コーヒー豆のレビュー

スタバのコーヒー豆【エスプレッソロースト】飲んだ正直な感想を述べる

2019年12月25日

ジャコウネコの糞から採取したコーヒー豆や、40年以上寝かせたコーヒー豆など色々飲んでいるコーヒーブロガー山口です。(@yamaguchicoffee

さて、今回はスターバックスで売っているコーヒー豆「エスプレッソロースト」を飲んだので、味わいの感想を正直に述べます。

結論から言うと、ハンドピックをしっかり行い、飲み方を工夫すれば美味しく飲めるコーヒー豆です。

今回は、ハンドドリップにおける究極の抽出方法と言われる「ネルドリップ」と「コーヒーメーカー」による2つの淹れ方でレビューします。

スタバのコーヒー豆【エスプレッソロースト】

エスプレッソローストについて、スターバックスコーヒーは次のように説明している。

力強く、キャラメルのような甘みのある、スチームミルクと相性ぴったりのコーヒー

豊かなアロマとやわらかな酸味、濃厚でキャラメルのような甘みと深みを引き出す、長めにローストされたこのコーヒーは、スチームミルクと相性ぴったりです。

全てのエスプレッソドリンクのベースでありながら、ドリップコーヒーでもおいしくいただけます。

出典:スターバックスコーヒー

値段

250g ¥1,240(税抜)
※100gあたり546円

コーヒー豆の産地

  • インドネシア
  • コスタリカ

焙煎度合い

極深煎り(スターバックスダークロースト)

コーヒー豆の状態

コーヒー豆の状態だが、焦げた「割れ」「欠け」「虫食い」の豆が混入しているので、手作業ですべて取り除くのが望ましい。

※この作業をハンドピックと呼ぶ。欠点豆を取り除いて美味しく飲むようにする作業。

ミルクを入れて飲むならハンドピックしなくても良いが、ブラックコーヒーを飲むなら必ず行いたい下処理である。

味・香りを5段階でみる


ネルドリップ・コーヒーメーカーで抽出して味比べ

【抽出環境】

  • 使うコーヒー器具
    1. HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー(マルタ製4枚接ぎネルフィルター使用)
    2. ツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457B
    3.  ※東京の名店「カフェバッハ」監修。ハンドドリップと同じ味のコーヒーが作れる高性能マシン

  • 1杯あたりに使う豆:20g
  • 抽出するコーヒーの量:160ml
  • 抽出温度:83℃

ネルドリップ

粗挽きにしたスタバのコーヒー豆「エスプレッロースト」を、ネルドリッブで抽出する。

湯に触れた粉はあまり膨らまず、鮮度の低下が確認できる。

スタバのコーヒー豆は焙煎してから船便で1ヶ月ほどかけて日本国内へ運ばれるため、たとえ焙煎直後に輸送したとしても鮮度は落ちてしまう。

※日本で取り扱う全てのコーヒー豆を「スターバックスリザーブロースタリー東京」で焙煎している訳ではない

さっそく一口飲んでみると、スタバならではの「コーヒーの強い味わい」が感じられる。

酸味は一切なく、どっしりとした苦味とコク、僅かながら甘みもある。

僕は今までスタバのコーヒー豆をほぼ全て飲んできたが、エスプレッソローストは比較的飲みやすい部類に入る。

ネルドリップで抽出している影響もあるかもしれないが、思ったより苦味がマイルドで飲みやすい。

次は、ハンドドリップと同じ味のコーヒーが作れるツインバード CM-D457Bで抽出する。

ツインバード CM-D457Bで抽出

ツインバード「CM-D457B」でエスプレッソローストを抽出して飲むと、スタバのお店で飲む「ドリップコーヒー」よりも雑味が少なく、ややクリアな印象。

そのため、苦味のなかの僅かな甘みが感じられ、ナッツのような余韻も感じ取れる。

そして、ミルクや豆乳を加えて飲むと、まろやかな旨みが加わり、焦げた風味もなく非常に飲みやすい。

エスプレッソローストの強い味わいと、ミルクの濃厚なコクがお互いを引き立てあっている。

スタバでは、ミルク入りのエスプレッソビバレッジ「スターバックスラテ」や「カフェミスト」が人気だが、それも納得の味わい。

エスプレッソローストはブラックで飲むよりミルク入りのほうが断然飲みやすく、おすすめの飲み方だ。

まとめ

さて、今回はスタバのコーヒー豆「エスプレッソロースト」を飲んでみた。

味の感想としては、

  • ネルドリップ:まろやかな苦味、僅かな甘みが感じられる
  • コーヒーメーカー(ペーパードリップ):クリアな苦味と僅かな甘み、ナッツのような余韻が残る
  • ミルク追加(豆乳):コーヒーの強い味とミルクのコクがお互いを引き立てあう

個人的には、ミルクを入れて飲むのが最適な飲み方だと感じた。

ミルクを入れれば、焦げた風味も気にならないため、ハンドピックせずそのまま飲める。


  • この記事を書いた人

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)

日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士。1,000種以上の通販コーヒーを飲む。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。TV出演。

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5