コーヒー豆のレビュー

スタバのコーヒー豆スマトラはおすすめできる?4つの抽出器具で味を検証

2018年3月17日

コーヒーブロガー山口です。
@yamaguchicoffee

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行う僕がスターバックスのコーヒー豆「スマトラ」はおすすめか?

飲んだ感想を正直に述べます。

※スマトラをスタバ店舗で飲んだ際のレビューはこちら

スタバのコーヒー豆「スマトラ」

スタバのコーヒー豆「スマトラ」は公式ホームページで次のように紹介されています。

深みのあるしっかりとしたコクとなめらかな口あたり、ハーブや大地を思わせる風味が特徴。

忘れがたい印象を残してくれるコーヒーです。

出典:スターバックスコーヒー

価格

1,140円(税抜)
※100gあたりの価格は456円

コーヒー豆の容量

250g

コーヒー豆の生産地

インドネシア

スマトラの風味を5段階でみる


コーヒー豆の状態

スマトラのパッケージを開封してみると、芳ばしいナッツのような香りが感じられます。

スターバックスのコーヒー豆は熱風式による焙煎が行われているため焙煎ムラは少なく、焼き色は比較的きれいに均一に揃っています。

ただし、割れたり欠けたり、虫食いなどの欠点豆も目立つので、あらかじめハンドピック(手作業で欠点豆を取り除くこと)で欠点豆を取り除くと雑味が少なくなり、ちょっと飲みやすくなります。

先日、スターバックスで1番人気のコーヒー豆「ハウスブレンド」を開封した時は、全体の4分の1が欠点豆で驚きましたが、今回購入したスマトラはハウスブレンドほど多くの欠点豆は見られませんでした。
関連:スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」を飲んだ感想を正直に述べる

スタバのコーヒー豆「スマトラ」を4つのコーヒー器具で飲みくらべ


▲右から

  • HARIO(ハリオ)V60ドリッパー
  • HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー
  • bodum(ボダム)製フレンチプレス
  • Kalita(カリタ)3つ穴ドリッパー
  • 写真中央

  • 森彦(Morihico)4枚接ぎネルフィルター

今回は、まずペーパードリップの定番であるハリオV60で抽出して飲んでみて、ほかのコーヒー器具でも飲んでみます。

抽出条件

焙煎度合い:
スターバックスロースト(中深煎り)
豆の挽き具合:
やや細挽き(カリタニューカットミル:ダイヤル2にセット)
豆と湯の量:
16g 160cc
お湯の温度:
85℃
その他コーヒー器具:
タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

僕が愛用しているタカヒロ製のコーヒードリップポット雫 0.9Lは、お湯の注ぎ口が極細に作られていて、湯量のコントロールが誰でも簡単に行えるので、いつもおいしいコーヒーを楽しめるのが特徴。

日本でも人気のブルーボトルコーヒーで使われているのも、こちらのタカヒロ製のコーヒードリップポットです。

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

カリタニューカットミルを使って、やや細挽きにしたスターバックスのスマトラに、タカヒロ製ドリップポット雫で静かにお湯を、ゆっくり落としていきます。

ドリップ時にコーヒー粉はあまり膨らまず、鮮度の低下を示している点はちょっと残念です。

さっそく一口飲んでみると、スターバックス特有の強いビターな味わいが感じられ、酸味はほとんど感じられません。

甘みやコク深さは控えめで、苦味を前面に主張したコーヒー豆です。

スタバ店舗で飲む、いつものドリップコーヒーそのものという印象で、人によっては逆に安心感を覚えるかも知れません。

次はカリタ3つ穴ドリッパーで、旨味を引き出しつつ少しあっさり目に抽出してみます。

カリタ3つ穴ドリッパーで抽出

スターバックスのスマトラを、カリタ3つ穴ドリッパーで抽出すると狙いどおり、あっさりした口当たりで飲みやすくなり、後味もすっきりとキレが良くなりました。

クッキーなどのペイストリー、ケーキなどのデザートやスイーツと合わせたくなるような、すっきりとした味わいです。

逆にミルクを入れるなら味が強く抽出できるハリオV60ドリッパーで飲むのがおすすめです。

次はフレンチプレスで抽出してみます。

フレンチプレスは良くも悪くも豆本来の風味を最大限味わえる飲み方なので、スマトラの隠れた豆の個性を引き出せるかもしれません。

フレンチプレスで抽出

スターバックスのスマトラをフレンチプレスで抽出すると、芳ばしいナッツ感あふれる味わいと香りが堪能できる一杯になりました。

感動するような美味しさではありませんが、ちょっと野性味が感じられるアーシーな風味もあって、豆本来の個性を感じます。

またペーパードリップで抽出を行うよりも酸味が少し前に出てくるため、味のバラエティが豊かに感じられます。

スタバの店舗でもフレンチプレスでの抽出に対応しているので、注文時に「スマトラをコーヒープレスでください」とオーダーすれば対応してくれます。

最後にネルドリップ抽出を行ってみます。

使用するネルフィルターは札幌のネルドリップ専門店「森彦」の4枚接ぎネルフィルターで、ハリオのネルフィルターよりもコクと旨味が抽出されるのが特徴です。

ネルドリップ抽出

スターバックスのスマトラをネルドリップ抽出すると、予想どおりコクと甘みがこれまでで一番強く感じられる味わいに変化しました。

ほどよい苦みと酸味、ほのかな甘みと少しコクが感じられ、バランスの良い味わいが感じられます。

もしネルドリップでコーヒーが飲める環境があるなら、もっともおすすめの飲み方です。

まとめ

さて、今回は「スタバのコーヒー豆スマトラはおすすめできる?4つの抽出器具で味を検証」という内容で書きました。

鮮度がよろしくない点や、欠点豆が入っている点はちょっと残念なポイントですが、4つの飲み方の中では、ネルドリップがもっとも甘みやコクが感じられました。

また、フレンチプレスで抽出したスマトラも苦味と酸味のバランスがよくて日本人好みのテイストだと感じました。


© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5