950円(送料は全国一律300円)

ブゴエ ウガンダの値段は100g 950円(税込)です。

※配送料 全国一律300円

今回のコーヒー豆は福袋限定のスペシャルティコーヒーなので、定番商品よりもグラム50円ほど安いです。

※ライトアップコーヒーの人気商品「シングルオリジン テイスティングセット」は100g単価1000円。

スタバや自家焙煎店の豆と比較して、値段が高い「高級コーヒー豆」といえます。

※スペシャルティコーヒーとは、原料の品質から製法、香り、味、風味などの基準の中で高い評価を受けたものを指します。流通しているコーヒー豆の5%程度しか存在しないとされています。

 

▼有名店のコーヒー豆の値段一覧

商品名 値段/100g 鮮度 欠点豆の割合
スターバックス
東京ロースト
537円 10%
カルディ
プレミアムブレンド
429円 7%
猿田彦珈琲
恵比寿マイルド
800円 なし
丸山珈琲
丸山珈琲のブレンド
710円 なし
珈琲きゃろっと
初回限定600gセット
356円(最安) ◎(注文後焙煎) なし
ライトアップコーヒー
ブゴエ ウガンダ
950円 1%以下(ほぼなし)

※鮮度が良いほど香り高く、風味がある。欠点豆が多いと焦げた味などの悪影響を及ぼす。

欠点豆の混入率は1%以下(ほぼなし)

ライトアップコーヒーの豆ウガンダはおすすめ?正直な感想を述べる

「ブゴエ ウガンダ」をパッケージから開封して、欠点豆を良豆を選別した結果、発酵槽の汚れが原因で変色した豆や、割れた豆、欠けた豆が数粒見つかったのみ。

この程度であれば、手作業で取り除なくても味に大きく影響しないので無視できるレベルです。

なお、スタバなどのチェーン店だと欠点豆が10〜20%。カルディが平均7%。

この数値を見ると、ライトコーヒーのウガンダは欠点豆が少ないことが分かります。

自家焙煎店で豆を買う場合、欠点豆の量はピンキリですが、丸山珈琲や猿田彦珈琲などの有名店は、ほとんど入っていないことが多いです。

※欠点豆が多いと、焦げた味、酸っぱい味、カビ臭い、潜在的な健康被害などの悪影響を及ぼす。

【関連記事】
コーヒーの欠点豆とは?種類と見分け方、どんな味か実際に飲んでみた

焙煎度合いは中煎り

ライトアップコーヒーの豆ウガンダはおすすめ?正直な感想を述べる

「ブゴエ ウガンダ」は苦味と酸味のバランスが良い、ハイロースト(中煎り)。

日本でも古くから親しまれている焙煎度合いで、市販のコーヒーにもっとも多い焙煎度合いです。

今回のウガンダは煎りムラも少なく、粒の大きさも揃っています。

 

▼コーヒー豆の詳細情報

  • コーヒー豆の生産地:ウガンダ西部ルウェンゾリ山地国立公園の周辺
  • 農園の標高:1,200~1,800m
  • コーヒー豆の品種:アラビカ種(SL14、SL28)
  • 精製方法:ウォッシュド(水洗式)
  • 豆の等級・グレード:記載なし

「SL14」とはティピカの突然変異種です。1930年代にケニアの「スコット農業研究所 (Scott Agricultural Laboratories)」によって選別された品種が「SL」と名付けられました。

SL28もスコット農業研究所で生まれた品種で、優れた風味特性を持つことで知られています。

SL28はケニアやウガンダをはじめ、アフリカ、ラテンアメリカの一部でも栽培されています。

ブゴエ ウガンダの感想・レビュー

ここから、ブゴエ ウガンダを飲んだ感想・レビューを行います。

今回は、ペーパードリップで抽出して飲みます。使用するコーヒー器具は次の通りです。

コーヒーのレビューに使用する器具

三洋産業cafecの「スリーフォードリッパー」と、同じく三洋産業cafecの「アバカフィルター」を使います。

ドリッパーは小さな1つ穴のタイプで、お湯が一定の速度で落ちるようになっています。メリタのアロマフィルターと同じく、誰が淹れても美味しくコーヒーが作れる構造です。

コーヒーを淹れる人の技術に味が左右されないのでレビュー向き。一部のプロも愛用しますが、初心者の方にもおすすめのドリッパーです。

フィルターは特殊な加工がされていて、簡単にいうとペーパー自体がリブの役割を果たします。

コーヒーの旨味を余すことなく抽出できるフィルターで、もともとHARIOのペーパーフィルターを手掛けていた会社の商品です。

※Harioは現在コストカットのため、安価な薄いフィルターに変更しています。

使うコーヒーポットは琺瑯製のケトル「月兎印ホーローポット」。ホーロー製は持ち手が多少熱くなるので使いにくいと言われますが、金属の臭いがお湯に移りません。

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX R-220

使用するコーヒーミルは、フジローヤルの小型高性能ミル「みるっこDX R-220」。微粉が混じりにくいように作られているので、突き刺さるような苦味が少なくなります。

性能は抜群ですが高価なのがネック。カリタの手挽き&微粉ふるい器でも性能は申し分ないです。

カリタの手挽きミルと微粉ふるい器

カリタのグラインダーは約3,000円。微粉ふるい器は茶こし+計量カップを合わせたもの。100均で揃います。

豆の挽き具合はペーパードリップに適した中挽きに設定します。

▼抽出環境

  • 使うコーヒー豆:15g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • コーヒー粉の蒸らし時間:1分
  • コーヒーの抽出時間:1分

▼コーヒー豆を5段階評価

ライトアップコーヒーの豆ウガンダはおすすめ?正直な感想を述べる

香り:2
コク:2
苦味:3
甘味:2
酸味:5

ライトアップコーヒーの豆ウガンダはおすすめ?正直な感想を述べる

ライトアップコーヒーでは、焙煎後2週間から3週間経過したコーヒー豆を飲み頃としているため、注文後焙煎ではありません。

そのため、届いた直後にドリップしても粉は膨らみません。

いざ飲むと、ひとくち目はグレープフルーツのような苦味と酸っぱい味わいが口の中で重なります。

グレープフルーツのような果実味の後に、ナッツのような香ばしい余韻が追随します。

二口目はオレンジのような甘味がほんのり感じられますが、グレープフルーツの苦くて酸っぱい味も健在です。

ライトアップコーヒーの豆ウガンダはおすすめ?正直な感想を述べる

正直に申し上げて、好みははっきりと分かれるコーヒー豆だと思います。

酸味のあるコーヒーが苦手な方には、飲むのが困難なレベルだと個人的には感じました。

浅煎りコーヒーが好きな方には良いかと思います。

僕も浅煎りコーヒーが好きですが「あまり飲みやすいと感じなかった」というのが正直な感想です。

特に、一口目に感じたグレープフルーツのような苦味が舌に刺さるような感覚があり、これが苦手でした。

これを「アクセント」と捉える方もいると思います。このウガンダは「飲む人を選ぶコーヒー豆」だと思います。

ブゴエ ウガンダがおすすめな人・おすすめしない人

グレープフルーツのような味わいのコーヒーが好きな方に、ブゴエ ウガンダはおすすめです。

完熟オレンジのように甘く、ほどよく「甘い酸」が感じられる、そんなコーヒーをお求めの方には向かないと思います。

また、ブラックで飲むことが前提のコーヒー豆なので、カフェオレには不向きです。

 

▼カフェオレと相性が良い「おいしいコーヒー豆」まとめ

カフェオレ向きのコーヒー豆おすすめ5選|スタバ・カルディなど紹介

 

まとめ(総評)

「ライトアップコーヒー」というお店のコーヒー豆「ブゴエ ウガンダ」を飲んだ正直な感想をレビューしました。

総評すると、グレープフルーツのような苦味があり、酸味が際立っているコーヒー豆でした。

酸味が非常に強いので、万人受けするコーヒーではなく、人を選ぶコーヒー豆だと思います。

100gあたり1000円払うなら、土居珈琲堀口珈琲で買うほうが無難だと僕は思いますが、これも勉強と思って一度試すのもアリかもしれません。

ライトアップコーヒーでは、初めての方におすすめの「SINGLE ORIGIN TASTING SET」が販売されています。

「酸味が強い」「残念」という口コミや評判もありますが、30人の購入者は満足している旨のコメントをされています。

 

▼有名店のコーヒー豆レビュー

ライトアップコーヒーの豆ウガンダはおすすめ?正直な感想を述べる

土居珈琲のコーヒー豆15種類を飲んだ正直な感想|評判や口コミを探している方へ

堀口珈琲のおすすめコーヒー豆ランキング

堀口珈琲のおすすめコーヒー豆ランキング|6種類の中から紹介

 

ライトアップコーヒーの豆を検討する方は、あまりコスパは重要視していないかと思いますが、北海道の専門店で買える初回限定セット(100g 356円。合計600g)も美味しいです。

珈琲きゃろっと コーヒー豆3種 初回限定セット 2,138円(600g)送料無料

ここは焙煎の全国大会で優勝している専門店なので、美味しさは折り紙付きです。(初回限定、数量限定という制限アリですが、旨いです)

珈琲きゃろっと 初回限定セット(公式ページ)

 

▼レビュー記事

【珈琲きゃろっと】コーヒー豆3種1980円「初回限定セット」の感想を正直に述べる

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング10選|1000種類飲むマニアが厳選」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは「縛り」があったりして、正直ぼったくりみたいな豆もありますが、ちゃんとお店を選べばかなりお得です。

まともな豆で初回限定50%OFF(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあるので、詳しくレビューしています。

ちょっとでも安くコーヒー豆を買いたい人におすすめの内容です。


-コーヒー豆のレビュー
-

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5