コーヒーランキング コーヒー豆のレビュー

堀口珈琲のおすすめコーヒー豆ランキング|6種類の中から紹介

2021年2月3日

  1. HOME >
  2. コーヒーランキング >

堀口珈琲のおすすめコーヒー豆ランキング|6種類の中から紹介

2021年2月3日

32,400円のブルーマウンテンなど1,000種類以上の通販コーヒー豆を飲む僕が、堀口珈琲のコーヒー豆を6種類飲んだので、その中でどれが一番美味しかったか?正直な感想を述べながらランキング形式で紹介していきます。

堀口珈琲は、全国的に有名なスペシャルティコーヒーの専門店で、こだわりの生豆を世界中から調達し、横浜のロースタリーで焙煎しています。

東京・世田谷を中心に喫茶・コーヒー豆の小売店を展開するとともに、ネットショップでの通信販売などを行っています。

同じようにコーヒー豆の焙煎、小売・卸売もしつつ喫茶店を運営しているライバルといえば、例えば「丸山珈琲」「森彦」などが挙げられます。

どちらも堀口珈琲と並んで全国的に有名な人気店であり、コーヒー豆の品質(美味しさのレベル)もやはり高いです。

その代わり「値段が高い」という意見もあるでしょうが、お店の看板とも言える「ブレンドコーヒー」を購入する分には比較的安価で購入できます。※スターバックスのコーヒー豆と変わらない値段。

そんなブレンドコーヒーの評価も交えて、堀口珈琲のコーヒー豆6種類の正直な感想をお伝えします。


人気記事

1000種類から本当においしい通販コーヒー豆をランキング
【2021年 最新版 随時更新】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

【市販・スーパー、高級な通販コーヒー豆から厳選】
コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士 / 日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)会員

1,000種以上の通販コーヒーを飲む。TV出演、文藝春秋(文春オンライン)などにコラムを掲載。全国の様々なコーヒーを味わう。

堀口珈琲のおすすめコーヒー豆ランキング|6種類の中から紹介

第6位:エチオピア デボ

 

■エチオピア デボを5段階評価

第6位はエチオピア デボです。

こちらのコーヒー豆はパッケージを開封した瞬間、花のような、ハーブのような香りが広がるのですが、この香り高さがとても印象的です。

ひとくち飲んでみると、まるでレモンティーを思わせる爽やかな味わいで苦味は控えめ、と言うより苦味はほとんど感じません。

レモンなどの柑橘系フルーツを思わせる甘酸っぱさが際立っており、飲み進めていくとハーブのような風味が鼻腔を抜けていきます。

 

▼実際に飲んだレビューはこちら

堀口珈琲は評判通り美味しいエチオピアを通販購入してみた

 

堀口珈琲のブレンドコーヒー豆#3(MILD&HARMONIOUS)」は公式ホームページで次のように紹介されています。

このデボはベリー系のやさしい味わいです。
また、優れたナチュラルは、赤ワイン、ベリーでもストロベリーに近いニュアンスを感じることができます。堀口珈琲

 

■値段・容量
200g 1,300円(税抜)

■焙煎度合い
ミディアムロースト

焙煎度合いについて、こちらで説明しています。

コーヒー豆のローストや焙煎度合い・焙煎方式ごとの味の違いを解説

 

■コーヒー豆の種類
エチオピア デボステーションで生産されたコーヒー豆

コーヒー豆の種類ごとの味の違いは、こちらで説明しています。

コーヒー豆の種類や味の違い|お気に入りの豆を探すたった1つのコツ

第5位:インドネシア LCFマンデリン フレンチロースト

 

インドネシア LCFマンデリンを5段階評価

第5位はインドネシア LCFマンデリン フレンチローストです。

こちらのコーヒー豆は、深煎りコーヒー特有の香ばしさ、ビターチョコレートのような甘い香りが印象的です。

一口飲むと、角のないマイルドな苦味が感じられ、ほのかな甘みとのバランスが上品に整った味わいが楽しめます。

また、マンデリンの特徴的などっしりとした濃厚なコクもあり、重量感のあるコーヒーが好きな人ならきっと気に入るのではないでしょうか。

 

▼実際に飲んだレビューはこちら

堀口珈琲のコーヒー豆LCFマンデリンを通販購入して飲んだ感想

 

堀口珈琲のインドネシア LCFマンデリンは公式ホームページで次のように紹介されています。

なによりご堪能いただきたいのは「ベルベットのような極上の質感」です。クリーンさを備えたマンデリン独特のキャラクターや芳醇なフレーバーはもちろん、こちらの上品で滑らかな舌触りをお楽しみください。堀口珈琲

■値段・容量
200g 1,400円(税抜)

■焙煎度合い
フレンチロースト

■コーヒー豆の種類
リントン・ニフタ及びパランギナンの指定農家で生産されたコーヒー豆

第4位:ブレンドコーヒー豆♯7 BITTERSWEET&FULL-BODIED フレンチロースト


ブレンドコーヒー♯7を5段階評価

第4位はブレンドコーヒー豆♯7 BITTERSWEET&FULL-BODIED フレンチローストです。

こちらは極深煎りに焙煎されているのですが、シアトル系コーヒーのようなスモーキーさやワイルドさを感じさせず、上品でクリーンな味わいと香りを演出しています。

苦味はかなり強いですが、これが非常にクリアな味わいですーっと舌の上で消えていくのです。後味がすっきりしていてキレの良い苦味、しつこさも一切なく飲みやすいとすら感じます。

 

▼実際に飲んだレビューはこちら

堀口珈琲のコーヒー豆「ブレンド#7フレンチロースト」味の感想

 

堀口珈琲のブレンドコーヒー豆♯7 BITTERSWEET&FULL-BODIEDは、公式ホームページで次のように紹介されています。

柔らかい苦みにほのかな甘み 堀口珈琲を象徴するブレンド
堀口珈琲では創業来、深く焙煎しても焦げることがなく、キャラクターが存分に感じられるようなコーヒー豆を探し続けてきました。♯7で使用しているコーヒーはその探求の結果であるといっても過言ではありません。

深煎りながら煙臭さや焦げ臭さとは無縁で、柔らかな苦みと複雑な甘みを備えています。 しかし、あくまでも余韻はクリーンで上品。異なるキャラクターのコーヒーを重ね合わせることで奥行きがありながら均整がとれた味わいに仕上がっています。

堀口ならではの魅力が詰まった♯7は、苦みが苦手と思っている方を含め、一度はお試しください。今までの既成概念を破壊し、あなたを新たなコーヒーライフへと導いてくれるブレンドです。

■値段・容量
200g 1,300円(税抜)

■焙煎度合い
フレンチロースト

■コーヒー豆の種類

  • コスタリカ アルバラードブラザーズ
  • ホンジュラス サンファニーヨ
  • コスタリカ 【コラソン・デ・ヘスス】シェリ・バタ

※配合内容は予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

第3位:ブレンドコーヒー豆♯1 BRIGHT&CITRUSY ハイロースト


ブレンドコーヒー豆♯1 BRIGHT&CITRUSY ハイローストを5段階評価

第3位はレンドコーヒー豆♯1 BRIGHT&CITRUSY ハイローストです。

こちらのコーヒー豆は、一口飲んだ瞬間クセのない甘酸っぱさが口に広がり、スーっと消えていく爽やかな酸がとても印象的です。

また、ブレンド#3のように酸味を包み込むような豊かな甘みが感じられ、この甘みが全体の味わいをマイルドにしています。

苦味は終始ほんのり感じる程度です。コーヒーの熱が冷めてくると、レモンティーのような味わいが楽しめる点もまた印象的でした。

 

▼実際に飲んだレビューはこちら

堀口珈琲のブレンド#1は評判通りおいしい?正直に述べてみた

堀口珈琲のブレンドコーヒー豆「♯1 BRIGHT&CITRUSY ハイロースト」は公式ホームページで次のように紹介されています。

レモンやライムの酸を程よく感じ、明るく爽やかで軽快な飲み心地
軽やかな飲み心地のブレンド。しかし、極端に酸味だけが感じられるのではなく、シャープな口当たりや甘さなど複合的な味わいを楽しめるコーヒーにしたい。このようなイメージを持って、ブレンド作りに取り掛かりました。

シティローストの少し手前のハイローストで仕上げた♯1は、苦味が少なく軽やかな味わいが感じられます。レモンやライムといった柑橘の果物の爽やかさに、鋭さのある触感も印象的。

「コーヒーは苦いものでしょ」と普段別の飲み物を選ばれている方にもお試しいただけるような、さらっとした飲み心地のコーヒーです。

■値段・容量
200g 1,300円(税抜)

■焙煎度合い
ハイロースト

■コーヒー豆の種類

  • エチオピア ナノ・チャラ
  • コスタリカ 【モンテス・デ・オロ】カリサルアリバ

※配合内容は予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

第2位:グァテマラ サンタカタリーナ


グァテマラ サンタカタリーナを5段階評価

第2位はグァテマラ サンタカタリーナです。しっかりとした苦味のなかにチェリーを思わせる甘酸っぱさが感じられ、フルーティーな味わいが飲んだ瞬間、口いっぱいに広がります。

コクもほどよく感じられ、重たすぎない口当たりは多くの人に愛されそうな味わいです。

 

▼実際に飲んだレビューはこちら

堀口珈琲は評判通り美味しい?グァテマラを通販購入してみた

 

堀口珈琲のグァテマラ サンタカタリーナは公式ホームページで次のように紹介されています。

柔らかい口当たりに、温州みかんを思わせる優しい酸と甘さ。程よいコクが心地よいコーヒーです。シティローストにすることで、酸・コク・甘みのバランスの良さがより際立って感じられます。控え目な風味で、ストレスなく身体に染みわたっていく本当に素晴らしいコーヒーです。堀口珈琲

■値段・容量
200g 1,400円(税抜)

■焙煎度合い
シティロースト

■コーヒー豆の種類
グァテマラ アンティグア サンタカタリーナ農園で生産されたコーヒー豆(シングルオリジン)

第1位:ブレンドコーヒー豆#3(MILD&HARMONIOUS)


ブレンドコーヒー#3を5段階評価

第1位はブレンドコーヒー豆#3(MILD&HARMONIOUS)です。こちらは酸味がやや強いのですが、どっしりとした甘みが味全体をマイルドにしています。

ナッツを思わせる風味とビターチョコレートのような余韻が長く続き、飲み手に上品さを感じさせます。

▼実際に飲んだレビューはこちら

堀口珈琲って評判どおり美味しい?ブレンドコーヒー豆#3を通販購入

 

堀口珈琲のブレンドコーヒー豆#3(MILD&HARMONIOUS)」は公式ホームページで次のように紹介されています。

酸とコクの絶妙なバランス 飽きのこない定番ブレンド
バランスの良いコーヒーとはその答えとなるコーヒーが♯3です。きれいな酸にマイルドなコクや甘みが主張しすぎることなくまとまり、いつ・どんなシーンにでも心地よく飲むことが出来る安心感のある味わいを意識して作っています。味の奥行きと重層感はまさに“ハーモニー”を奏でているようです。 使用するコーヒー豆は年間を通して少しずつ変化していきます。豆を変えながら♯3の味のイメージを崩さずに作るのは、簡単なようで難しい作業。ロースターはそれぞれの豆のキャラクターを見極めながらベストなバランスを見つけて♯3の味を作り上げています。

堀口珈琲では年間を通して様々な国や農園のコーヒーを販売するので、定番のコーヒーはつい後回しにしてしまいがちですが、迷ったときに買いたくなるのが♯3だと思います。

■値段・容量
200g 1,300円(税抜)

■焙煎度合い
シティロースト

■コーヒー豆の種類

  • コスタリカ ロス・クレストネスブレンド
  • エチオピア ナノ・チャラ
  • コロンビア ラ・チョレラ

※配合内容は予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

まとめ

さて、今回は「堀口珈琲のおすすめコーヒー豆ランキング|6種類の中から紹介」というテーマでした。

コーヒーの味わいにフルーティーな酸味を求める方はエチオピアや、ブレンドコーヒー♯1 BRIGHT&CITRUSY ハイローストなどがおすすめです。

深煎りコーヒーでほど良い甘みがあり、バランスの良い美味しさを求めるなら、グァテマラ サンタカタリーナがおすすめです。

グァテマラ サンタカタリーナは堀口珈琲の数あるコーヒー豆の中でも何年も多くのファンに愛され続けているロングセラー商品です。

深煎りコーヒーなのですが苦いだけでなく、チェリーのような甘酸っぱさも感じられて、味わいのバランスが上品に整っています。

最後にランキングをおさらいします。

堀口珈琲では、購入したコーヒー豆を美味しく楽しむための抽出動画も用意されています。

もし「ペーパードリップでコーヒーを淹れるのが初めて」と言う方は、こちらの動画も参考になるかと思います。

 

また、堀口珈琲で「いろんな味わいのコーヒーが飲んでみたい」という方には、送料無料で購入できる「コーヒーお試しセット6点」がおすすめです。

各コーヒー豆は容量50gと少ないのですが、その分、一度に多くの味わいを体験できるセットです。

堀口珈琲では常にかなり多くのコーヒー豆を取り扱っており、正直最初の購入で「どれを買ったらいいのかわからない」という方も多いかと思います。

また、「おいしいコーヒーを飲んでみたいけど自分好みの銘柄がどれなのか分からない」といった場合にも、このコーヒーお試しセット6点はオススメです。

コーヒーお試しセット6点を公式サイトでみる


通販コーヒー豆おすすめランキング
【1,000種類から厳選】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

実際に飲んだ1,000種類以上の中から、おすすめの通販コーヒー豆を紹介しています。

コスパの良いおすすめ珈琲豆、スーパー・市販と同等の安いコーヒー豆、専門店の高級コーヒー豆などをまとめました。

コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 


© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5