コーヒー豆のレビュー

スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」の感想を正直にレビュー

2018年3月1日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」の感想を正直にレビュー

2018年3月1日

忖度なしのレビューサイト「山口的おいしいコーヒーブログ」です。

今回はスタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」の正直な感想をレビューします。

※記事中の値段は全て税込です。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
バリスタ / 焙煎士

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

TV出演、文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

ハウスブレンドの基本情報

コーヒー豆の基本情報

スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」の感想を正直にレビュー

ハウスブレンドは、ナッツやココアの味わいを表現した、創業当初から販売されている商品です。

味わいのバランスを重視したコーヒー豆で、ドーナツやパウンドケーキと相性が良いことで知られています。

スターバックスでは完全熱風式のマシンで生豆を焙煎しており、スモーキーながらも軽やかな味が特徴です。

 

値段、豆の量、焙煎度合い

スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」の感想を正直にレビュー

価格 1,320円/250g
100g単価 528円
送料 220円〜(5,000円以上の購入で無料)
豆の産地 ラテンアメリカ
品種 アラビカ種
精製 ウォッシュド
焙煎度合い 深煎り

「ハウスブレンド」は店舗、オンラインストアで購入できます。

鮮度はどちらで購入しても変わらず、焙煎後1ヶ月以上の豆を販売しています。

焙煎度合いは「スターバックスミディアムロースト」と記載されていますが、一般的なミディアムロースト(浅煎り)とは異なり、実際は中深煎り〜深煎りです。

豆の配合ですが、風味を維持するため生豆の生産地域の構成を変更する場合があります。

そのため、「ラテンアメリカ(中南米)」とざっくりした表記になっています。

 

店舗ではコーヒーを次の状態で購入できます。

  • 豆のまま
  • 粉:ペーパードリップ用
  • 粉:ネルドリップ用
  • 粉:エスプレッソ用
  • 粉:コーヒープレス用
  • 粉:マキネッタ用

豆、粉いずれも値段は変わりません。

オンラインストアでは豆・粉(中挽き/ドリップ用)いずれか2パターンでの購入となります。

 

レビュー

starbucks-houseblend2-600x450
starbucks-houseblend3-600x450
スクリーンショット 2022-09-17 13.04.07
starbucks-houseblend4-600x450
starbucks-houseblend5-600x450
starbucks-houseblend7-600x450
previous arrow
next arrow

抽出環境・条件

豆の量:16g
豆の挽き具合:中挽き
お湯の量:160cc
お湯の温度:85℃
蒸らし時間:30秒

袋からコーヒー豆を取り出すと、粉々に砕け散ったコーヒー豆や割れたり欠けたりの欠点豆が約60g多く見られます。

欠点豆は良豆よりも薄く、良豆と一緒に焙煎すると焦げます。

ブラックで飲む場合には焦げた風味が出るので、飲む前に取り除くと雑味が減ります。

コーヒーにミルクを入れて飲むなら、そこまで気にならないので取り除かなくても良いでしょう。

ペーパードリップすると、ナッツやキャラメルのような香りがほんのり感じられます。

実際に飲むと、苦味や甘み、酸味といった味の要素が均一のレベルでバランスが取れた味わい。

スターバックス一番人気のブレンドというのも頷けます。

カリタ3つ穴ドリッパーで抽出すると、嫌味のないすっきりした味になります。

HARIOよりも穴の数が多い分、お湯が落ちるスピードが早く、スッキリとした飲みやすいコーヒーになります。

フレンチプレスで抽出すると、ローストナッツやアーモンドの風味が強くなります。

ネルドリップすると、濃厚でまろやかな口当たりになり、マイルドな苦味になります。

 

総評

苦味と酸味のバランスが良く、アラビカ種の豆なので冷めても風味が落ちません。

ただし、サザコーヒーなど日本の自家焙煎店の同価格帯の商品と比べると苦味は強いですが、風味、香り、コク、甘味は劣ります。

独特の味の強さがあり、スモーキーなコーヒーが好きな人には受け入れられそうですが、好みは分かれるでしょう。

ラテでの提供を前提にローストしているため、ミルクとの相性は良いです。

アラビカ種の豆が100g 528円ならリーズナブルなので、ラテやカフェオレ用のコーヒー豆をお得に買いたい人におすすめです。

 

味が似ているコーヒー豆は?

スターバックス ハウスブレンド(豆)

KIRKLAND (カークランド) の「スターバックスロースト ハウスブレンド(100g 442円)」です。

どちらもアメリカで焙煎されていて味の方向性が似ているので、コスパ重視ならKIRKLANDがおすすめ。

100gあたり約100円も安く買えます。

また、市販品のハウスブレンド(100g 518円)も味はほとんど同じですが、値段が若干安いです。

焙煎元はシアトルズベストコーヒーを運営する「ハマヤ」という会社が行っています。

同じシアトル系の企業なので、味の方向性が似ています。

どちらもキリッとした苦味があり、ミルクと相性が良いです。

 

スタバのコーヒー豆14種類のレビューを全部まとめて紹介しています。

 

あわせて読みたい
【2022年】スタバのコーヒー豆おすすめランキング15選!年間365杯以上飲むマニアがレビュー

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「【2022年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは「縛り」があったりして、正直ぼったくりみたいな豆もありますが、ちゃんとお店を選べばかなりお得です。

まともな豆で初回限定50%OFF(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあるので、詳しくレビューしています。

ちょっとでも安くコーヒー豆を買いたい人におすすめの内容です。


-コーヒー豆のレビュー

© 2022 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5