コーヒー豆のレビュー

スタバのコーヒー「サンドライド エチオピア シダマ」の感想を正直にレビュー

2021年2月24日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

スタバのコーヒー「サンドライド エチオピア シダマ」の感想を正直にレビュー

2021年2月24日

忖度なしのレビューサイト「山口的おいしいコーヒーブログ」です。

今回はスタバのコーヒー「サンドライド エチオピア シダマ」の正直な感想をレビューします。

※記事中の値段は全て税込です。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
バリスタ / 焙煎士

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

TV出演、文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。

サンドライド エチオピア シダマの基本情報

コーヒー豆の特徴

スタバ新作コーヒー豆「サンドライド エチオピア シダマ」

季節限定で登場されるSEASONAL FAVORITESシリーズのシングルオリジン「サンドライド エチオピア シダマ」。

エチオピアのシダマ地方で栽培された豆だけを使った、日本限定で販売される商品です。

エチオピアのコーヒー豆は一般的に柑橘系フルーツや花に例えられる風味が多く、他の銘柄にはない華やかな香りが特徴です。

スターバックスではさらに、 ラベンダーやプラムのような風味とココアのような後味を感じられるように、やや浅めのシティロースト(中煎り)に焙煎しています。

 

サンドライドとは?

サンドライドとはコーヒーの精製法のこと。

コーヒー豆はもともと果肉がついた状態で、この状態を「コーヒーチェリー」と呼びます。

精製とは、果肉などコーヒーチェリーから必要ないものを取り除き、コーヒー生豆の状態にすることを指します。

スタバのコーヒー「サンドライド エチオピア シダマ」の感想を正直にレビュー

▲赤い果肉などを取り除いて「コーヒー生豆」の状態にすることを精製という

専用の乾燥台で天日干しにしてムラなく乾燥させるので「サンドライド(サンドライ)」といいます。

同じコーヒーでも精製法が異なれば味も変わりますが、サンドライドはフルーティーさや甘みが強くなるのが特徴です。

スタバでは「サンドライド」と呼びますが、一般的なお店では「ナチュラル」と呼ばれます。

呼び方は異なりますが、どちらも同じ精製方法を指しています。

精製の際、 水を使って発酵させてから果肉を除去する方法や、水を使わずに天日干しにして発酵・乾燥させた後に果肉を除去する方法などがあります。

スタバのコーヒー「サンドライド エチオピア シダマ」の感想を正直にレビュー

定番コーヒーとして販売されている「エチオピア」はウォッシュドという水を使った方法で精製されていて、よりクリアな味を目指したものです。

 

値段、豆の量、焙煎度合い

価格 1750円/250g
100g単価 700円
送料 220円〜(5,000円以上の購入で無料)
豆の産地 エチオピア シダマ地方
品種 アラビカ種
精製 ナチュラル(サンドライド)
焙煎度合い 深煎り(スターバックスミディアムロースト)

サンドライド エチオピア シダマは、100gから10g単位での「量り売り」にも対応しているので、少量だけお試し購入することも可能です。

また、エチオピアが「本日のコーヒー(日替わりのドリップコーヒー)」に指定されている場合は、無料で試飲させてもらうことも可能です。

コーヒーは店舗、オンラインストアどちらでも購入できます。

鮮度はどちらで購入しても変わらず、焙煎後1ヶ月以上の豆を提供しています。

焙煎度合いは「スターバックスダークロースト」で、一般的なフルシティ〜フレンチローストに相当する深煎りです。

 

店舗ではコーヒーを次の状態で購入できます。

  • 豆のまま
  • 粉:ペーパードリップ用
  • 粉:ネルドリップ用
  • 粉:エスプレッソ用
  • 粉:コーヒープレス用
  • 粉:マキネッタ用

使うコーヒー器具に合わせて13段階から挽き具合を決めてくれます。

お気に入りの挽き具合があれば自分で指定することも可能です。

豆、粉いずれも値段は変わりません。

なお、オンラインストアでは豆での購入となり、粉の状態では販売されていません。

 

テイスティング評

スタバのコーヒー「サンドライド エチオピア シダマ」の感想を正直にレビュー

スタバのコーヒー「サンドライド エチオピア シダマ」の感想を正直にレビュー

実際に飲むと、大根おろしのような苦味と、ほのかな甘味という面白いフレーバーに仕上がっています。

日本限定で販売されているだけあって、和素材の味が楽しめるのが印象的です。

スターバックスリザーブで販売されている「サンドライド エチオピア イエガチョフ チェレレクツ」と比較すると酸味が少なくて飲みやすいです。

しかし、エチオピアらしさはリザーブの銘柄に軍配が上がります。

通年販売されているエチオピアよりも、もっと個性が強いコーヒーを求める人におすすめです。

 

味が似ているコーヒー豆は?

スタバのコーヒー「サンドライド エチオピア シダマ」の感想を正直にレビュー

味は似ていませんが、華やかさを求めるなら「サイレンブレンド(100g576円)」がおすすめです。

同じアフリカ産の豆で柑橘系のフレーバーを持つ「ケニア」と、 全世界の中でも特に品質が高いコスタリカ産の豆を使ったブレンドです。

※コスタリカで作られる50%の豆が高価な「スペシャルティコーヒー」として取引されています。

このコーヒー豆は女性への敬意を示したという珍しいコンセプトの商品で、女性らしい華やかさが印象的でした。

ほかの豆のレビューはこちらをご覧ください。

 

あわせて読みたい
【2022年】スタバのコーヒー豆おすすめランキング15選!年間365杯以上飲むマニアがレビュー

 

より華やかで安価なエチオピアコーヒーを求めるなら、ポストコーヒーがおすすめです。

エチオピアやケニアなど、フルーティーなコーヒーが初回限定100g370円で購入できます。

詳しくは次のレビューをご覧ください。

 

あわせて読みたい
ポストコーヒーとは?特徴とサブスクを試した感想を正直にレビュー

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「【2022年版】通販で買える美味しいコーヒー豆ランキング77選!おすすめ種類から選び方まで紹介」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは「縛り」があったりして、正直ぼったくりみたいな豆もありますが、ちゃんとお店を選べばかなりお得です。

まともな豆で初回限定50%OFF(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあるので、詳しくレビューしています。

ちょっとでも安くコーヒー豆を買いたい人におすすめの内容です。


-コーヒー豆のレビュー

© 2022 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5